シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 砂糖が悪い?

<<   作成日時 : 2010/07/25 08:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

今朝の読売新聞に、「砂糖」の全面広告がありました。

ジャーナリストの大宅さんと、スポーツジャーナリストの三屋さんの対談です。

「砂糖」は、悪くない…という内容ですが…。
分かってます!って(笑)。

「砂糖」の消費量は、少なくなっているにも関わらず、糖尿病と肥満は増えている…。
そんなデータも示していましたが、いうまでもない事でしょう。

「砂糖」の過剰摂取が、糖尿病の拡大を招いた訳ではないと思います。

運動量と、糖質摂取のアンバランスこそ、最大の要因。

ごはんは良くて、「砂糖」は悪い?

そんなことはありません。

ごはんも「砂糖」も、消化されれば、同じブドウ糖です。

消化吸収の時間差なんて、糖尿人には関係ありません。

摂取した分、確実に血糖値は上がります。

勿論、ごはんには、糖質だけでなくタンパク質やビタミンも含まれています。

しかし、ごはんだけを食べるわけではありませんので、タンパク質やビタミンは、他の食品から摂取可能なのです。

「砂糖」もごはんも、うどんもそばも、パンもパスタも、皆、同じです。

そう考えれば、たまにはスウィーツもいいんじゃないでしょうか(笑)。

いつも、するたとえ話ですが、シュークリーム2個と、おにぎり1個の糖質は同じ。

シュークリーム1個は、おにぎり半分ですから、発想を転換すれば、決して食べてはいけないものではないということです。

まして、運動が前提であれば、問題なしのレベルですよね。

誤解を恐れずにいえば、糖尿人であっても、スウィーツ大丈夫なんです。

勿論、耐糖能と運動、摂取量はしっかり管理する前提で。

大宅さんの発言で、「低糖質ダイエットしている女性アナが、朝は頭が働かないといっていたが、これは、脳への糖の供給が足りないからだ」という主旨の発言をしたいました。

糖は、必要なものだという結論への誘導ですが、糖は肝臓に貯えられており、必要に応じて、いつでも脳にブドウ糖を供給できるのです。

仮に、肝臓のグリコーゲンが枯渇したとしても、糖新生で糖を作り出すことさえ可能なのです。

本当は、低血糖にさえならなければ、脳の活動の心配は無用なんですね。

悪者を探すよりも、何が真実か…事実を見つめることだと思います。

我々は、残念ながら、糖質に対する受容キャパに問題があります。

だから、糖質を管理することが必要なのです。

その上で、どれだけ食事を楽しむか!

糖尿人は、食を楽しんではいけないと、誰が決めたのでしょうか?

「甘いもの」が食べたければ、食べても大丈夫な「状況」を作り出せばいいのです。

食を楽しむ…、これも、猛暑を乗りきる大切なポイントです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、頑張れ!

糖質制限よりも運動ですよね。
食事はバランス良く摂る(食べ過ぎはNG)、
血糖値が上がるのなら
下がるだけ運動すれば良い。
糖質制限は、もう止めた。
(弊害の方が大きい)

ジャヌビア25mg服用(07/16ヨリ)は
運動効率を格段に上げる。
一食100mg/dL以下を300mg/dL(通常食)まであげても
運動後食後2時間で、ほぼ食前の血糖値に戻ります。
空腹時の血糖値も下がり気味です。↓
http://sugano-hp.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/_kensa.htm
検証してみて下さい。
(ジャヌビアを中止しても効果が持続することを期待して)

自称応援隊長より
モンチ
2010/07/25 09:49
モンチさん、おはようございます。

いつも、ありがとうございます。

仰る通り!運動が前提であれば、何でも食べられます(笑)。

現代の生活は、いかに運動を伴わないか…ですね。

昔は、運動などという意識はなくても、十分な身体活動量があったのだと思います。

ジャヌビア…私は使っていませんが、このままの管理を続けながら、A1cが7%台に入ってくるようであれば、おそらく、処方されると思います。

効く薬があると思えば、安心感がありますよね。
sho
2010/07/26 06:52
運動だけでなく、頭を使う作業もブドウ糖をかなり消費しますよね!
ブログを書いたり、献立を考えながら買い物したり、旅行の荷造りをしたり・・これらは、よく低血糖になりますー。
健康体でも、低血糖を起こしやすい人とそうでない人がいるようなので、この女子アナはなりやすいタイプなのかも。
「低血糖」の症状を説明する時に「お腹がすきすぎると手が震えるでしょ?」って言うと、「わかる!」て言う人と、「わからない」って言う人がいるんですよね〜。
カッパ
2010/07/26 13:59
カッパさん、おはようございます。

なるほど…T型の方は、それほどシビアなんですね。

頭を使う作業を、本気で行うと…私の場合は、逆に血糖値が上がりそうです(笑)。

アドレナリンが出易いのかなぁ…。

ところで、「低血糖」の認識は、とても大切ですよね。

私の女房も、空腹時に具合が悪くなることがあるといっていましたが、この時に「低血糖」になっている疑いがあります。

今度、その症状が出たら、血糖値を測定してみようと思います。

一般の人にも、血糖値に関心を持ってもらいたいですね!
sho
2010/07/27 07:47
2型のは、そのへんあまりご存知ないものなんですねー。shoさんほどの勉強家でも・・意外でした。
脳は、すごくたくさんのブドウ糖を消費するそうです。アタマを使う作業をすれば、きっと下がってると思いますよ。

実際に、イベントの打ち合わせ中、健康体の友達が急に細かいことにこだわってしまい、「どうしちゃったんだろう?」って思ったことがありました。
そのすぐあと食事したんですが、食べていると「わたし、さっきなんであんなことにこだわっちゃったんだろう?ごめんねー」って言うんです。
ああ、あれっておなかがすいてたから低血糖だったんだ!ということがありましたよ。

空腹時に奥様のようすがイライラしてたり、素直じゃなかったら、甘いものを一口あげるといいかもです。
カッパ
2010/07/27 09:29
カッパさん、こんばんは。

私は、本当は、頭を使ってないのかも知れません(笑)?

私の女房は、私とは対照的に、炭水化物中心の食事をしています。

その結果、炭水化物中毒になっている可能性がありますね。

禁断症状の一種かも知れません。

この場合も、糖尿病ではないけれど、低血糖側に血糖値の乱高下が、あるようです。

血糖値は、一筋縄ではいきませんね(笑)。
sho
2010/07/27 21:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
砂糖が悪い? シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる