シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日は一日、運動してました(笑)

<<   作成日時 : 2011/01/29 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

本日は、加圧トレーニングの後、バレーボールの練習でした。

基本的に、土曜日はOFFにしているのですが、何のことはない、いつも、運動、運動です(笑)。

加圧トレーニングは、レジスタンス運動…、即ち、筋トレですから、エネルギー源は、筋グリコーゲンが主体になっていると思います。

勿論、脂肪燃焼も、ハイブリッドに働いていますが、比率からすると、筋グリコーゲンの方が高いといえます。

では、バレーボールはどうなのでしょうか…。

今日も、選手の「筋」に焦点をあてて、練習を行いました。

バレーの動きを総合すると、やはり、速筋群の働きが主体だろう思います。

ところが、バレーは、一発勝負じゃない…。

そのような瞬発的な動きを、少なくとも、数十分続けなければなりません。

インタバルもありますが、動いている時間と、トントンですね。

他の競技でいえば、バトミントンやテニスも、同じような筋の働きがあるでしょう。

その意味では、ピンク筋こそ必要なのかなとも思います。

ご存じですか…ピンク筋。

白筋(速筋)と、赤筋(遅筋)の中間筋です。

あるんですよ、ピンク筋(笑)。

そこそこ、ミトコンドリアがある筋…ですね。

選手は、そうなのですが、私自身はどうなのでしょう??

実は、選手以上に、動きを要求されるのです(笑)。

「球出し」も、半端じゃありません。

良い運動なんですよ!

ボールのミートやコントロールも、脳からの神経伝達面で、とても良い刺激となります。

今日のバレー練習は、気持よく動けました。

一方、加圧は…、反省だらけでした…。

圧と強度を上げましたが、フォームを崩してしまい、どこに効いているのかも定かではありませんでした。

強度に拘るよりも、正確なフォームで、最適なレップを心がけたいと思います。

お陰様で、今日一日は、血糖値は低めで管理することができたと思います。

早朝【124】(プレジション) 加圧前【191】!(コンパクトプラス) 加圧後【162】(コンパクトプラス) 有酸素運動後【152】 バレー後【125】 夕食後2.5時間【143】となっています。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
江部先生のブログを見ていると、暁現象の原因の一つに夕食時のタンパク質の摂取が述べられていました。遅い夕食を取ると、摂取したタンパク質が肝臓の糖分泌を促すと言うわけです。
タンパク質は、食後の高血糖に直結しませんが、T型の患者さんは血糖値の上昇に影響します。U型でもコントロールが悪い方は影響するようです。そうすると、夕食はなるべく早く済ます方がよいのかもしれません。午後9時以降の食事は避けるべきかも。人間の体は、早朝時に朝に備えて血糖値が上がるような仕組みがあるように思いますので、遅い食事は血糖値の上昇を促進するのかもしれません。宮本さんは夕食は何時頃にされてますか。私は、なるべく8時までには済ますようにしております。
生駒山
2011/02/01 08:08
生駒山さん、こんばんは。

私も、8時までには、概ね、夕食を済ませています。

唯一例外は水曜日で、帰宅が11時近くになりますので、夕食はそれからとなります。

江部先生のブログ、読みましたが、現在のところ、夕食で摂取したタンパク質が、早朝の値を上げているという兆候はありません。

また、夕食時間が遅いと、早朝が高いという傾向もありません。

夕食の遅い水曜日の翌朝…、木曜日が特異に高いという傾向もないですね。

逆に言うと、そんなに単純に割り切れないという感じです(笑)。

ズバリ…、糖質量に比例して血糖値は上がります。

これだけは、確認済みです(笑)。

肝臓の糖新生は、栄養素の摂取如何よりも、やはり、ホルモンのバランスなんだと思います。

それだけに、難しいんですよね。

sho
2011/02/01 20:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日は一日、運動してました(笑) シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる