シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 認知症の自覚症状?!

<<   作成日時 : 2012/03/25 08:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

このところ、花粉症で目がかゆく、おまけに瞼がただれて腫れがひどい状態です。

仕事の合間を見て、職場近くの眼科で点眼薬と瞼の塗り薬を貰ってきました。

点眼薬は、ステロイド系です。

目のかゆみは、今月に入ってからずっとなのですが、瞼の腫れにまで発展したのは、ここ数日のことです。

最悪のピーク時の朝は、血糖値が205!でした。

今月は、朝の血糖値、150〜160と高めに推移しています。

今年は花粉が少ないと聞いていましたが…どうやら飛散の量と症状の軽重は関係ないようですね…。

おまけに、先日買ってきたタニタの体重計…、うまく機能しません。

最近のものは、こんなに軽量コンパクトなんだと、感心して、思わず衝動買いしてしまったものです(笑)。

問い合わせや、クレーム?にしたいのですが、時間が無く、放ってあります。

さて、私自身も、認知機能の衰えを実感している今日この頃ですが、もしかすると、認知症も、自覚症状があるのかも知れないと感じる出来事がありました。

認知機能の衰えは、加齢に伴い、誰にでもある「現象」ですが、認知症は、認知機能障害とは一線を画する疾病です。

その境界線は…、極めてグレーなのですが、私どもで実施している、認知予防教室での出来事です。

参加者の方は、皆さん、認知機能が衰えてきたという実感をもって、申し込まれています。

しかし、その中に一名…強く認知症が疑われる方がいます。

他の皆さんとは、明らかに一線を画しているのです。

会を重ねるうちに、その方の発言も増えてきました。

質問がありますと…、その方は切り出しました。

「頭の中が…、なにか…こう…もやもやとするんです」と。

実は、私の父も、同じことを言っていました。

父は、アルツハイマー症の疑いがあり、アルツハイマー型認知症の可能性を指摘されていました。

当時、まだ60代でした。

会社から、どのように帰宅したのか覚えていない、何度も通っている病院も、「ここ初めてだね」と、エピソード記憶は、極めて希薄だったのです。

その後、認知機能は著しく低下していましたが、認知症とまでは言い切れない小康状態のまま、癌で亡くなりました。

アルツハイマー型認知症の方がたどる、一般的な病状の変化は現れず、介護の苦労も無かったのです。

場合によっては、このような「頭のもやもや」感や、頭の中に霞がかかったような感じが、自覚症状なのかもしれないと思います。

その方も、「どうしていいのかわからない」といいますが、その葛藤は負のスパイラルを生みます。

私どもでは、クロスマットステップ(オリジナルのネーミングです)といって、2色のマットを交互に組み、その上を指導者と同じステップを踏む運動で、エピソード記憶と、体を脳の記憶に従って正しく動かす運動能力のトレーニングを行っています。

問題のこの方以外の皆さんは、中レベルの課題までは、何回か指導者のスッテップを観察することで正解にたどり着きます。

残念ながら、この方は、最も簡単なレベルであっても、一度も正解にたどり着けないでいます。

このままでは、自信を失い、負のスパイラルに陥りなねないと思い、この方は、一部、別メニューにすることにしました。

体も固く、脳の指令と運動動作もちぐはぐです。

そこで、多くの団体が、認知予防教室で取り入れている有酸素運動をメインにすることにしました。

リカンベントバイクを20分程、漕いでいただきました。

すると、意外なことを仰います。

「なんかこう…頭がしびれるようなきがして…スッキリしたように思う」と。

通常、心肺機能のトレーニングマシンであるはずのバイクですが、単純な運動動作を反復することで、神経ニューロンの促通になるんですね!

脳から神経ニューロンを経て骨格筋に作用する経路が、逆に、運動器から神経ニューロンを経て、脳の血流を促すのだと思います。

単純な運動動作の反復により、脳は、この特定の運動に関して、内部プログラムを作成して運動を効率化しようと働くんです。

脳卒中の後遺症の方の場合も、このような仕組みを活用したリハビリプログラムを組みます。

この方には、「兎に角、運動しましょう!ここに来たらバイク。お宅では、毎日、ウォーキングしましょう!運動は脳の血流も促しますよ!」と。

「ありがとうございます。今まで、どうしていいのか分からなかったけど…とにかく、やるべきことが見つかりました」と、明るい表情です。

好循環が作れると良いと思います。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
認知症の自覚症状?! シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる