シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS ストレッチのチカラ

<<   作成日時 : 2012/06/09 13:49   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

先日、「日本ストレッチング協会」のパトナーストレッチングの講習を受けてきました。

講習の後、筆記試験と実技の認定試験があります。

昨日、無事に認定書が届きました。

画像


ストレッチの有用性は、現場で実証済みですが、やはり、基本に立ち返り、裏付けをとることも必要です。

今回の講習は、大変に勉強になりました。

sho’sメソッドによるストレッチは、高齢者に特化したもので、PSRTと名付けています。

画像


画像


利用者さんから、後ろから見ると「靴磨きみたいだね」といわれます(笑)。

今回の講習の結果も踏まえて、メソッドを進化させていきたいと思います。

現在、私と、トレーナーのMさん、研修済みの介護職員2名、合わせて4名が実施できます。

今回のパートナーストレッチングの講習は、スタティック(静的)ストレッチでしたが、PSRTの「肝」は、実は、筋出力にあります。

パトナーストレッチ&レジスタンストレーニングの略で、PSRTです。

レジスタンスは、「抵抗・負荷」という意味ですが、PSRTは座位で行い、パートナーが徒手で抵抗を加えます。

下肢パターンと、上肢パターンがあります。

下肢パターンが基本ですが、最初に、股関節、膝関節、足関節のダイナミックストレッチを行います。

このダイナミックストレッチは、関節可動域の確認とリスク管理、関節液分泌と血流を促す目的があります。

まず、膝関節の屈曲・伸展、足関節の背屈・底屈、回旋、股関節の屈曲・回旋を、ゆっくりと各20回ほど行います。

次に、レジスタンストレーニングです。

まず、トレーナーの肩に片足を乗せてもらい、けりだし(レッグプレス)を左右行ってもらいます。

これで、トレーナーが被験者の脚力を身を持って感じ、判断することができます。

虚弱高齢者の場合、5回で十分に最大筋力の発揮まで誘導することができます。

更に、徒手抵抗で、レッグカール、レッグエクステンション、アブダクション、アダクションなどのエクササイズで、筋出力を促していきます。

通常は、下肢に徒手抵抗では、下肢筋力が圧倒的に勝ってしまうのですが、虚弱高齢者の場合、十分に負荷を加えることができるのです。

その後、丹念にスタティックストレッチしていきます。

筋出力によって筋は緩みやすくなっていますので、さらに効果的です。

これで、約30分のメソッドになります。

徒手抵抗のメリットは、トレーナーが負荷を調節したり、被験者の筋力を把握することができることにあります。

さらに、被験者がトレーナーの徒手抵抗を感じる(初動負荷を意識的にかけていきます)ことから運動をスタートすることができますので、感覚神経から脳への求心性神経経路と、脳から筋への遠心性神経経路の、双方を促通・活性化することができます。

PNFストレッチの要素を、PNFトレーニングに進化させました。

個人差はありますが、PSRTだけで、筋肥大した方もいます。

この方は、介護3から介護2に下がり、すたすたと歩けるようになりました。

今では、か細い脚から、立派な脚になりました(笑)。

ストレッチには、癒しという側面もありますが、我々の場合、目的はADLの改善です。

あくまでも、機能改善のトレーニングなのだと考えています。

「ストレッチをやりましょう」というと、ほとんどの方が応じていただけます。

また、車椅子から立ち上がれない方にも、実施が可能です。

昨日も、ある方が見学に見えました。

「あっちこっちのデイサービスに行きましたが、機能訓練といったって、体操しましたとか、5歩歩きました程度のレベルなんです、しっかりとした機能訓練をやっていただきたいんです」と、91歳の方の娘さんが仰います。

そこで、早速、娘さんに説明しながら、PSRTを体験していただきました。

この方、即決で来週からご利用になります(笑)。

昨日だけで、新規のご利用が3件きまり、すべて、機能訓練を強く希望されています。

PSRTを、私どもだけでなく、多くの施設の介護職員に習得してもらえば、どれだけの高齢者のADLを改善できるかと思います。

今のところ、機能訓練が我々独自の強みですが、競合施設がPSRTを習得、実践したとしても、サービス業は、所詮、人間力です。

「負けない」デイサービスでありたいですね(笑)。

それがきっと、我々の社会貢献だと思います。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
機能訓練指導員って どんなことするの〜?
その計画と評価はどんなふうに?なんて霧の中をさ迷って、迷い込んだ者です。高齢者施設勤務ですが、PSRTなら安心してできそう!おもいっきり興味津々です(^ー^)
あっちゃん
2012/08/27 00:58
あっちゃんさん、コメントありがとうございます。

お近くなら、一度、見学にお見えになるといいのですが…。

直接、メールでご連絡いただいても構いません。

PSRTの普及…、これもまた、私のテーマです。
sho
2012/08/27 06:36
見学したいですよ〜♪
浜松市ですが ご縁 ありそうですか?
あっちゃん
2012/08/30 09:51
あっちゃんさん、こんばんは。

浜松からですと、泊りになりますかね(笑)。

現場は、千葉県松戸市です。

勿論、それでもお見えになりたいのであれば、大歓迎しますよ!

その気になれば、一日で、何とか研修可能かと思います。

土日は、個別機能訓練は行っていません。

平日で、こちらに来られるのであれば、段取りします。

お友達を誘って、プチ旅行の感覚でいかがですか(笑)?

sho
2012/08/30 20:45
ほんとに ご縁があったら… ですね
あっちゃん
2012/08/30 22:02
あっちゃんさん、踏み出すのはご自分の一歩です。

いつでも、大歓迎でお待ちしています。
sho
2012/08/30 22:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ストレッチのチカラ シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる