シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 唯一無二のものは無い!

<<   作成日時 : 2011/03/28 21:58   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

トレーニングに唯一無二のものはありません。

これって、人生も一緒ですよね。

人生も唯一無二のものではないと思います。

例えば、トレーニング。

これさえあれば。
これでなければ。

そんなものはありません。

すべてのトレーニングは、あらゆる可能性を肯定しながら、トライし、漸進していくものです。

常に、成長していくんです。

さて、人生。

これさえあれば。
これでなければ。

そんなものも、無いように思います。

人生も、あらゆる可能性を否定せず、トライしていくものではないでしょうjか…。

人生では、確かに、これさえあれば、あるいは、こうでなければという思いはありますが、極端な話し、それさえも、「諸行無常」です。

これでいいと思った途端、退化が始まるのが、自然の摂理です。

トレーニングも人生も、同じですね…。

本日、ダブルワークの一つである、カーオークション会場での構内作業の仕事を退職しました。

同時に、新たな職場である、デイサービスの施設に、明日から勤務します。

午後から、打ち合わせを行ってきました。

生活指導員と、運動機能改善トレーナーを兼務します。

ジム契約のパーソナルトレーナーは、継続しますので、今後は、こちらとのダブルワークになります。

これで、やっと、トレーナー専業で…と、言いたいところですが、限りなく、介護とクロスオーバーしそうです(笑)。

トレーナーなどと、かっこつけてますが、送迎も含めて、オールラウンドな仕事になりそうです。

兎も角、人は、「目線」の方向に進むのだなと、思いました。

今の状況は、望んでいたことに違いありません。

こうして、「別れ」があれば、同時に、「出会い」が訪れます。

今日、見てきた「現場」は「戦場」なのかも知れないと思いました。

おそらく、フィットネスクラブのクライアントと、幾つも違わない方なのだと思います。

その差は愕然とするほど、あまりにも、大きい…。

格差…これは、私たちの未来の姿です。

このようにフィトネスクラブと介護施設という、ある意味、両極端な「現場」に踏み込むことになりました。

それだけに、これからが正念場です。

まずは、一人でも多くの方の、運動機能の改善に貢献したいと思います。

また、生活指導員として、デイサービスの需要者の方に貢献していきたいと思います。

仮に、何か問題が生じても、「これでなければいけない」訳ではありません。

あらゆる可能性を信じて、トライし続けることが重要だと思っています。

そして、今年も、一冊、出版が目標です(笑)。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
監督こんにちわぁ!!今、病院の予約がとれました。一番早くて2週間後でした。 病院の予約は2週間後ですが、私の『糖尿LIFE』はすでに始まっているので“健康かあさん”になれるように少しずつ頑張っていこうと思います!! それとぉ… 皆にカミングアウトをした次の日にキャプテンから『ayaとはこれからずっと付き合っていくから、ayaの病気と一緒にね!』ってメールがきました。私はとても幸せ者です。皆の為、家族の為にも絶対“健康かあさん”にならないと…
aya
2011/03/29 10:27
こんばんは、aya。

nakaからも、心配メールが来たよ(笑)。

でも、AGEクリニックの予約が取れて、良かったですね。

私も、今月、地震の影響で定期通院できなかったので、予約取り直しです。

後で、予約日をDMで教えてください。

私も、時間が合えば、そのタイミングで予約を入れます。

本当に、ayaがすぐに相談してくれて良かった。

また、ご主人と一緒に、レクチャーを受けてくれて、ありがとう。

“健康かあさん”…いいねぇ!

これで行きましょう!

大丈夫です!

sho
2011/03/29 20:09
今日発売の週刊文春を読むと情けなくなりなすねえ。視察した菅総理に同行した原子力安全委員会の委員長が水素爆発なんて起こらないって言うわけです。8時間後に起こりますがね。
安全委員会のトップに大丈夫と言われたら誰でも判断を間違いますねえ。
アメリカでは、福島原発はチェルノブイリのような封鎖をすべきと考えているようです。そのための特殊部隊がありますから。問題は、使用済燃料をどうするかですね。実は、元々この問題についてきちんと詰めていないのですね。トイレのないマンションという表現がされていましたが、日本の原子力行政の現状です。
金融行政が変化したように、原子力行政も変わることになるでしょう。
生駒山
2011/03/31 09:03
生駒山さん、こんばんは。

フランスからは、担当者だけでなく大統領が来日しました。

そして、菅さんは、5月のサミットで今回の事故を世界に発表するといっています。

菅さんは、5月には収束できる目途があって、言ってるんですかね…。

私は、他人事のように聞こえます。

原子力政策は、何も現政権のものではありませんが、危機管理という点では、大震災や原発以上のリスクが、「トップの資質」にあると思います。
sho
2011/03/31 20:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
唯一無二のものは無い! シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる