シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 第4回 グループセミナーのお知らせ

<<   作成日時 : 2010/11/17 12:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

お待たせしました。

久しぶりに、グループセミナーを実施いたします。

今回は、2時間に集約し、より分かりやすいセミナーへと、バージョンアップしましたので、ご期待ください。

下記の要領です。

第4回 『血糖値を下げ、コントロールを良好にするための、運動療法完全ガイド』
*****一病息災、健康を目指して!*****

日時:2010年12月23日(祭日です) pm2:00受付開始 pm2:15セミナー開始 pm4:15終了予定
                      質疑応答(講師の体験等)4:45まで

場所:柏コミュニテイカレッジ(KCC)
http://www.kcc.kashiwa.chiba.jp/

*2階1号室(KCC-1) 2階ロビーに案内板があります。

*常磐線柏駅下車(上野から30分です) 中央口を出て右、東口より徒歩6分

定員:20名

参加費:3,000円 (ご夫婦での参加の場合、お二人で5,000円となります)
価格は税込となります。

講師:NESTA認定PFT 宮本正一

*講師プロフィールは下記
http://profile.biglobe.ne.jp/id/rise-up/index.do

*講師著作下記


*飲み物や補食等は各自ご持参下さい。

*駐車場は近隣のコインパーキングの利用(各自のご負担)となりますが、健康のため電車でのご来場をお勧めいたします。

お申し込みは、住所、氏名、年齢、連絡先電話番号、簡単な運動歴と病状をお書きの上、下記アドレスまでお願いいたします(会場の都合により、定員になり次第締め切りとなります)。
先着順となります。

sho@scro.jp

「療法」というからには、メソッドが確立されていなければなりません。

このセミナーに参加していただければ、「運動療法」のメソッドを構造的に理解することができます。

ウォーキングだけでは、決して、糖尿病を長期的にコントロールしていくこはできません。

その理由についても、セミナーでは明らかにしています。

遠方の方は、宿泊でのお越しも、ご検討いただければ幸いです。

今回も、皆さまの参加を心よりお待ち申し上げております。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさんこんばんは(^-^)
カルボーネン法で『走る速さでウォーキング』を検証してみました゚+。(*′∇`)。+゚
一応、予想してた結果にはなりましたが、おそらくこれから先『身体能力が上昇するたびに変化しそうな予感』がしています(笑)

で、それはそれとして、 『有酸素運動での筋肉のカタボリックとアナボリックの境界』について調べているのですが、なかなか文献が見つからず(~ヘ~;)
shoさんにご教授をお願いしたいのですm(__)m
なかなかに筋肉の旅は奥が深い!!
蝶々
2010/11/20 17:42
蝶々さん、こんばんは。

変化は成果です!

頑張ってください!

ところで、筋の異化(カタボリック・分解)と同化(アナボリック・合成)ですが、石井直方先生の、著作はすべて必須です。

以下に紹介します。

「究極のトレーニング」
「筋肉学入門」
「筋を鍛える」
3部作です!

筋が活動している状態では、カタボリック…即ち、異化(分解)の方向に傾いていると思います。

極論すれば、日中は異化、夜間は同化です。

睡眠時や休養時になって、やっと、アナボリック、即ち合成・同化の方向に傾くんですよね。

運動中は異化、休養時に同化と割り切ってはいかがでしょうか…。

エアロビックトレーニングの限界点は、あくまでも心拍数です。

心肺機能と持久力アップです。

酸素をどれだけ活用できるかが、遅筋を中心とした、持久的運動の本質ですよね。

異化と同化の境界は、交感神経系ホルモンと、副交感系ホルモンの境界と言い換えることができます。

両者は共存できない関係ですから、ここでも割り切りが必要です。

蝶々さん…ナイスな質問です(笑)。

ディープ過ぎて、皆さん…、申し訳ありません(笑)。
sho
2010/11/20 20:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
第4回 グループセミナーのお知らせ シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる