シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 町内のウォーキングイベント

<<   作成日時 : 2009/09/16 14:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

14日の月曜日に、町内のウォーキングイベントを行いました。

事前にコース下見を行い、幹事さんと何回かの打ちあわせを経て、町会長の承認のもと、町内の回覧板で全世帯(約200世帯)に告知しました。

天候にも恵まれ、16名の参加者が町内の公園に集いました。

画像


今回のイベントでは、私に二つの選択肢がありました。

一つは、体育指導委員としての正式な活動とすることです。

この場合には、町会長から、市スポーツ課(教育委員会)宛に体育指導委員の派遣依頼書をFAXしていただくようになります。

メリットとしては、正式行事になるため、参加者に傷害保険が適用されることになります。

一方、私がボランティアとして、町会行事に協力するという選択肢があります。

この場合、参加は自己責任となりますが、今回は、幹事さんとも相談の上、後者にすることにしました。

体育指導委員の活動は、今期限りとするつもりです。

体育指導員の活動は、日曜日が中心になりますが、日曜日は私のPFTの活動に徹したいと考えています。

体育指導委員もボランティアですが、今後は、個人(PFT)として自由にボランティア活動をしていきたいと思います。

おっと…、ビジネスとしてのPFT活動も…宜しくです(笑)!

とういことで、爽やかな風に吹かれて、皆さん、颯爽とウォーキングを開始しました。

年代的には、60代、70代が中心です。

先日下見をした、9q強、約1万7千歩のコースを、皆さん、元気に歩き通しました。

時間も、すべて想定内。

本当にお元気です。

ほぼ全行程を歩き終え、大休止したモラージュで、お一方だけリタイアしました。

1時間の大休止でしたので、私が急いで自宅に帰り、クルマで取って返してお送りしました。

競争ではありませんので、無理は禁物です。

今後は、月に一回程度の活動として、定着させたいと思います。

また、東京下町ウォーキングや、山手線一周ウォーキング(何回で完歩できるでしょうか)、日光街道上野〜日光ウォーキング(7回くらいで、完歩できるかな…)など、ボランティアイベントも、暫時、企画していきます。

皆さんと一緒に、楽しく運動しながら、皆さんのモチベーション喚起に寄与したいと思います。

皆さん、是非、参加してくださいね!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ありゃりゃ。
shoさんが写真を撮ったんですね。写真にshoさんが見当たらない :-)
KK
2009/09/16 20:58
今晩は、ほのぼのです。

ウォーキングイベントって良いですね。
運動第一です。

ところで、遅ればせながらコチラからもリンク完了しました。
何卒よろしくです。
honobono
2009/09/16 21:52
1つ下の記事が賑わってますが、何も言えないので、こっそり読み逃げしてますw

ウォーキングイベントお疲れ様でした^^
「競争ではないので無理は禁物」
shoさんらしい言葉だなーと思いました^^

ブログなんぞでA1cやらSMBGの記録やら下手に公開してると人に見られてるなんて思いで、本来の目的を見失いそうになる時があります。
公開してるのは糖尿病は本当に怖い病気だと知って欲しいから。
それと自分の血糖コントロールは別物だよな・・って改めて認識しました。
本文と全然関係なくて申し訳ないんですけど、肩の荷が下りました^^
naonao
2009/09/16 23:08
モウん、おはようございます。

私が撮りました(笑)。

ブログ用に、私のことも撮って欲しかったのですが、一番後ろを歩いていたので、それもできませんでした(笑)

この次は、1枚撮っていただき、雄姿をお見せしたいと思います(爆)。
sho
2009/09/17 10:54
honobonoさん、リンクありがとうございました。

今度、参加可能なイベントがありましたら、是非、お願いしますね。

歩くって、楽しいです!!
sho
2009/09/17 10:56
naonaoさん、おはようございます。

遠慮せずに↓の記事にもコメントください(笑)。

糖尿との付き合い…これから一生続く旅です。

時には思い荷を背負わなければならない時もあるでしょうが、肩の荷を降ろせるオアシスも必要です。

目的と目標を見失わずに、お互い、この「ラリー」を楽しみましょう!
sho
2009/09/17 11:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
町内のウォーキングイベント シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる