シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 二つの新しい機器

<<   作成日時 : 2012/01/03 08:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

昨年末に、二つの新しい機器を導入しました。

一つは、血糖測定器。

こちらです。

画像


アクチェック・パフォーマー・ナノ

友人のみうパパさんが運営するサイトから入手しました。
http://esmbg.cart.fc2.com/?ca=16

デザインは、大変気に入っています。

血液量も、プレジションエクシードに比べると、少なくて済みます。

画像


右が、プレジションエクシードです。

機器を変えるたびに思うのは、測定値の差です。

今回も、変更に当たって、差を比較してみました。

【157】プレジション
【170】ナノ

【147】プレジション
【140】ナノ

【91】プレジション
【113】ナノ

【136】プレジション
【139】ナノ

【123】プレジション
【133】ナノ

【143】プレジション
【139】ナノ

【148】プレジション
【149】ナノ

【99】プレジション
【118】ナノ

すべて、同一血液での測定です。

ナノが、やや高めに出るようです。

SMBGの本来の目的は、糖質量に応じて血糖値がどれ位上がるのか、あるいは、運動量に応じてどれ位下がるのかを把握することです。

その意味では、機器ごとの差異については、目をつぶることですね(笑)。

精神衛生上は、低いに越したことはありませんが、この程度であれば、許容の範囲です。

むしろ、使い易さやコストを優先した方が良いと思います。

さらに、ナノの穿刺器は独特のタッチです。

従来の「パチン」とくるタッチではなく、「グッ」と、押し込む感じ。

痛みは少ないと感じています。

2012は、ナノでの測定となります。

さて、もう一つの新しい機器は、こちらです。

画像


リカンベントバイクです。

職場で導入していただきました。

特に、介護予防運動教室では、皆さんに使っていただこうと思います。

また、すべての方が適応ではありませんが、デイサービスのリハびりでも、暫時、使っていきます。

今のところ、予防の特定高齢者の方では、皆さん、15分程度の50%強度の運動が可能です。

一方、デイの利用者さんでは、50%強度まで心拍数を上げられない傾向があります。

運動時間は、2〜3分から…ですね。

やはり、特定高齢者と介護認定者では、年齢に関わらず、体力レベルには差があります。

ちなみに、目標心拍数は、カルボーネン法で算出しています。

このマシンの導入で、効果的に有酸素運動ができますので、今年は、利用者さんの心肺機能向上も念頭に入れて、運動メニューを組み立て行こうと思います。

職場の機器も、ますます、充実してきました。

画像


これで、レッグカールのマシンと、ローイング又はラットプルダウンのマシンがあれば完璧なんですけどね(笑)。

2012年は、1月4日が仕事始めとなります。

今年も、頑張ります!










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうございます。今日は、初出勤です。正月三が日は親父宅で過ごしました。久しぶりに弟夫婦とも合流し、楽しい正月でした。今年は、運動と心をテーマにしてみようと思っております。食事に関しては、糖質制限が定着しましたので、運動の質と心について掘り下げてみようと思っています。宮本さんもがんばってください。
生駒山
2012/01/04 11:24
あけましておめでとうございます。

プレシジョンエクシードは20%近く低く出るようです。簡易血糖測定器は全血から血漿血糖値に補正する精度が問題ですね。

ヘモグロビンA1cから平均血糖値が割り出せるので、そちらとも比較されたほうがいいかもしれませんね。
みうパパ
2012/01/04 13:53
shoさん明けましておめでとうございます(*^□^*)
ナノ格好いですね!(そこに飛び付いちゃいました(笑)
新しい器具も揃って、機能訓練の幅が広がり、利用者様も選択の幅が広がる1年になりそうな予感です!
そして、ここからが『マンパワー』の見せ所ですね(o>ω<o)
私の今年の目標は、医療を提供する側にいる職員へのアプローチ。健康診断でアウト気味な職員が多数いましたので(;^_^A
質の高い医療提供には、まず提供側の健康管理が必要と思い、運動と食の職員向け研修会を開いていこうと思います!
お互い頑張りましょう♪
蝶々
2012/01/04 20:56
生駒山さん、あけましておめでとうございます。

今年も、宜しくお願い致します。

≪運動と心≫…良いテーマですね!

≪心≫というと、欧米で言う「メンタルタフネス」と、少し違うところにあるように思います。

是非、掘り下げてください。

私も、今年もまた…頑張ります!
sho
2012/01/05 06:23
みうパパさん、あけましておめでとうございます。

今年も、宜しくお願い致します。

≪ヘモグロビンA1cから平均血糖値が割り出せるので、そちらとも比較されたほうがいいかもしれませんね≫…やってみましょう。

機器ごとの差異については、あまり気にしていません。

継続していくことで、違和感はすぐになくなります。

現在、ナノに切り替えましたが、「こんなもんだろうな」と…(笑)。
sho
2012/01/05 06:28
蝶々さん、あけましておめでとうございます。

今年も、宜しくお願い致します。

ナノのデザイン…良いと思いますよ(笑)!

手に取った時の「触感」も、良いです。

ところで、≪医療を提供する側にいる職員へのアプローチ≫…とても良い試みだと思います。

運動と食についての講習で、パワポのプレゼン資料が必要であれば、ご協力します。

今年も、お互いに仕事、トレーニングと(笑)…頑張りましょうね!
sho
2012/01/05 06:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
二つの新しい機器 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる