シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 糖尿病と健康…オフェンスとデイフェンス

<<   作成日時 : 2010/04/06 10:28   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日、例によって芸能人の健康を、面白おかしく診断する番組を、なんとなく眺めていました。

ドン小西さんという、ファッションデザイナー?、まさに、病気の総合商社でしたね(笑)。

番組冒頭で、ご自身が糖尿病だと仰っていましたが、ある日の、ドンさんの夕食には、絶句してしまいました。

食事の内容も内容なのですが、それ以前に、やっぱり…「自己流」なんですよね。

一応、食事の内容も書き留めておきます。

まず、デザート!
甘いものを食べて、「満腹中枢を刺激する」のだそうです。

次に、メインディッシュ。

ごはんは、半分残すのだそうです。
それでも、大きな茶碗ですから、200gは召し上がっているように思いました。

最後に、ロールケーキ2切れ!

きっと、血糖値は400オーバーだったんじゃないかと思います(笑)。

ドンさんは、「食事には気をつけてるんですよ」と、真顔で仰っていました。

いろいろな食事や栄養に関する情報を、自身の都合の良いように解釈して、自身を納得させ、好きなものを好きなだけ食べる、高等戦術ですね。

「気をつけている」じゃなく、正当化しているだけだと思います。

「自己流」…、男性に多い傾向ですね。

一方、どこかの番組で、黒豆を食べれば痩せるという情報に流され、スーパーでは黒豆が売り切れています。

これは、女性陣の成せる業でしょうか(笑)。

残念ながら、これを食べれば、これをやれば、痩せられるという秘法はありません。

あるのは、地道な運動と食事の工夫、その取り組みの末、得ることのできるわずかばかりの成果。
その積み重ねしかないのだと思います。

糖尿病と診断されたら、残念ながら、糖質を管理していくしかないですよね。

いくら薬をのんでも、糖質をドンさんのように無頓着に摂っていたら、絶対に改善は望めません。

事実、過去の私がそうだったんです。

いくら運動しても、カロリーに気を配っても、あまりも糖質に対して無頓着だった私のA1cは、6%前半の発覚から10年を経て、8%後半まで、まさしくジリジリと上がり続けたのです。

その間、薬は増えましたが、A1cの改善はありませんでした。

それこそ、医療費を垂れ流してきたようなものです。

合併症が出なかったのは、単にラッキーだったとしかいいようがありません。

ところが、現在の運動と食事に切り替えてからは、SMBGのチップを保健に頼らず自己負担し、ビタミン剤を、せめてもの主治医へのお礼のつもりで受け取るだけで、6%中盤を維持しています。

あの10年は、一体、何だったんだろう…。

これからも、言い続けようと思います。

糖尿病と診断されたら(境界型も含めて)、糖質を管理するしか、道はありません。

さらに、運動を戦略的に組み立てること(クロス・トレーニング)で、サルコペニアを予防し、健康への道を目指していきたいと思います。

糖質管理は、糖尿病に対する守りの戦略。
運動は、健康を獲得するための攻撃の戦略です。


オフェンスとデイフェンスのバランスですね。

その上で、「自分流」を模索することが、本当の「自己流」だと思います。




















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
まさに「水に落ちた犬」ですね。カロリー制限の被害者の一人というべきか...

糖尿病学会の罪は重いですね。

みうパパ
2010/04/06 16:21
みうパパさん、こんにちは。

今日のカウンセリングで、「3食しっかりごはんを食べるように」と、糖尿病専門医!から指示を受けている方と、お話しさせていただきました。

糖質が血糖値を上げるという事実を、知らなかったそうです。

幸い、血糖測定器は持っているということでしたので、ご自身で試してみることをお勧めしました。

いあままで、あまり使っていなかったようです。

ごはんも、うどんも、パンも、大福も、ケーキも、シュークリームも、たい焼きも、全部、同じ糖質です。

単糖類だろうが、多糖類だろうが、我々には関係ありません。

いくらなんでも、3食、大福やケーキをしっかり食べなさいと、言う医者はいませんよね。

その、言うはずのない事を、この、専門医と称する医師は言っているんです。

後は、お客さまが、実際にSMBGを試して気付くことができるかどうか…ですかね。





sho
2010/04/06 17:49
実は私も5年前から血糖測定器を持っていました。当時の主治医は1日1回測ればいいというだけでした。これでは血糖コントロールがよくなるはずがありません。

レコーディングダイエットが流行ったけど、SMBGでレコーディング・コントロールをしないといけません。
みうパパ
2010/04/06 22:30
みうパパさん、おはようございます。

何のために測るのか…、理解する必要がありますよね。

私がお勧めしているのは、早朝空腹時血糖、糖質を摂るとどれ位上がるのかの確認、外食の場合の、食品別の上がり方を確認することです。

そうすれば、何をやらなければならないのか、自覚できるんですよね。

さらに、運動前後を測って、運動で血糖値がどれ位下がるのかも、確認した方が良いと思います。

SMBGは、血糖自己管理の基本です。

sho
2010/04/07 06:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
糖尿病と健康…オフェンスとデイフェンス シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる