シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS ブルース・リーの「ブル」くらいまで…?

<<   作成日時 : 2009/09/18 15:19   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は、加圧トレーニングでした。

トレーニング前の4:20の血糖値が【135】。
一口クランチチョコを2個食べ、BCAAの粉末を5gほど摂取。

トレーニング直前の5:10の血糖値が【143】と、計算どおりです…。

ところで、先日お伝えした、アミノ酸(BCAA)による血糖降下作用についてですが、9月14日に追加実験しています。

当日は、昼食後約3時間の4:00の計測で【145】でした。
今回は、BCAAのみの摂取、また、一気に10g摂取としてみました。

結果は、1時間後【119】と、−26です。

実感としては、やはり下がっています。

さらに1時間後の6:00時点で【110】です。

このところは、夕食前の血糖値、【140】〜【160】台と高めに出ています。

【110】台は、久しぶりの値です。

さらに、その日の夜に、食後血糖がどれ位下がるか、実験してみました。

糖質量は、大したことはないと考えていたのですが、ポテトサラダ(少々)、栗2個、麻婆豆腐のあんは、夕食後2時間の血糖値を思いのほか上げてしまいました。

200オーバーの【208】でした。

ここまで上がると、なかなか下がりません。

そこで、またBCAAを10g摂取してみました。

結果は、摂取1時間半後に【179】、−29と、微妙な数値でした…。
これ位ならば、BCAAを摂らなくても下がったかも知れません。

この結果を得て、今のところ下記のようにまとめることができると思います。

摂取のタイミングは、他の栄養素の消化吸収が一応終わった状態(空腹まではいかなくても)の時。
摂取量は多めに(実験では10g)。

この条件下であれば、間違いなく下がるといって良いと思います。

さて、昨日からベンチプレスのウェイトを上げました。

22.5sから25sと、プラス2.5sですが、レジスタンス・トレーニングでは、たかが2.5s、されど2.5sです。

回数を20回⇒15回⇒10回の3セットにしてみました。

結果は、この回数でクリア。

最初の20回は、−2.25s25回と同程度の感覚です。
上げようと思えば、もう少し挙がると感じる程度です。

ところが、2セット目の15回は、少し物足りない感じがしました。
もう少し挙がる感じです。

そして、3セット目の10回も、余裕がありました。

そこで、次回からは、1セット目20回、2セット目20回、3セット目10回でトライしてみようと思います。

3セット目10回は、最初からキツイと感じるようでなければなりません。
そうでなければ、余裕ありすぎです…。

10回は、気力の範疇ですね。
仮に7〜8回しかできなくても構いません。

ウェイトの設定としては、3セット目が10回ギリギリで行きたいと思います。

トレーニング直後の血糖値が【134】と、あまり下がっていませんが、問題はありません。

有酸素運動(エアロバイク)の後は、順調に下がるはずです。

帰宅後の測定では、【102】と、これまた予定通りでした。

結果的に、この1週間は高タンパク摂取となりました。
糖質も、早朝空腹時血糖が高めでしたが、朝は、50g以上摂っています(一気に、ではありませんよ。4時〜6時の間にです)。

筋グリコーゲンも、補給したいですからね。

5時〜8時半までは、ある程度の運動量がありますので、安心です。
糖質摂取は、6時までと決めています。

場合によっては、糖質50g以上のおにぎりなども食べてしまいますよ。

体脂肪率は、13%台と少し上がり気味ですが、目標であるブルース・リーの「ブル」くらいまではきたかなぁ…と…(笑)。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
突然で すみません。頑張っておられますな。
ボクは糖尿病歴35年 80歳のおとこ。
インスリン注射(一日4回 合計30単位)のお陰で 何とか生かせて戴いております。
奇しくも アナタ様は ボクの長男と同じ55歳のお方 ・・・で、一声掛けたくなったのです。

ご存知のように糖尿病は治りません。「糖尿病で良かった!」ぐらいの楽なお気持ちで ご持論の”セルフコントロール”にお努めになられた方が良いと思うのですがねえ。

一生懸命さは 良く解ります。が、・・・もう少しアバウトにお考えになり 明るく楽しく過ごされた方が良いと思いますよ。
現に ボクは まだ ぶつくさ言いながら 貪欲に生きさせて貰っていますよ。 暴言多謝。
KURA
2009/09/19 15:55
KURAさん、コメントありがとうございます!

80歳のKURAさんから、ネットを通じてメッセジーをいただいたことに驚いています…!

トレーニングには、ストレスはないんですよ(笑)。
追い込んでナンボ…なんです。
こう見えて…、結構、楽しんでいるんです。

でも、オヤジの世代から、一言いただいたことがメチャクチャ嬉しいです!
私のオヤジは、昭和3年生まれでした(76歳で他界しました)。

私がKURAさんの歳まで現役でいけるかどうか、はなはだ疑問ですが、私も、KURAさんのようなスーパーマンを目指しますね!

また、コメント下さい!
是非!



sho
2009/09/19 20:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブルース・リーの「ブル」くらいまで…? シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる