シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移

<<   作成日時 : 2011/02/15 21:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

今日は、2月の定期通院の日でした。

薬の処方になるのか、それとも?微妙なところでしたが、本日の担当のT先生は、薬の「く」の字もありませんでした(笑)。

しかし、A1cは、【7.1%】と、先月から+0.1です!

最悪ですよね…。

ところが、このところ、早朝の血糖値は、平衡を取り戻しています。

1月25日以降、4日間の特異日をの除いて、概ね、140未満に納まっています。

110台のこともあります。

また、午後からの血糖降下は順調です。

そこで、私としては、楽観的に考えています。

さらに、先月の精密検査の結果では、インスリン分泌も5.5と、一応、基準値に収まっています。

2.1からの改善です。

早朝の血糖値をはじめとした、私の報告を総合的に判断して、「薬は、今のところ必要ない」という判断だと思います。

本当に、一律ではないんですよね!

反面、これだけドクターから信頼されているということで、プレッシャーもあります(笑)。

「A1cへの反映は、来月以降でしょうね」…ということです。

反映されなかったら…どうすんだい(笑)。

「季節的な変動がある方は多いのですが、shoさんの場合は掴めませんね」

「だいたい、3〜4か月高原期が続いて、2〜3か月の
低い時期がある感じなんですよ」と…。

とりあえず、何とか6%台に戻したいと思います。

それにしても、納得がいくまで、ドクターと話ができるということは、満足度を高めてくれます。

それこそ、AGEクリニックの良さなんですよ。

話しは変わりますが、今日は、時間が無くて「銀座」を楽しむことはできませんでした。

私の生活経済感とは、桁が違う銀座ですが、ここは好きな街です。

最近は、「断舎離」です(笑)。

本当に、何も要らないと思います。

何よりも「健康」です…。

「断捨離」の精神の根幹は、主役はモノではなく自分だということだと思います。

「自分が、今、必要としているのか否か」ということです。

確かに、モノには価値があります。

しかし、それを今、私が必要としていなければ、例え価値があっても、実は、紙屑同様なのです。

その点、銀座で買えるもはありませんが、この雰囲気を、私は確かに楽しんでいます。

何なんでしょう…。

ものじゃないんです。

コージーコーナーでの、たった一杯のコーヒー、どこにでもある本屋での一時に、いたく価値を見出しています(笑)。

定期通院は、病院に行く!これとは別次元の「通院」なのです。

何もかも「断捨離」した結果が、銀座です!

やはり、「立地」なのでしょうかねぇ(笑)。

また、今日から頑張ります!



























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
前にお話したことがある、透析をしているNさん。体調が悪化して親指切断ということになりまして、緊急入院されました。奥さんによるととにかく炭水化物が好きなんですね。透析しているからといって血糖値をあげるような食事はよくないと申し上げていたのですがねえ。とうとう足にきたようです。透析患者の場合は、高タンパク食はよくないと聞きます。しかし、主食をふすまパンにすれば低糖食になるわけで、工夫の仕方はあると思いますがねえ。
糖尿病の恐ろしいのは合併症です。Nさんは50歳代でお子様も下のお子様は高校生。生活の心配もあります。Nさんが糖尿病を発症したのが40歳代だったのですが、この時に低糖食にしていればこんなことにはと思いますが、奥さんに言わせればそれは無理でしょうとおっしゃってました。生活習慣を変えるの至難の業なんでしょうねえ。
生駒山
2011/02/16 08:09
生駒山さん、おはようございます。

残念ですね…。

透析になってしまうと、本当に食べるものが無くなってしまいます。

水さえも制限されます。

糖尿病から透析に至った場合…、事態は、かなりきびしいですよね。

もはや、命との引き換えですから、生活習慣を変えることは止む無しでしょう。

何とも、言いようがありませんね。

お大事に…。
sho
2011/02/16 08:24
宮本さんが前にお話されていた展開になってきましたねえ。残念です。私よりも年下ですし気がかりなんですが、こればっかりはどうしようもない。この頃、思うのは糖尿病は自覚症状がないからよけいに怖いと言うことです。初期段階で合併症の自覚症状があればたいがいの人は対処するでしょうが、ない。放置。そして、自覚症状が出て来たら手遅れ。本当に恐ろしい病気です。
生駒山
2011/02/16 09:28
通院おつかれさまでした!
以前のAGEのあった場所、たまたま通ったらあのあたりのビルがまるごとなくなって駐車場になっていました!!
びっくり〜〜 Σ(゚□゚(゚□゚*)
カッパ
2011/02/16 15:59
生駒山さん、おはようございます。

仰る通りですね。

さらに、合併症になり易い人と、そうでない人もいるようです。

合併症になり易い人が無頓着だと、それこそ悲劇になりますね。

生活スタイルを変えることに、頑なな人が多いです…。
sho
2011/02/17 07:48
カッパさん、おはようございます。

気が付きませんでした〜(笑)。

私は、すぐそばの公共駐車場に車を停めて、歩いていきます。

通院日も、その反対側ですが、前を通っているんですよ。

いやいや、見てるようで見えてなかった(笑)。

銀座という街も…どんどん変わっていくんでしょうね。

これから先も、我々は、この街とのお付き合いが続きますね。
sho
2011/02/17 07:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる