シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS ジムで思うこと

<<   作成日時 : 2009/12/10 15:22   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

ジムの契約以来、1ヶ月以上が経過しました。

いまだにクライアントとのPT契約はゼロですが、めげずに頑張っています(笑)。

12月21日(月)には、オークスベストコンディショニングクラブ柏店にて、ダイジェスト版の無料セミナーを開催します。

メンバーでなくても、フリーのセミナーですので、ご近所、関心のある方の参加をお待ちしています。

詳細は、下記となります。

日時:12月21日(月) pm1:00から(60分ほど)
場所:オークスベストコンディショニングクラブ柏店
会場:2階セミナー室
参加費:無料
テーマ:血糖値が気になる方の、運動と食事のセミナー

当日飛び込みでも構いませんが、資料作成の都合がありますので、ご希望の方は下記までご連絡ください。

sho@scro.jp

ジムに立ちながら、いろいろなことを考えます。

ジムに通う方は、自称健康な方が多いようです(特に男性が)。

その点、私のように生活習慣病、とりわけ糖尿病管理に特化したサービスへのニーズは、顕在化しにくいようです。

例えば、膝が痛い、肩が痛いという自覚的症状がないと、目標を明確にすることができないからかも知れません。

それでも、私は私の土俵でしか戦うことはできませんから、、糖尿病改善という土俵で頑張ろうと思います。

PTとは、サービスの提供なのですから、明確な価値を提供しなければなりません。

そのためにも、より良いサポートとサービスが提供できるよう研鑽を続けていきます。

昨日は、先日私自身がPTを受けたMトレーナー、そしてTトレーナーから声を掛けていただきました。

水曜日は、皆さん、PTで大忙しです。

Tさんは、このブログも読んでいただいたそうです…。

「よく研究されていますね!勉強になりました」と、褒めていただきました。

とても、嬉しかったです。

Tトレーナーからは、コンディショニングの基礎を教えていただきました。
私こそ、とても勉強になりました。

Mトレーナーも、「クライアントは取れましたか?」と、心配していただきました。

もう少しで、コップから水が溢れると思います…と、こころの中で念じ、「まだですが、頑張ります」とお返事しました。

ジムのスタッフからは、「先生…先月の請求出てませんけど?」と、ご心配いただきました(笑)。

先生ではないんですけど…(笑)。

「大丈夫です!先月はゼロ戦ですから(笑)!!」

PTの仕事は、狭いけれど深いニーズに応えるものです。

種を撒き、育てなければ、収穫はできません。

まずは、信頼関係が無ければ、なにも始まりませんよね。

そのためには、「待つ」ことも必要です。

この年末は、睡眠時間を削り、体力勝負です(笑)。

皆さんも、インフルエンザに負けないよう、体調管理に気をつけてください。

お互いに、気力で乗りきりましょう!









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、こんんちは

なかなか顧客獲得は難しそうですね。
時間が掛かるのは仕方ないです。
1歩づつですね。

私はあることで集客できないと何も始まらないと痛感しました。
その人の技術が優れていることはもちろん大事です。
でも人間性とかPRの仕方など総合的なものが揃わないと最初の一歩さえ歩み出せません。
人間的に信頼されなければ周りの協力も得られないですし。

きっとshoさんなら大丈夫と思います。
セミナー形式でどういうものかを知って頂くのはいい方法ですね。

私も血糖値の管理にヨガが役立つというPRしてみましたが反応はありません。
そこまでの自己管理を意識する方が少ないようですね。
認知度を上げるしかないですね。

私もブログで時々そういったこと取り上げていきますね。

ナターシャ
2009/12/11 12:33
ナターシャさん、いつもありがとうございます。

本当に励まされます!

安易に展開できないということは、裏を返せば(プラスに取れば)参入障壁が高く、競合が少ないということです。

オンリーワンの存在を目指す以上、それ相応の覚悟が必要なんでしょうね。

ブログで自己開示する以上、真正面から自分と向き合わざるを得ません。

すべて受け入れて、頑張りたいと思います。

いつも助けていただいていますが、今後とも、宜しくお願い致します。
sho
2009/12/11 19:10
なかなか「道」を創るのは難しいですね

Shoさんとのお付き合いも10数年・・・PTの資格取得に向けて勉強中の時から、お客さん第1号になろうと思っていたのですが、何故かShoさんの転機の時、私も違う意味で「転機」が訪れます・・・

10数年ものお付き合いの中で、十二分にShoさんの人となりも解っています、決して不誠実な対応や一時の利害で動いたり、人を見るようなこともしませんし・・・お客さん第1号に手を挙げられないのが残念です。

話は、変わって
「ジムのお客さん」は、どんな感じなのでしょう?私のイメージでは「通う」と言う事で完結してしまっているような気がするのですが

例えば、医師に「運動しろ」と言われる→ジムに行く→適度に汗を流す→運動した(完了)

実際に「ジム通い」を実行する人は良として、ジムに行くのも「面倒」「時間が無い」と言う方が多いような気がします
(勝手な思い込みかも・・・)

PFTの良いところは、
@こちらが何処かに行かなくても、トレーナーが来てくれる。
A自分のコンディションに合わせてメニューを創ってくれる。
などですから、潜在顧客はもしかしたら別のフィールドかもしれませんね?

まったく私の主観で申し訳ございません。
痛風おやじ
2009/12/12 10:49
痛風おやじさん、こんにちは。

こちらこそ、いつもマーケティングをサポートしていただき、感謝しています。

全く、お互いに「転機」の多い人生ですね(笑)。

ジムの契約業務は、リサーチも兼ねたものです。
たとえクライアントを獲得できなくても、私自身、得ることは沢山あります。

マーケテイングのマインドフローに従って、まずは、認知。
次いで信頼関係の構築…ですね。

別のフィールド…私も意識しています。

年明けには、是非、一杯やりながら意見を頂戴したいと思います。
sho
2009/12/12 11:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジムで思うこと シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる