シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日は、ジムでセミナーを行いました…

<<   作成日時 : 2009/12/22 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は、オークス柏店でセミナーを行ってきました。

「血糖値が気になる方の、運動と食事のセミナー」です。
気になる方の…です(笑)。

12名の方が、参加してくださいました。

第一回としては、まずまずでした。

1時間というタイトな時間です。
話を集約することに苦労しました。

なにしろ、通常は3時間以上かけてお伝えしている内容です…。

どれだけ分かりやすく集約できたか…、自信はありません(泣)。

もう少し、ロジックをまとめる必要があると感じました。
反省事項ですね。

参加者の方は、いつも見かける方ばかりでなく、初めてお目にかかる方もいらっしゃいました。

参加者の半分が男性だったことは、少し意外な感じがしました。

男性の中の2〜3人の方が、眠そうでした…(笑)。
これも、私の反省ですね!

おそらく、皆さんが糖尿病、もしくは境界型なのだと思います。
単に、血糖値が気になる…ということではないと…。

自己血糖測定器をお持ちの方も、2〜3人いらっしゃいました。
おそらく、もっといらっしゃったのだと思いますが、皆さんの前ですから遠慮があったのかも知れませんね。

実際に、糖尿病の方は多くいらっしゃるはずです。
このようなセミナーを行いながら、少しでもお役に立てればと思います。

セミナー後、いくつかの質問をいただきました。

それぞれ、お答えしましたが、ある方から次のような質問をいただきました。

この方は70歳代、私の地元の方で、インスリンを使われています。
マネージャーの話では、以前、ジムで低血糖で倒れたことがあるそうです…。

「糖質がどうのこうのと、余計、分からなくなっちゃうよね。私は、カロリー計算して、チャンとやってるんだけど、何をどうすればいいの?」という事です。

ご不満のようでした…。

「カロリーは、自分にとって適正な数値が出るけど、糖質の量ってどこを基準にすればいいのかねぇ。何gとかって、あるの?」

耐糖能は、各自違いますので、SMBGで確認していただきながら探っていく必要があります…という内容の事を簡単に要約して伝えました。

さらに、「現在、コントロールが良好で、カロリーコントロール食にストレスがないのであれば、バランスが取れているのだと思います。そのままのコントロールで宜しいと思います」と、お答えしました。

糖質管理(カーボカウント)は、もともとインスリンと摂取糖質のバランスを計るものです。
本来、摂取糖質量に着目しないことは、危険ですらあるのですが、ご高齢の方でもありますし、あまり難しい説明をしても受け入れていただけるとも思えません。

これは、是非、ドクターに指導してもらいたい事柄ですね(それも、多分、無理なんでしょね)。

インスリンを使いながら、糖質との関係を説明せず、カロリーを制限するというやり方、私が当事者ならば絶対に受け入れられません。

多くの方が、スウィーツ(甘いもの)が血糖値を上げる、もしくはよくないものだと認識しているようです。
一方、ごはんやうどん、パンなども、スウィーツ(甘いもの)と同じように血糖値を上げるという事実を見落としています。

おにぎり1個と、シュークリーム2個は、ほぼ同じ糖質量だという話には、皆さん驚かれます。

おにぎりであれば、平気で2個、3個と食べてしまうでしょう。
おにぎり2個で、シュークリーム4個と同じという話は、衝撃的だったようです。

さすがにシュークリームは4個まずい…と思うでしょう。

逆にいえば、甘いものが食べたければ、食後に運動すればいいんです。

そうすれば、インスリンを分泌させずに、血糖値を下げることができます。

セミナーも、今回よりも次回…と、研鑽を積み重ねなければいけません。

このセミナーをきっかけに、気軽に相談を持ちかけていただけるとありがたいですね。

頑張ります!














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わたしがその70代の方だったら、医師からよりも、実際に自分で実践されているshoさんからアドバイスを頂けたら、ものすごーーくわかりやすいし、質問もいろいろしやすいのでは、と思います。

すでにこういうセミナーに参加されるほど、前向きで興味がおありなので、その方の可能性を信じて、「わたしはこうやっていますよ」というご自身の経験をお話されるといいのでは?と思います。

整体師である野見山文宏先生(のみさん)の解剖学WSをヨガスタジオで受けましたが、すごくゆかいで勉強になりました。WSはいつも満員になるようです。
shoさんの先生としてのご参考にも、運動をする上での勉強にもなるような気がしました。
よかったら見てみてくださいー。

○参考URL
http://www.lohas-moon.com/seminar/nomiyama_1.html
カッパ
2009/12/25 09:43
カッパさん、こんにちは。

信頼関係が結べるように、私自身がもっと努力しなければいけませんね!

参考サイト、見ました。
情報ありがとうございます。

ロハスなライフスタイルは、羨ましいほどです(笑)。

整体的アプローチと、トレーナー的アプローチは少し違いますが、野見山先生の講習を受けてみたいですね。

勉強しなければならない事、山ほどありますが、インプットがなければアウトプットできません。

これからもどんどん吸収していきたいと思います。

sho
2009/12/25 12:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨日は、ジムでセミナーを行いました… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる