シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 機能性低血糖症の方の運動…

<<   作成日時 : 2011/03/10 09:11   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

昨日は、ビックボックスで仕事でした。

機能性低血糖症の方と、お話しすることができました。

確定診断を得られたことは良かったと思います。

これは、75gブドウ糖負荷試験を行った結果なのですが、機能性低血糖症の場合は、5時間の経過をみますから、大変ですよね。

ジムで、色々な方に相談したけれど、「誰も知らない」ということでした。

食事の面では、タンパク質をはじめとして、ビタミンやミネラルもバランスよく摂る必要があると思います。

問題は、血糖管理なんですよね。

この場合、糖質との関係は明白です。

砂糖は厳禁ということですが、糖質という点では、単糖類も多糖類も、五十歩百歩です。

低血糖のピーク時間が変わってくるだけで、インスリンの分泌には変わりはありません。

仮に、砂糖は避けても、たっぷりとご飯を食べれば、結果は同じでしょう。

問題は、糖尿病と共通のものだと思います。

炭水化物(糖質)中心の食生活は、血糖値の乱高下を招きます。

乱高下の結果、様々な症状を生じてしまいます。

我々は、乱高下というよりも、常時、高血糖ですが…(汗)。

機能性低血糖症では、身体的な症状だけでなく、メンタル的にもしんどいようです。

血糖値の平衡を保つには、糖質管理が必要になってきますよね。

この点も、ドクターからはっきりと伝えるべきだと思います。

この方は、糖質管理を自覚していますので良いのですが、問題は、運動です。

ドクターからは「とにかくウォーキング」と、決まり文句しかいただけないそうで…(笑)。

しかし、「本当に、それでいいの?」と…。

運動すると、これまた、血糖値が下がるようで、「自覚」があるようです。

そこで、どうしたらよいか…?

その問いに、誰も答えられないはずですよね(笑)。

仮にドクターだって、自分で運動して、血糖値を測って、経験した人でなければ、答えられないと思います。

そこでも、糖質管理が必要です。

一気に補給しないことを、お勧めしました。

3gとか5gとかの糖質で様子を見ることだと思います。

糖尿病であれ、機能性低血糖症であれ、筋に蓄えられるグリコーゲンがある限り、補給が必要です。

肝臓は糖を作り出すことができますが、筋グリコーゲンは、やはり、補給する必要があります。

高血糖や低血糖を作り出さずに、どう補給するか、これがテーマです。

確かに、糖質を摂らなければ血糖値は安定しますが、運動を疎かにして、将来の健康はあり得ません。

脂質代謝だけを注目する考え方は、危ういと思います。

我々の筋は、加齢とともに萎縮する運命を持っています。

そのスピードを緩めるには、筋に負荷をかける…、即ち、レジスタンス運動が必要です。

運動して筋グリコ―ゲンを消費するということは、筋に適正な負荷をかけたということです。

貯蔵スペースに空きをつくって、そこに効果的に糖を取り込めば、余剰分を脂肪に回さずに済みます。

このような、筋グリコーゲンの好循環を作り出すことこそ、健康への道なんです。

ウォーキングだけでなく、両者を組み合わせることなんですよね。

耐糖能に異常のない方であれば、実に簡単で快適に行うことができるんですけどね(笑)。

機能性低血糖症の方も、SMBGは必要ですね。

ご自分の「パターン」を作り出すためにも…!







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
花粉マスク放射能マスク
放射能(放射線)にはマスクが効果的!放射能は口から体内に入るのが怖い。 ...続きを見る
花粉マスク放射能マスク
2011/03/29 13:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
血管の動脈硬化の一因は、皮膚のコラーゲン部分の糖化(メイラード反応)があげられています。これが原因で硬化していくと。
また、歯周病の原因の歯垢も糖がからんでいます。特に歯周病については、糖質制限になってから私は付かなくなりました。人間の体はあんまり高血糖になることを予想されていないようです。従って、食事によってコントロールするしかないように思いますねえ。特に40歳を過ぎたら糖質をコントロールすべきと思います。
正直、こんなに効果があるのなら糖質制限をもっと早くしておいたらもう少し歯も残っていたと思います。なんせ、高血糖になるとインプラントも外れるのですから。今は、歯医者に行ってません。インプラントにつぎ込んだお金は半端ではありません。車の一台くらい買えます。
いかに、血糖値を安定させるか。これは、食事でしかコントロールできないと思います。
生駒山
2011/03/10 16:54
生駒山さん、おはようございます。

糖化…これこそ「AGE」です。

酸化だけなく、糖化も問題なんですよね。

酸化といえば、我々はすぐに問題意識を持つことができますが、糖化は、新たな概念です。

何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということですね。
sho
2011/03/11 07:49
大変なことになってきましたねえ。とんでもない規模の地震です。被災された皆様、お見舞い申し上げます。私ら関西人は大変な経験をしました。今回、被災された方。これからいろいろとあるでしょうけど、心を折ることなくがんばってください。
生駒山
2011/03/11 22:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
機能性低血糖症の方の運動… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる