シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャンプ…したことありますか?

<<   作成日時 : 2010/08/05 10:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

昨日は、久しぶりにバレーの練習でした。

蒸し暑い体育館の中で、大汗をかいてきました。

汗をかくことは苦になりませんが、久しぶりということで、かなり息が上がりました(笑)。

運動中と、帰宅途中に、1L以上の水分を補給しましたが、食事後の入浴時で体重は約1kg減っていました。

このところ、何せ運動不足です。

早朝の値は、じりじりと上昇中。
【140】を下回ることがありません。

本日夕方、定期通院ですので、A1c、どうなりますか…。

左肩の動きは大分良くなり、昨日は、通常に近い状態でバレーが出来ました。

また、左肩の稼動範囲が大きくなったことで、アタックのジャンプがスムーズに出来るようになりました。
アタックジャンプの時には、バックスイングが重要です。

腕が振れないと、やはり、アタックは出来ないんです。

昨日は、久しぶりにAクイックを打ちましたが、あまりもひさしぶり過ぎて、すべてネットタッチでした(笑)。
ジャンプが流れているんですね。

練習前のアップでは、ダイナミックストレッチに次いで、動きながら筋に負荷をかけるようにしています。

例えば、その場で軽くジャンプ、5回目に大きくジャンプし、ひざを大きく曲げ、両手を着いて着地する。
助走を入れて、アタックのフォームでジャンプする…等です。

ジャンプ…という動作は、実は、総合的な筋力が必要となります。

特に、バレーのアタックジャンプは、助走をつけ、腕を大きく振り、上半身の反りも利用しますので、ほぼ、全身の筋を使うのです。

さらに、実際にアタックを打つ動作では、肩周りをはじめ、それこそ全身の筋力が必要になります。

勿論、大腿筋が主動筋となるのですが、体幹の筋、さらに、体の調整力が要求されるのが、ジャンプという動作なのです。

バレーやバスケットなのど競技をやったことのない方は、あまりジャンプするという経験がないと思います。

そうです…、日常生活でジャンプが必要なケースは、ほとんどありませんよね(笑)。

それだけに、自分の筋のキャパを知るには、ジャンプ力は一つの指針となります。

私の現役時代は、垂直跳びで、75cmの記録を持っています。
助走をつけると、さらに15cm以上アップします。

今、計測して…どうでしょうか…?

40cm跳べるかどうかでしょうね(これも無理かも知れません)。
助走をつけても、プラス10cm程度でしょうか。

ジャンプに使う筋は、短距離走に使う筋と、ほぼ同じです。

75cm跳んでいたときに、私の100m走の記録は、12秒9でした。

果たして、今、100mを走りきれるでしょうか…(笑)。

走りきったとして…15〜16秒かなぁ(甘いか?)。

トライしてみたい気持ち…ありますね。

とりあえず、垂直跳びの目標、55cm!

達成の際は、太ももは一回り太くなっているはずです。

現在の太もも径が48cm、全盛期よりも10cm以上細くなっています。

もっとも衰えやすい筋、それが大腿四頭筋(太もも表側)です。
ここを、まず鍛えて、ジャンプ力アップを目指します。

いきなりジャンプは危険ですが、十分にアップした後、皆さんも一度、ジャンプしてみませんか?

きっと、「跳べない」ことを、実感できると思います(笑)。

ジャンプできる体(ジャンプに堪える体)を作る…、これは、糖尿病管理の運動の具体的指針です!










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お知らせ
運動制限についても詳しく報告してくださいませ。
-----------------------------------
【運動制限】
◇尿中ケトン体中等度以上陽性、空腹時血糖250mg/dL以上では運動不可
◇増殖性網膜症
◇糖尿病性腎症: 尿蛋白1g/日以上
◇起立性低血圧
http://suuchan.net/note/Chapter-100104.html#100104000000
モンチ
2010/08/05 17:32
モンチさん、おはようございます。

血糖値300以上、尿中ケトンがプラスの場合は230以上が、運動禁忌になります。

また、合併症がある場合、高血圧、心疾患の兆候や履歴のある方は、医師に相談し許可を得る必要があります。

その他、膝や腰の障害など、運動のやり方に工夫が必要な場合もあります。

運動は、ほとんどの方にプラスに働きますが、例外もあります。

特に、体を動かすことに苦痛を感じる場合、何か問題がある可能性が高くなりますので、気になる時は、遠慮せずに医師に相談することだと思います。
sho
2010/08/06 07:34
shoさんこんばんは(^-^)

記事を見て、今日の昼休憩にリハ室でジャンプしてたら、スタッフに発見されました(笑)

その後、小学生のころの垂直跳びに話題が移行して、みんなでジャンプ大会に(笑)

不思議な職場仲間ですが、楽しくやってます(^-^)

来週は検査なので、終わったらラーメンいきます!どこのラーメン屋に行くか考えながら!無論、運動前提で(笑)
蝶々
2010/08/06 23:49
蝶々さん、おはようございます。

≪ジャンプ大会≫…、想像しただけで、楽しくなってきますね(笑)。

実は、私も、木曜日の加圧トレーニングの時、トレーナーさんと天井に手が届くかと…、ジャンプしてました(笑)。

私は、後数センチ。
そのトレーナーさんは、楽勝でしたが、その方とは指高が30cmくらい違います。

「ジャンプ」って、本当に童心に返りますよね。

ラーメン…う〜ん、しばらく食べてないなぁ…。

冷し中華が食べたい(笑)。
sho
2010/08/07 07:43
私は中学のとき陸上部でしたので、
公式記録は12.5秒でした。^^

私も今、100メートル走れといわれても難しいでしょうね。
この前、TVの企画で、ベン・ジョンソンが今100メートルのタイムはどれぐらい、なんてクイズをやってました。
48歳で、おなかの脂肪もタップリでしたが、
11秒ちょっとだったと思います。
すごいの一言でした。

わたしも、14秒ぐらいで走れるのが目標です。



自来也
2010/08/08 10:03
自来也さん、こんにちは。

12秒5!すごいですね!

やはり、陸上部は違いますね(笑)。

100m…、実際に走ったら、倒れるかも知れません。

でも、やってみた気もしますね。

マスターズの陸上大会に出てくる方は、皆さん、ほぼ現役ですから、気が引けてしまいます。

大会というよりも、練習したいです…。
sho
2010/08/08 17:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャンプ…したことありますか? シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる