シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 改善!できました!

<<   作成日時 : 2010/02/25 08:48   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日は、柏店でファーストクライアント、Aさんのセッションでした。

気になっていたA1cの検査結果は、≪7.3%≫と、0.6%の改善(7.9⇒7.3)でした。

良かったです!

朝食は、依然として少量のごはんを召しがっていますが、昼食、夕食は、主食を抜いても、十分に満足を得る食事が可能になったということです。

SMBGのポイントが、まだ掴みきれていないようでしたので、その点、アドバイスさせて頂きました。

@朝食のごはんは、100g程度と推定されますが、食後1時間と2時間値を計測すること。

A週に3回は、朝食後、ジムにて運動していますので、ジムに来る日は、運動後の血糖値を計測すること。

この二つの計測で、ごはんを食べた場合、どの位血糖値が上がるのか、実感できると思います。

また、運動によって、どれ位、血糖値が下がるのかも、実感できるはずです。

糖質を摂れば上がるし、その場合でも、運動するれば下がる…、という事を実感として、確認していただきたいと思います。

「実は…」ということで、「先日、家内と外出した際、ラーメンを食べました」と仰っていました。

食べれば上がることは承知していたので、躊躇したそうですが、「たまにはいいか…」と、召し上がったそうです。

血糖値がどうでしたか?と尋ねると、「2時間後で、180くらいでした。これくらいなら、大丈夫ですね」と。

そこで、先日の私の「ラーメン話し」をしました(笑)。

どうやら、普通の醤油ラーメンだったようですから、それほど遅れて上がるということはなかったかも知れませんが、油断はできません。

できれば、糖質を召し上がったら、食後に運動した方が安全ですよね。

あるいは、運動可能な時に召し上がる…。

このように、外食で糖質を摂った場合には、SMBGでデータを取り、確認することもお勧めしました。

一通りのカウンセリングを終え、今月の新メニューでのトレーニングを、一緒に行いました。

フォームチェックと、負荷を決めましたが、Aさんは、確実に筋力が向上しています。

やはり、漫然とトレーニングしていても、残念ながら、その効果は限定的といわざるを得ません。

パーソナルトレーニングは有料ではありますが、数回でも構わないので、試してみていただきたいと思います。

Aさんも、以前に比べると、血糖値が下がりやすくなったと仰っています。

基礎代謝が上がり、GLUT4が活性化された証しですね。

糖質管理は、血糖値を上げない戦略。
運動は、インスリンを分泌させないで血糖値を下げる戦略です。

この二つの戦略、糖質管理と運動によってβ細胞を休ませることができますので、早朝の値も、以前の180台から、140前後に下がってきたそうです。

6%は、目前ですね。

Aさんの、セルフ・コントロール・ラリー、気持ちも新たに、次のステージに進みました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
0.6%のダウンは本人だけでなく医者も驚かれたんじゃないでしょうかね。

正しい情報が出回っていないのが残念です。
みうパパ
2010/02/25 15:34
みうパパさん、こんばんは。

ドクターは、どうだったんでしょかね?

ご自分の治療方針の成果だと思ったんじゃないでしょうか…。

結果がよければドクターの成果、結果が悪ければ患者の責任…、これが現状だと思います。

銀座の先生のように、患者へのエンパワーメントができる医者は、少数派です。
sho
2010/02/25 19:37
結果が出て良かったですね。
ブログもいいのですがやはりこういうことは口コミで少しずつ広がるのかなぁと思います。
体験談をパンフレットに載せるという方法もありますね。
一歩一歩進んでいるのが分かります。
ナターシャ
2010/02/27 16:50
ナターシャさん、こんばんは。

本当に一歩ずつなのですが、前進しています。

Aさんに、出会えて良かったと思います。

もしも、出会いがなければ…、どうなっていたでしょう。

Aさんの改善は、むしろこれからです。

気を引き締めて、Aさんとのタッグチームを結果に導きたいと思います。
sho
2010/02/27 22:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
改善!できました! シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる