シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発…予断を許しません!

<<   作成日時 : 2011/03/18 09:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

昨日は、鷺ノ宮のジムから、青山に移動し、NESTAの継続講習がありましたので、21時過ぎまで東京にいました。

その間、緊急地震速報もあり、鉄道も混乱していましたが、何とか、22時には北柏にたどり着きました。

帰宅時間帯の混乱を除き、電車は驚くほど空いていました。

また、JRの駅構内の売店などは、軒並み閉まっています。

駅の照明や電車の照明、暖房なども消え、重苦しい雰囲気です。

NESTAの講習では、講師の先生はじめ、3名の理事にお会いすることができました。

講習の様子は、下記です。
http://ameblo.jp/sawakigym/page-2.html#main

そのうちのお一人、木内理事から、原発関連の情報を頂いてきました。

木内理事は、栄養学の専門家でもあります。

原発ですが、かなり厳しい状況です。

3号機は、ウランではなく、毒性の強いプルトニュウムだそうです…。

外国の評価では、すでにレベル6以上、チェルノブイリのレベル7を超えると考えるむきもあるようです。

チェルノブイリの汚染は、半径500qに及んでいますので、首都圏も決して油断はできません。

外資系の外国人役員は、次々と日本を退去し、女房や娘の勤める保育所に通う、中国人の子供たちも、皆、本国に帰国しているということです。

不安をかきたてるつもりはありませんが、今すぐにでもできることから、私たち自身を守ることも、セルフ・コントロールだと思います。

木内理事から、対放射線の食事対応について伺ってきたことを、以下に書き記します。

これは、チェーンメール情報ではなく、栄養学の専門家から、直接、伺った話です。

甲状腺機能に異常のない方は、毎日、海藻類を食べてください。

甲状腺のヨードを飽和状態にしておくと、毒性のある放射線のヨウ素は入り込まないのです。

ヨードは、魚介類にも多く含まれています。

また、ヨードのデトックスとして、納豆が良いそうです。

納豆は、残念ながら店頭から姿を消していますが、出来れば、納豆を毎日食べましょう。

さらに、放射線を体外に排出するのに最適なものは、タウリンだそうです。

タウリンは、牡蠣やイカ、タコなどに含まれています。

ヨードはサプリで摂ると、逆にリスクも生じますが、タウリンは、場合によってはサプリが有効だということです。

原発情報も、しっかりと注視していかなければなりません。

海藻類やタウリンは、我々も摂取可能な食材です。

だからといって、買占めには走らないでください。

だし昆布などを、短冊状にカットしておいて、一日数枚、ガム替わりに口に含みながら食べると良いと思います。

1パックあれば、相当期間、食べられます。

また、ワカメの味噌汁や、とろろ昆布の汁も良いですね。

そして、何より、こうゆう時だからこそ、健康な体と心を保つことです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
原発・・・本当にどうなってしまうか毎日不安でなりません。
でも自分でも出来ることはあるんですね。
海藻とタウリン。
タウリンのサプリってあるんですか?
納豆は今日やっと1パック(3個入り)をゲット出来ました^^
こんにちは!
2011/03/19 14:30
すみません。
またまたやってしまいました。
1個前のコメントは私です^^;
せっちゃん
2011/03/19 14:30
せっちゃん、こんばんは。

そうです…、やれることはあります。

ヨードもタウリンも、魚貝類に豊富に含まれています。

当分の間、夜のタンパク質は、肉よりも魚の摂取を増やした方が良いかもしれませんね。

タウリンは、硫黄を含むアミノ酸で、硫化アミノ酸といわれるものです。

筋や内臓に必要なもので、余剰分は排せつされますので心配はいりません。

今、どのサプリが良いか調べています。

昆布は、だし昆布を短冊状にカットして、一日2〜3枚、口に含んで柔らかくして食べています。

昆布は、食物繊維が豊富ですから、整腸作用もありますよ。

今しばらく、原発から目が離せませんね。
sho
2011/03/19 22:46
大変な不安な気持ちだと思います。しかし、冷静な判断は必要です。チェルノブイリは核爆発を起こしたわけです。それと福島原発とは状況は違います。今、三号機に注水が続いており、なんとかプールは満水になるのではと思います。その次は、電源が回復して冷却装置が動きだすかでしょうね。
私の勤務先の社長も技術役員も電気の専門家で原発についてもよく知ってます。かえって淡々と話すのでびびりますけどね。少々の放射能の汚染はしかだかない。しかし、チェルノブイリまでは行かないとの見立てです。
最初からそう言ってました。それから、本当の専門家は東芝や日立の技術陣だとも言ってました。東電の連中ではだめだとも。
その通りでした。その東芝や日立の技術陣が必死てがんばってます。私は、なんとかこれ以上の悪化は防げると思っています。
生駒山
2011/03/19 23:41
鎌田實という諏訪中央病院の名誉院長がおられます。この方はチェルノブイリをよく研究されている方です。この先生のブログを毎日読んできました。最新版の一端を下記に転載します。

1号機から4号機の建屋の損傷具合だけみると、チェルノブイリ原発事故の状況にとても似ているが、実際に起きていることはまったく違う。
防衛省も、東京消防庁も、なかなかたいしたものである。

祈るような気持ちで、「軌跡に期待したい」と書いてきたが、軌跡のはじまりがはじまっているのかもしれない。
しかし、あせってはいけない。
1号機から4号機に電源をつないだとしても、給水ポンプや冷却ポンプを動かすための部品交換などであと一週間くらいは時間がかかるだろう。
現場で作業している自衛官や警察官、東電社員、協力会社のスタッフたちの安全には、十分注意しながらすすめてもらいたい。

事態はかなり厳しい。
そう思っていたが、土俵際でしっかりと踏ん張りだした。
なんとかここを乗り越えたいものである。

生駒山
2011/03/19 23:55
生駒山さん、おはようございます。

仰る通りです。

冷静に対応したいと思います。

使用済み燃料の一時保管プールは兎も角、原子炉本体はどうなんでしょうか?

当初、原子炉本体の圧力が上がり、どこからか漏れ出した水素が、建屋内で水蒸気爆発を起こしたといわれています。

果たして、核反応は止まっているのでしょうか?

残された問題は、「余熱」の冷却であり、これ以上、温度が上がることはないのでしょうか?

疑問を上げれば、きりがありません…。

「発表」は、事象をトレースするだけで、論理的でないと思います。

私は、今のところ、新聞の記事に信頼を置いています。

新聞は、論理的に原子炉の状況を解説しています。

本当の問題は、原子炉本体だと思います。

だとすると、外からの注水は、一時凌ぎに思えます。

命をかけて、現場で作業する人々に、敬意を表するとともに、電源が回復して、炉の冷却装置がすべて正常に稼働することを、切に祈っています。
sho
2011/03/20 07:28
原子炉の方が安全なんです。臨界にならなければね。つまり核爆発。そういう設計になってます。それよりも、外が危ない。つまり使用済み燃料のプール。これはプロの見解なんですね。うちの社長は最初からそう言ってました。そして、そういう展開になってます。
一番危ないのは3号機、4号機ではないでしょうか。もちろんそれ以外も危ないですが、緊急対応は3,4。そして、そういう展開になってます。放水車がなんとか稼働しだしたので最悪の危機は回避したと思うのですがね。
もっとも、少々の放射線漏れは発生するでしょう。この問題については、現場で奮闘している人々にお願いするしかないのです。
がんばってください。
生駒山
2011/03/20 13:56
生駒山さん、こんばんは。

原子炉は大丈夫なんですかね?!

原子炉は、制御されているんですか…?!

最悪の事態は回避されたといえますか?!

情報がありません…。
sho
2011/03/20 19:21
ヨウ素のことについて丁寧な解説があったので紹介します。

http://d.hatena.ne.jp/appleflower/
まや
2011/03/21 09:01
まやさん、おはようございます。

情報、ありがとうございます。

このところ、新聞やテレビでも「ヨウ素」についての情報量が多くなってきました。

今のところ、日ごろから、海藻類を摂取する方向がベストだと思います。

原発が、今後、どうなっていくのか…、いまだに予断を許しません。

尚、注視していきたいと思います。
sho
2011/03/22 07:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発…予断を許しません! シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる