シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS いずれ気づくこと…「貯筋」

<<   作成日時 : 2011/07/31 21:08   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

透析を行っている、ある利用者さんがいます。

この方から、「立ち上がりや歩行訓練をしたい」という要望がありました。

最近とみに衰えを感じるだけでなく、ある事件があったことがきっかけです。

この方の場合、ただちに運動を開始する訳にはいきません。

そこで、主治医に、機能訓練トレーニング同意書を作成、提出し、サインしていただきました。

同意を得ることができましたので、早速、トレーニングを開始します。

ある日、この方は、ベットからずり落ちてしまい、その状態から体勢を立て直せなくなってしまったのです。

幸い、電話が手に届く範囲にあったので、ヘルパーさんに連絡し、ヘルパーさんに来てもらって、こと無きを得ました。

この事がきっかけで、機能訓練を主体的にやろうと考えたのだと思います。

もともと、この方は、運動嫌いな方です。

この方は一人暮らしでしたが、一方、家族と同居しながらも、問題はあります。

ご本人だけでなく、家族の体力の問題です。

おむつに小便をすることに、大きな抵抗におある94歳の男性がいます。

そこで、ベットから体をずらして、「おまる」めがけてやろうしたのですが、その体勢からずるずるとベットから滑り落ち、どうにもならなくなってしまったのです。

94歳のこの方の介助者である娘さんの年齢も、推して知るべしですよね。

奥様も健在ですが…、90歳です!

どうにもなりません。

そこで、家族がとったのが、119番!

家族は、介護と救急を勘違い…、あるいは、混同しています。

家族の期待は、救急隊員にベットに移乗してもらうこと、しかし、救急隊員は、そのままストレッチャーに乗せて、病院に搬送しました。

そうですよね…、救急隊員は介護者ではありません。

結果…、病院からは「こんなことで救急車を呼ぶな」と言われ、ご本人は、このことをきっかけに、著しく日常動作レベルを落としています。

ご本人のみならず、介護者であるご家族の体力にも一考を要しますね。

一方、例え90歳を超えても、かくしゃくとして自立している方も多くいらっしゃいます。

運動が好き…という方は、むしろ少数派なんです。

どんなに運動嫌いな方であっても、後期高齢者までサバイバルを果たした方の多くが、主体的に運動しなければと、考えを改めます。

例え運動が嫌いであっても、「貯筋」は、必ず後半の人生にプラスをもたらします。

一人でも多くの方が、今から、「貯筋」に励んでいただきたいと思います。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今日も親父の家に午前中訪問しておりました。
ヘルパーさんを派遣してもらっている組織の
ケアマネージャーとの打ち合わせのためです。
88歳ともなると大変ですね。
今日も親父は補聴器は何とかならないのかと
申しておりました。しかし、雑音をカットする
ような便利な補聴器はありません。
補聴器の内部に人工脳でも埋め込まなくては
無理でしょう。シーメンスの高価な補聴器でも
ご不満のようです。加齢するとつらいことが増えますねえ。衰えるのは足だけではないのです。
生駒山
2011/08/01 13:09
生駒山さん、こんばんは。

「担当者会議」だったんですね。

仰る通り、衰えは体と心全体に渡ります。

一番辛いのは、勿論、ご本人だと思いますが、ご家族にしても、どうしようもないという面映ゆさがあり、辛いですよね。

出来るだけ自立し、家族などに迷惑をかけない…、それだけで、価値があると思います。

それでは、そのためにはうしたら良いか…?

色々とあると思いますが、最もシンプルな戦略が「貯筋」なんですよね…。
sho
2011/08/01 22:40
はじめまして。いつも楽しく勉強させていただいてマス!
今日は、一つ教えていただきたいことがあって、思い切ってコメしました。
よろしくお願いいたします。

疲労物質の蓄積が筋肉痛の原因とばかり信じてきましたが、違うということをこちらで拝見しました。
ちゃんと、遅筋のエネになるのだと。

で、質問というは、
主人と先日、温泉に行った時に、とても急で長い階段を下り、また上ってという場面がありました。
私は普段から、こまめに動き、スイミングやウィーキングもしています。
体重も学生のころから変わりません。

主人は、超メタボでいつも脂質異常や体重でひっかかり、ようやくダイエットにも耳を傾けてくれ始めました。
(主人、90kg、身長170cm 50歳)
(私は、45Kg、身長156cm 44歳)

主人、休日には家でゴロゴロしていて特に運動もしていません。
駅まで平日20分ほど歩く程度。

それなのに、私のみひどい筋肉痛で、主人は全く痛くないと言います。

この違いはどこから来るものなのでしょうか(笑)

お時間のある時に、ご意見、お願いいたします。
ともつま
2011/08/06 04:50
ともまつさん、おはようございます。

コメントありがとうございます!

筋肉痛のこと…、少し長くなると思いますので、後程、本文にアップ致します。

少しお待ちください。

それにしても…あ〜あ温泉行きたい(笑)!!!

sho
2011/08/06 07:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
いずれ気づくこと…「貯筋」 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる