シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 介護されたくないのなら、血清アルブミンに注意を!

<<   作成日時 : 2011/06/09 21:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

毎週、火曜木曜は、「介護予防事業」が入っています。

今月は、両日ともに1名ずつ。

ということで…まさしく、「パーソナル・トレーニング」になっています。

午前は「デイ」の機能訓練、午後は介護予防と、全力投球の結果、帰宅後は、一杯やって風呂入って寝て、ハイ、朝(笑)という状態です。

いっぱいいっぱいです…。

でも、遣り甲斐がありますね…。

バランス系のエクササイズは、皆さんに好評です。

筋強化だけでなく、バランスも大切ですからね。

一に転倒防止。

二に、バランスを崩した際の立て直し。

三に、転んでしまった際に、骨折など重症化を避ける。

この三つです。

転倒防止には、筋力だけでなくバランス感覚も必要となります。

バランスマットやバランスシートを用いたエクササイズは、運動に関心の薄い方々も、関心を持っていただけます。

何か、ゲーム(遊び)感覚なんでしょうね。

もっともっと、「パーソナル」にやりたいのですが、実質、午前中(10:00〜11:45)だけで、およそ10名の方を私一人で診ています。

限界を超えてます(笑)。

片麻痺の方は、パーソナルになりますので、時間の使い方が勝負ですね。

火曜木曜、午後からの介護予防事業では、基本情報の一つに「血清アルブミン」というものがあります。

これは、内科的には、栄養状態を測るものなのですが、介護予防という側面では、それ以上の意味があるんです。

血清アルブミンは、筋量と正比例するのです。

医学的には、3.8以上あればよいとされるのですが、科学的なデータによれば、4.3未満は、将来の要介護リスクが高まるのだそうです。

今回の「介護予防」利用者さんは、4.3と4.5と…、何とかクリアしています。

しかし、お二方共に、10分以上の連続歩行に難があり、ここを克服したいという思いがあります。

とても難しいミッションですが、全精力を尽くして、結果を出したいと思います。

お一方は、私なりの懸念がありましたので、受診を勧め、想定通り、下肢動脈硬化が判明しました。

も一つおまけに、高血圧も…。

もう一方は、神経障害です

足裏の感覚が麻痺しています。

こちらの方が難儀かなぁ…。

それでも、お二方共にエクササイズが「楽しい」といっていただいています。

これから半年…、この二つの「チーム」を、成功に導いていくことが、私の責務です。

勿論、デイサービスの、機能訓練という重責も、同時に果たさなければなりません。

デイサービスの利用者さま、すべてがそうではありませんが、機能訓練という「サービス」を目当てにお出でいただける方もいらっしゃいます。

毎日が勉強で、それ以外の「時間」がありませんが…、私の人生も…時間的な限界が見えてきています。

今やれる、今やらなければない、今やりたいこと…に特化する人生…、これもいいかなと。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
金曜日に健康診断がありました。会社で決めて恒例の行事です。昨年の空腹時血糖値が172。
今年は、91でした。それと、腹回りが7センチも小さくなってました。脂肪肝もなくなってました。糖質制限と運動の効果ですね。私の場合は、食後2時間経過すると血糖値は90台に落ち着くようです。糖質制限をしている限り健常人並みになったのかもしれません。
介護の問題は私にとっても切実です。親父が89歳なんですが、だんだんと足が衰えています。本人も自覚しており家で歩行をしているようですが、それ以外は座り放し。気力も落ちてくるのでしょうねえ。外にも連れて行くようにしているのですが、本人がその気にならなくて。
いやいや大変です。
生駒山
2011/06/14 08:10
血清アルブミンってなんですか?
AGEでわたしたちがよく検査される「尿中アルブミン」じゃなく、「血中アルブミン」のことでしょうか〜?

shoさんとてもハードな毎日なんですね。
体に気をつけて、休めるときは休んでくださいね!
カッパ
2011/06/14 13:47
生駒山さん、こんばんは。

「好循環」になっていますね!

空腹時血糖が二桁は素晴らしいと思います。

真似できません(笑)。

お父さまですが…、まずは足腰です。

自力歩行をできるだけ継続できるように…お願い致します。

介護認定を受けて、リハビリを確りできるデイサービスを受けるのも手だと思います。

sho
2011/06/14 20:14
カッパさん、こんばんは。

血清アルブミンは、血液検査によって得られる数値で、「何がしかの病気」の指針ではありません。

内科的には、栄養状態を計る指針なんですよね。

ということで、通常は滅多に測りません。

体の、タンパク質の状態を表す指針…、即ち、筋量の目安(正比例します)なんです。

介護予防事業の認定を受ける際に、この数値をチェックします。

ハードな毎日といえば…今日も一日…全力投球してきました(笑)。

チャレンジングな毎日です(笑)。

sho
2011/06/14 20:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
介護されたくないのなら、血清アルブミンに注意を! シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる