シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS ランニングかジョキングか!?

<<   作成日時 : 2011/02/01 07:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

健康のためのジョキングと、競技スポーツとしての長距離ランニングは、やはり、一線を画するものでした…。

数々のメダリストと、一流選手を育てた小出監督、その小出さんの練習に興味がありました。



マラソンの完走をガイドする本は、沢山あります。

しかし、私としては、小出さんに関心があったんです。

そのこころは、「完走ではなくタイムアップ」です。

フルマラソンで4時間、3時間を切る…。

著作では、10q、ハーフマラソン、フルマラソンと、それぞれにトレーニングメニューを紹介しています。

とても参考になりました…、でも、私自身がこれを取り入れることは、難しい(笑)。

ハッキリいって、過酷です(汗)。

ジョキングレベルではなく、競技として長距離走を考えている方は、是非!どうぞ。

面白かったのは、「脚をつくる」という概念です。

想像もつかなかったのですが、よくわかりました。

トレーニングもそうなのですが、筋グリコーゲンの使い方と、貯蔵にポイントがあるように思いました。

完走…というよりも、タイムアップ(スピードアップ)を図るには、やはり、筋グリコーゲンをどう使うかなんですね。

脂肪燃焼の効率化だけで完走を目指すなら、解糖スイッチを入れずに、脂質を使ってコンスタントに走ることが完走に繋がります。

これが、「釜池理論」ですよね。

ところが、レースで勝つためには、どうしてもスパートが必要です。

その時には、否が応でも解糖スイッチが入ってしまいます。

その場合でも、乳酸生成を遅らせ、最後まで筋グリコーゲンをエネルギー源として使い切る練習が必要なんですね。

30qが「鬼門」であることは、エネルギーシステムの面からも、明確です。

ランニングは、体重×距離=消費エネルギーです。

仮に、60sの人が30q走ると、1,800kcalになります。

筋に貯蔵可能なグリコーゲンは、1,500kcal相当といわれていますので、解糖と同時進行する酸化機構(脂肪燃焼)をを考慮しても、30qとうい距離は、乳酸生成を極力抑えたとしても、そもそも、貯蔵量の限界に近いんですよね。

やっぱり私は、当面の間、健康ジョキングに徹しようと思います。

先日、いつものジョキングコースで、少しだけ、小出式の走りかたでやってみました。

一定区間を全力に近いペースで走ったり、上り坂で頑張ってみたんです。

何と、たった3.3qのコースで、2分以上、タイムを短縮することができました。

大げさに言えば、一定のペースで走っていては、見えなかった世界です。

スピードアップするには、やはり、トライアルが必要なのだと実感しました。

少し欲も出てきましたが、ほどほどにして、ジョキングを楽しめるレベルをキープできるようにしようと思います。

まずは、ロング・ディスタンス・ジョグです。

10qのジョキング、これを、こなせるようにしたいですね。

今のところ、ゆっくりならば、可能です。

著作から、コース設定の大切さも知ることができました。

10qのナイスコースを、春までに見つけよう!

追伸:蝶々さん、10qのラン…頑張ってください!私は、当面、ジョキング(笑)。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん応募ありがとう゚+。(*′∇`)。+゚
10KM完走&タイムアップのトレーニングも順調に段階を上げていっています(^-^)

ところで、加圧での重量アップはたしかにフォームが崩れますね(~ヘ~;)
私も思っている以上に、筋肉出力が上がりにくいです(まあ、筋内環境を劣悪にするのが狙いの加圧ですから、仕方ないですが(笑))

今は、加圧なしでのリアルウェイトの上昇に力を入れて、基礎筋力のアップを狙いつつ、アップした基礎分だけ、パンプ用のトレーニングで負荷を高めていく方向にシフトしてみました゚+。(*′∇`)。+゚
様子を見ながらですが(笑)

LSD、お互い頑張りましょう゚+。(*′∇`)。+゚
蝶々
2011/02/01 21:17
『応募』じゃなくて『応援』だった(笑)
shoさんありがとうです゚+。(*′∇`)。+゚
蝶々
2011/02/01 21:46
蝶々さん、おはようございます。

10qラン、楽しみですね!

やっぱり、リアルにウェイトを上げないとダメだと思いますね。

重量の実感を、筋が体験しないと、それ以上伸びないのではないでしょうか。

私も、もう少し、自分自身のトレーニングの時間を作りたいと思います。

真価が問われるのは、還暦を過ぎてからかな(笑)。
sho
2011/02/02 07:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランニングかジョキングか!? シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる