ウォーキングとジョキング

本日は、猛烈な筋肉痛です。
これほどのものは、本当に久しぶりです。

原因は、昨日から始めた昼食後のジョキング。

昨日から兆候があったのですが、本日は、カチコチです。
太ももとふくらはぎ、どちらかといえば、太ももです。
階段下りる時…痛いです!

バレーもやっているし、加圧トレーニングもやっているし、ウォーキングだって、多いときには、一日10kmも歩きます。

それなのに、ジョキングでの筋肉の使いようは、次元が違うのでしょうか?

ジョキングの場合、ランニングと違い、最大心拍数を110~120といわれています。

これは、エクササイズウォーキングとほぼ同じです。

事実、このジョキングコース3.1kmを、ウォーキングした場合、約35分。
同じコースをジョキングで約30分弱ですから、少しだけジョキングが早いのですが、程よいペースだと思います。

ほど良いペース…?!

確かに、呼吸は取り立てて苦しくはありません。

しかし、足が…。

この3.1kmのコースは、アップダウンに富んでいます。

シューズは、勿論、ナイキフリー7.0。
お気に入りです。

ウォーキングとジョキングが、これほど違うとは思いませんでした。
使う筋肉の部位、強度…全然違うと感じました。

とても、毎日は無理のようです。
休みを入れて、少しずつ積み重ねなければ、いけないようです。

本日の昼食:ごはん90g、納豆、かれえのから揚げ、だて巻2切れ、おから、味噌汁(インスタント)。
昼食前【135】⇒ジョキング30分/2時間後血糖【160】

大成功です。
二日連続で、昼食後2時間を180以下に抑えました。

しかしながら、この筋肉痛はいけません。

さてさて、また新たな課題ができました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月06日 15:04
 こんにちわ。ブログ名「血糖値が下がらない」です。私のブログへのコメント有難うございます。私は朝食後に時間が取れるときはできるだけ歩いているのですが、運動だけでは、血糖値は上手にコントロールは出来ないようです。このことは以前から気がついていたのですすが、戦中生まれで、戦後はまともなものを食べていないので、食べ物には卑しく、どうしても誘惑に負けてしまいます。その結果昨年より、薬を飲む羽目になりました。ちなみに午前中に歩く距離は7kmくらいです。今日は地域の新年会のためウオーキングが出来ず、明日の血糖値が心配です。
ヘルニア戦士 aki
2008年01月06日 15:24
明けましておめでとうございます。

かなり遅くなりましたが、
今お世話になった方々の
新年のあいさつ回りしてます。

今年もよろしくお願いします。
sho
2008年01月07日 09:01
道草さん、コメントありがとうございます。

午前中に7kmですか…。
スゴイですね。
≪運動だけではコントロールできない≫
そのようですね。ウォーキングやジョキングで、間違いなく血糖値を下げる事はできますが、その値は、時々で違います。
私も、まだ薬から脱却できません。

食べ物の誘惑は多いですが、お互いに頑張りましょう。

また、道草さんのブログ、リンクさせていただきます。これからも、宜しくお願い致します。
sho
2008年01月07日 09:06
akiさん、明けましておめでとうございます。

ヘルニアの状態はいかがですか?

私は、このところ左手指の「痺れ」を意識しないくらい回復してきました。油断はできませんが、今は、まあまあの状態です。何故、症状が緩和してきたのか、分かりませんが、この調子でいって貰いたいと思います。

今年も、宜しくお願いします!

この記事へのトラックバック