シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS チーティングも、時としては重要…

<<   作成日時 : 2009/12/12 12:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

木曜日は、加圧トレーニングでした。

昼食後3時間、【171】…!からアミノ酸を摂取(おいおい、2時間後は大丈夫だったのか(笑))。
その約1時間後、トレーニング直前【147】。

ベストな血糖値です。

実は、水曜日のバレーの練習の時、2〜3段の低い跳び箱を飛び越えているジュニアをつかまえて、「こうしたらいい練習になるよ」と、ある、トレーニング法を教えたのです。

しゃがんで台を作る。
一人が、リズムよくその台を跳んでいく(跳び越えます)。
その際、足を踏み替えずに着地したまま次のジャンプに入る。
全部跳んだら、自分がしゃがんで台を作る。
一番手前の人が、順番に跳ぶ。

このような練習です。

人が10人も並ぶと、連続ジャンプになり、かなりきつくなります。

実際に、私が跳ぶ見本を示しました…。

ところが…です。
ジュニアが作る台だから、たった30cmほどの高さとなりのですが、それを跳ぶのが、しんどいのです(涙)。

ジュニアは、軽々と跳んでいました。

加圧トレーニングで、大腿筋、ハムストリング共に、確かにサイズアップしました。
体重も、40代の頃より数`減量しています。

ああ、それなのに・・・・・。

跳べないのです。

最近は、五十肩がありますので、ブロックはできません。
左腕は、真っ直ぐ上に伸ばせません。
また、アタックもバックスウィングができないので、打っていませんでした。

やはり、実際に跳ばないといけません。

そこで、加圧のメニューに変更を加えることにしました。

私は、ベルトを装着して実際にジャンプしたかったのですが、トレーナーと相談の上、深くしゃがんで少しだけ上に上げるスクワットに切り替えました。

これだと、常に力がかかっている状態になります。

いつもは6sのウェイトベストを着てスクワットするのですが、ベストなしで行いました。

いつもとは違う部位が効いたようです。

このことを、先日オークスでお世話になった、Tトレーナーに相談してみました。

やはり、実際の運動動作に活かすには、「チーティング」が必要のようです。

本来、筋トレは、主動筋に意識を集中して、余分な動きを排除して行います。

「チーティング」とは、その動作に「勢い」をつけてしまうことです。

例えば、アームカールという上腕二頭筋の運動があります。

この運動では、両肘を固定して、肘を支点に、肘から先を上下することで上腕二頭筋に負荷をかけます。

腰も安定させ、下半身は動かしません。

ところが、「チーティング」では、反動やリズムをつけて、それこそ全身を使ってウェイトを持ち上げます。

勿論、その場合の方が、重量は重いものを上げることが可能です。

上腕二頭筋を中心に、それこそ全身を使う訳です。

スポーツで使う上腕二頭筋を鍛えるには、時として、この「チーティング」を活用します。

やはり、リアルにジャンプしなければいけませんね。

そのためのトレーニングは、Tトレーナーから教えていただいた方法で調整していこうと思います。

全盛期は、垂直とびは70cm跳べました。

今では、40cmを超えないでしょう…(ショボ)。

せめて、50cm以上を目指して、再チャレンジです。

加圧トレーニング直後、【122】と順調です。

有酸素運動を17分。

帰宅後【106】。

その後、一杯飲みながら夕食を取り、そうそうと床に就きました。

翌朝は、【122】!!!と順調!!!

本日の起床、am2:30!
早番で4:00から仕事でした。

早朝空腹時血糖【132】。

早朝の値、少し挽回してきました。

今日はこれから、バレーの練習です。
いつもより少し長くできます。

練習前に、サンドイッチでも食べようかな…。

明日は試合。
2勝…できれば3勝目指して!

その後は、忘年会。

飲みすぎに…注意します!!









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チーティングも、時としては重要… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる