シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 血糖管理のスペシャリスト?!

<<   作成日時 : 2010/01/22 09:13   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は、オークス上志津店に初めて入りました。

柏店よりも、こじんまりとしていますが、それだけにメンバーの皆さんやスタッフもフレンドリーで、とても手ごたえを感じました。

驚いたのは、フリーウェイトのスペースです。

柏店では、フリーウェイトのスペースでハードに追い込んでいるのは、どちらかといえば若い方が多いのですが、上志津店では、中高年の方が頑張っています。

チンニング(懸垂)をガンガンやっている方もいます。
これは、すごいですね!

ぶら下がって、背骨を伸ばしている方は多いのですが、実際に懸垂をやるのは、若い方がほとんどです。

中年女性の方が、バーベルを使って「ベントオーバー・ローイング」を行っているのにも、驚きました。
フォームもしっかり決まっていました。

スタッフが、館内放送で私を紹介してくれたのですが、「本日は、血糖コントロールのスペシャリストである宮本氏がお見えになっています…」には、あまりもストレートで…、少し引いてしまいましたが(笑)。

お陰さまで、初めてにも関わらず、何人かの方から話しかけていただきました。

さすがに、A1cデータを含めた相談はありませんでしたが、上々の出だしだったと思います。

上志津店では、2月5日に無料セミナーを行います。

お客さまに真にカミングアウトしていただくのは、セミナー後になると思います。

「見かけないトレーナーですね…」と、話しかけてくれたお客さまがいました。

この方は、血糖値には問題はないのですが、「私は、腰痛持ちなんですけど、若いトレーナーは腰痛の経験がないので、その辛さが分かんないだよね。あなたのように、自分の経験から話をすることが大事だよ。それが一番、説得力があるね」…と、仰っていただきました。

そう思っていただけると、本当にありがたいですね。

プロになるには、1万時間が必要だといわれています。
1日3時間で、10年かかります。

この2年、相当な勢いで勉強してきましたが、とてもとても、1万時間には及びません。
せいぜいが、道半ば…といったところです。

「血糖管理のスペシャリスト」とはいえませんね。

お客さまから、教えていただくこと。
経験を積み重ねていくことも必要です。

糖尿病管理の為の、運動と食事の自己管理サポート。

これが私のミッションだと考えています。

いつの日にか、「血糖管理のスペシャリスト」と呼ばれて、自他ともに認められるように、研鑽を積んでいきたいと思います。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も若くはないので例えば若い先生の代行とかで仕事するときの生徒さんの反応が気になります。
なんだぁ〜おばさんかぁ〜と思われないかと。。。                 でも年の功というかいろいろな経験で得たお話をすると皆さん喜んでくれたりします。
良いアドバイスを得られることに価値があるんですよね。
ナターシャ
2010/01/22 22:36
ナターシャさん、おはようございます。

経験は貴重な「資産」だと思います。
しかし、それは、先を見据えて、目標や夢に向って、日々活動していく中で得られるものですよね。

漠然と生きていては、単に加齢に伴う「負債」だけが残ってしまいかねません。

我々の世代にとっては、「時間」も無駄には使えません。

今日という日に感謝しつつ、一日一日を積み重ねていきたいと思います。

いつも励ましていただき、ありがとうございます。

お互いに、頑張りましょうね!
sho
2010/01/23 08:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
血糖管理のスペシャリスト?! シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる