シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年最後の加圧トレーニング

<<   作成日時 : 2009/12/25 13:28   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

昨日は、年内最後の加圧トレーニングでした。

このところ、左肩に改善の兆しが見えます。
若干ですが、可動範囲が広がってきました。

寒いこの時期に、改善は期待していませんでしたので、今後の経過に注目していここうと思います。

不思議なくらい、治るときはあっさり治ります(笑)。
数年前に、右肩で経験しました…。

いろいろいわれていますが、五十肩って、なんなんでしょうね…?

トレーニング前の血糖値は、【131】。
糖質5gほどの一口チョコを一個食べ、トレーニングを開始しました。

上半身のメニューは、いつもの通りです。

それにしても、加圧は「効かせるトレーニング」の典型です。

たった15分で、上腕はパンパンにバンプアップします。
(最も、インタバルは15秒!ですが…)

この状態をリアルウェイトで作るには、相当追い込まなければならないでしょう…。

加圧が楽だ…ということはないのですが、やはりトレーニングの特性というものがありますね。

一方、トレーニング後の筋肉痛が少ないのも、加圧の特徴です。

あれほどバンプアップしていたのに、今日の筋肉痛は全くありません。

サイズ的には伸び悩んでいますが、健康管理の面では、十二分の効果だと考えています。

どの道、私はゴリマッチョにはなれない体質です。
やっぱり、ブルース・リーを目標にします(笑)。

下半身のトレーニングは、昨日から変更を加えています。

担当トレーナーと相談の上、少し動きを加えています。

以前は静止でしたが、動きながらフロントランジ、バックランジと行いました。
また、スクワットも、動きのあるヒンズースクワットをノーマルスタンス、ナロウスタンス(狭い足幅)で行いました。

バレーの動きやジャンプを意識することができ、とてもいい感じでした。

今では、加圧のメリットを活かしながらも、できるだけ私自身のニーズに添ったトレーニングメニューを模索し、加圧トレーナーと意見を交しながらトレーニングをすすめています。

きついことはきついのですが、トレーナーが見ていてくれるので頑張れます。

これも、パーソナルなトレーニングのメリットですね。

ところで、先日、オークスでセミナーに出ていただいた方(女性)と、ジムでお話ししました。

3ヶ月ぶりに検査したところ、A1cが6%から5.8%に改善したそうです。

この方は、毎日のようにジムにお見えになり、運動に励んでいます。

良かったですね!

この方は、測定器をお持ちですが、やはりチップの値段の高さがネックになっているようです。

そこで、格安で個人輸入の代行をしてくれるサービスがあることをお伝えしておきました(笑)。

年明けは、リアルウェイトでのトレーニングも、週に一回は行いたいと思います。

トレーニング後、【120】。

17分間エアロバイクを漕いで、帰宅後【119】と、あまり変わりませんでした…。
通常は、加圧後に有酸素運動を行えば下がるのですが…。

あっという間に…今年も後わずかですね…。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、こんにちは

スクワットで一つ試して欲しいのが踵を上げたままやるというものです。
足を揃えてフルで下まで降りると一番いいのですが途中まででもOKです。
しゃがんでから踵を上げるでもいいです。
足裏の踵から指に繋がる腱を刺激し柔軟にすると足首や膝、股関節の状態も良くなるそうです。

50肩は本当にある日急に良くなるんですよね。
私はまだ未経験ですが。。。
適度に動かした方が良いということだけは言えるようですね。

それに効果があるのが踵を上げる動作なんです。
ナターシャ
2009/12/25 16:11
すみません、最後の文章はスクワットに関しての続きで肩のことのが間に入ってしまいました(笑
ただ足と肩無関係ではないかも。。。
にしても文章が繋がらないですね。
訂正します。
ナターシャ
2009/12/25 16:15
始めまして。自分は4年前から鬱病に悩まされているシンと申します。当初は何で自分だけ!?と嘆いていましたが、こちらのブログを拝見して世の中には他の方も頑張って闘ってるんだと反省させて頂きました。自分も闘病記のブログを開設したので良かったら遊びに来て下さいね。日々の過ごし方、過去のトラウマ、ネットビジネス、面白裏情報等自分が生きる糧となれるようなブログを目指してます。

http://blog.livedoor.jp/dreamcatchshin-zibunsagashi/

今後とも勉強させて頂きます。宜しくお願い致します。また訪問させて頂きます。
応援ポチ
シン
2009/12/25 19:09
ナターシャさん、おはようございます。

早速、やってみました。

フルスクワットできますが、これはキツイですね(笑)。

スクワットと、カーフレイズを一緒にやっている感じです。

また、バランスも難しいですね。

足裏の腱が、しっかり伸ばされる感じです。

加圧でこれを取り入れると、ちょっときつ過ぎかな…?!

いつも貴重な情報、ありがとうございます!
sho
2009/12/26 11:35
シンさん、おはようございます。

大変ですね…。

世の中、さまざまな問題を抱え、日々たたかっているかたばかりですが、やはり、当事者が一番綱辛い思いをしているのだと思います…。

セルフ・コントロール・ラリーとは、新たな自分発見の旅です。

肩の力を抜いて、じっくりと取り組んでいきましょう。

鬱の改善には、適度な運動も効果的ですよ。

シンさんのブログにも、お邪魔しますね!

これからも、宜しくお願いします。
sho
2009/12/26 11:42
Merry Christmas!
糖質制限を始めてから、かなり良好に血糖値をコントロールできている(食前100mg/dl以下、食後1時間140mg/dl以下、2時間後110mg/dl)にもかかわらずSBGMの結果とA1cがマッチせず、がっかりすることが多かったのですが、先週の血液検査でA1cが初めて5%台(5.7%)になりました。前回の検査までとの違いが現れたのは、運動のおかげだと思います。
ジム通い3回は変わりませんが、週3回のwalk/jogで、今までより時間を短く1時間で切り上げる代りに、ウォームアップとクールダウンのwalk以外は、心拍数を意識しながら10分/マイル(1600m)のペースで走ったのがよかったのだと思います。短すぎると達成感がなく、これより長いとかえって血糖値が上がりますし、疲労感も残ります。定期的に走るようになってから走った次の日は早朝血糖値が下がります。それまでは、ジムと週末ハイキング以外には、食後に30分程度のウォーキング等の運動をチョコチョコとしていたので時間的には今よりもずっと運動していました。今では食後の運動は特別のことがない限りしていません。続く
fum
2009/12/26 11:59
ちなみにwalk/jog後の血糖値は85〜90mg/dlであることが多く、たまに捕食のタイミングを間違えたり、運動しすぎたりして上がってしまっても、次の食事の前には90mg/dl前後になっています。運動しない時の105mg/dl前後とは大違いです。
自分に合った運動が一番楽しいし、長続きするのは確かだから、それを考えたらパーソナルトレーナーのshoに指導してもらえる方って羨ましいです!
今年も後わずか、いい汗流して健康に新年を迎えましょう。
P.S. こちらはまだ25日です。
fum
2009/12/26 12:00
fumさん、こんばんは。

我が家では、クリスマスツリーも、クリスマスプレゼントも、クリスマスケーキも!ないクリスマスでした(笑)。
子どもたちが巣立ってしまうと、途端にこんな調子です…。

ところで、とても興味深く、かつ貴重な!データありがとうございました!

運動量(運動強度×運動時間)…、とても重要な要素なんですよね。

これは、是非、本文で私の考えを書かせていただきたいと思います!!
sho
2009/12/26 19:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年最後の加圧トレーニング シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる