シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 「熱い」夏になりそうです…

<<   作成日時 : 2013/06/30 17:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

かつて、糖尿病に関する「運動療法」の確たる情報(書籍)はありませんでした。

そのことが、【糖尿病に効く「かんたん体操」】を著すきっかけとなりました。

お陰様で、その後、いろいろな雑誌でも取り上げて頂き、運動の重要性についての認識を少し、広めることに貢献できたのではないかと考えています。

そして、こちらも発売となり、「かんたん体操」を紹介させていただきました。



ムック本ですので、前回の特集から、より、踏み込んだ内容になっています。

糖質制限食についても、詳しく、書かれていますので、是非、読んでみてください。

さらに、別の出版社から、糖尿病と運動についての書籍を、新たに著すことも決まりました。

こちらは、12月の発売を目指して、これから企画の詳細を詰めていきます。

「かんたん体操」も、バージョンアップしていきます。

糖尿病の運動療法セミナーも、暫く、行っていませんでしたので、こちらも、再開するつもりです。

「熱い」夏になりそうです(笑)







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
マキノ出版より本が送られてきました。昔、アンケートに協力させいただきその際の記事がそのまま今回の本にも掲載されたからです。それにしても多様な治療方法がありますねえ。私は糖質制限をしているのでそんなに興味がわきませんでしたが、炭水化物を摂取したい方には参考になるかもしれません。とにかく、糖質制限は実践が大変なんです。始めて3年が経過しましたが、みんながえらいもんだと褒めてくれます。それほど、炭水化物の魅力が大きいと言えます。周りにも糖尿病の方がゴロゴロいますが
いっかな糖質制限をする人はいませんねえ。そう言う意味では糖質制限療法に疑義を呈する医師の気持ちは分かります。できっこないと。インターネットなんかを見ている人は意識の高い人なんですね。市井のおっちゃんおばちゃんが果たして糖質制限ができるか。悩ましいですねえ。長年の食生活を劇的に変えるわけですから、革命みたいなものです。私は、周りをみていて糖質制限療法が爆発的に普及するとは思えないのです。
生駒山
2013/07/01 16:59
生駒山さん、いつもお世話様です。

炭水化物の魅力は、「魔物」なんでしょうね。

太古の昔…、炭水化物の摂取は、至難の業でしたからね。

だからこそ、摂取した「糖質」は、筋と体脂肪、肝臓に残さず貯えるのだと思います。

日本人は、とかく、「分かってる」現実に目を背けがちです。

糖質をとれば血糖値が上がるという現実を見たくないのでしょう。

その意味では、「記録」することが重要だと思います。

「記録」することで、自己抑制がかかります。

とはいうものの、酒飲みは、結構、糖質制限いけます。

なんせ、飲酒(蒸留酒)OKで、おつまみ食べ放題ですから(笑)

sho
2013/07/01 20:21
おっしゃるとおりで、酒飲みで痩せている人が多いのも頷けます。糖質制限になっているのですね。今日の会社の朝礼で12キロ痩せた男がその秘訣を話してくれました。食べる順番なんですね。野菜、汁物、タンパク質そして最後に炭水化物と。こういうやり方は、血糖値の急上昇を防ぎ、炭水化物の摂取量が減るという効能があります。最後にご飯を二百cも食べるのはしんどいですからね。工夫ですね。どうしても炭水化物を食べたい人は、こういうやり方もされたらと思うのですがね。
生駒山
2013/07/02 09:09
ジメジメの毎日で食事の準備も苦痛の毎日です
簡単にできる麺類が多くなってきました。

炭水化物抜き食生活が、返って糖尿病を悪化させる!!  という本があったり情報が氾濫していますね。
DM教育入院でも、主食が半端ない量であったり・・・
取捨選択で今後の病状も左右されますよね。 

糖質制限は心がけていますが、日本人は炭水化物の魔力に弱いですね…
日本人と言うか、私がですがね…

A1cは7%台で横ばいですが、肝臓に問題あり
肝機能をはじめ各数値の異常値が続きます。

数値に一喜一憂せず、忍び寄る心身機能の低下を払拭できる様に、ふんどし締めなおします。


  
ももちゃん
2013/07/02 22:35
生駒山さん、こんにちは。

糖尿病でない方では、先に食物繊維の多い野菜などを食べる方法もあると思います。

糖尿人は、順番に関係なく、摂った糖質に応じて、血糖値が上がってしまいますからね。

困ったものです。

エネルギー生成の仕組みから言えば、糖質をコントロールしていく方法が、ダイエットでも有効ですよ。

12s痩せて、体組成がどうなのか…それが問題です。
sho
2013/07/03 12:31
ももちゃんさん、こんにちは。

年齢による衰えは、間違いなく、押し寄せてきますよね(笑)

しかし、前向きな気持ちで運動に取り組んでいくことで、若々しさを保つことも可能です。

メンタルも大きいですよね…。

アンチ糖質制限の本、取り寄せました。

また、読後感想をアップしようと思います。

お互いに、頑張りましょう!
sho
2013/07/03 12:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
「熱い」夏になりそうです… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる