シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS NESTA パーソナルトレーナーズ サマーセッション2011

<<   作成日時 : 2011/08/30 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

先週末は、NESTAの「パーソナルトレーナーズ サマーセッション」でした。

土曜日曜、二日間で、延べ52セッションという、日本最大のイベントでした。

私は、土曜のみ参加し、3つのセッションを受講してきました。

どれも、大変に勉強になりました。

早速、顧客にフィードバックしたいと思っています。

やはり、インプットすることが必要ですよね。

夜の「コミュニケーション・パーティー」にも、参加してきました。

ここでは、NESTAの代表を含め、理事の面々と、久しぶりにお会いすることができ、またまた、元気を頂きました。

その前の空き時間には、ある製薬会社の季刊誌の打ち合わせと、時間を有効に活用することができました。

この季刊誌では、糖尿病の運動療法についての記事を書く予定です。

最も、編集社がコンペに勝ち抜いたらの話ですが…(笑)。

高田馬場って、何か、縁があるのかなぁ…。

久しぶりに、ビックボックスをウロウロしました(笑)。

それにしても、セッション、パーティーを通じて、「介護」分野に対する関心の高さを実感しました。

ある意味、フィットネス先進国である、アメリカとは別の発展があるのかも知れませんね。

パーソナルトレーナーという概念は、アメリカでは常識ですが、日本に登場してからは、まだ10年足らずです。

これから普及するのかと思いきや…、それを通り越して、日本では、「介護」に行ってしまいそうな気がしています。

正確には「介護」というよりも、「機能訓練」です。

それだけ、日本の高齢化が半端ではなく進んでいるということでしょう。

日本独自のカテゴリー…、これって、あるかも知れません。

介護保険制度や、健康保険制度について、いろいろと意見はありますが、現状はそれに則ってやるしかありません。

そうそう…、さらに空いた30分で見つけた本…。



これは、今年のMVPになるかも知れない予感がします。

まだ、前書きしか読んでいませんが、じっくり、読みたいと思います。

感想などは、後程…。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
 私も日本のフィットネス業界はこれからますます高齢者をターゲットにして行くだろうし、それこそが成功するビジネスモデルだと思います。
 ・・・ただし、それはもはやトレーニングと呼ぶに値するものではなく、「とにかく少しでも動く」「ゼロよりまし」といった感じの活動になるのではないかと懸念しています。
 だって、そういう万人受けするラクな運動でないと、高齢者に続けてもらえませんもの。

 実は私が指導を受けていた加圧のトレーナーさんが、フィットネスクラブのパーソナルトレーナーをお辞めになって個人ジムを開設されました。最後に「長いこと続けてくれて、ありがとう」と言われました。ちょっと驚いて、「みんな短期間で止めちゃうんですか?なんで?ダイエット目的で目標体重に到達したから?」と訊いたら、多くの人が「きついから」と止めていくのだとか。  (続きます)
えいりあん
2011/08/30 22:50
 確かにそのトレーナーさんのセッションはきついと感じる人が多かったろうと思います。30分の加圧トレだけでなく、その後30分のベーシック筋トレがありました。(加圧のみとプラス30分のトレとで数百円しか料金が違わない設定で、60分コースに誘導しようという意図がありありでした。)
 お客さんを増やしたいなら、緩めの加圧トレだけにしておけばいいのに。実際、よそのおしゃれな加圧専門ジムから移ってきた人は、きつさに驚いていました。でも、それがそのトレーナーさんの考えるトレーニングのあるべき姿だったのです。過負荷の原理&漸進性の原則。

 で、個人ジム。
 もちろん加圧だけでなく、充実したフリーウエイトに、いいマシン。かなりの初期投資です。「これだけあれば、鍛えられるから♪」とトレーナーさん。
 やりたい、行きたい、・・・のですが、私は行けません。(母のいる有料老人ホームから2ブロックというロケーションの今のフィットネスクラブ以外に通う時間は作れません。)
 でも、果たしてそれだけ鍛えたい人が集まるのでしょうか? 運動したくて入会した人ばかりのフィットネスクラブの会員ですら、きついと言って続かないレベルのトレーニングを。
 高齢化が進む戸建住宅街を背後に控える立地。
 若い人は少ないし、お金持っていないし。
 はっきり言って、金と暇を持っているおばちゃん&お婆ちゃんをターゲットにした方が儲かると思えてなりません。(カーヴス路線ですね。)

 50にして人生を賭けるトレーナーさんの新しいビジネスにそんな不安を覚えながら、会員になるという形で応援して差し上げることもできない私は、ただ御祝いだけを言って帰ってきました・・・。
えいりあん
2011/08/30 23:09
えいりあんさん、おはようございます。

とっても、示唆に富んだコメントです。

独立した加圧トレナーさんの気持ちは痛いほど分かります。

しかし、経営として考えれば、道は決して平坦ではないとも思います。

運動したい人を集めるのも大変ですが、運動したくない人を運動に誘導することも、同じくらい難しいかなぁ(笑)。

仮に、≪「とにかく少しでも動く」「ゼロよりまし」といった感じの活動≫であっても、導入はそれで十分だし、運動の効果は、虚弱な高齢者ほど、顕著に表れます。

運動への動機付けと、継続は、最重要の課題ですね。

我々も、勉強と研鑽を重ねていかなければならないと、思いを新たにしました。
sho
2011/08/31 06:51
9月9日27時05分〜「その数字、解放せよ」
にドクター牧田が出演されるそうです。
菜の花
2011/09/08 11:43
菜の花さん、こんばんは。

27時05分…。

一体何時なんだろうと、指を折ってしまいました(笑)。

最近のドクター牧田は、まさに、売れっ子ですね。

録画するには、今日の番組表見なければなならないということですよね!?
sho
2011/09/08 20:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
NESTA パーソナルトレーナーズ サマーセッション2011 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる