シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS ロコモティブシンドローム

<<   作成日時 : 2009/09/01 14:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ロコモティブシンドロームという言葉をご存知ですか?

メタボリックシンドロームは、あまりにも有名ですが、ロコモティブシンドロームはご存知ない方も多いと思います。

しかし、ご存知なくても、ご自身がロコモティブシンドロームの方…じつは、多いんですよ。

ロコモティブシンドロームとは、運動不足に起因する慢性的な運動器の疾患全般のことで、将来的に「要介護」になる可能性が高い状態をいいます。

腰痛や膝痛は、その典型です。

高齢になって顕在化する方が多いのですが、中年以降、そのリスクは高くなっていきます。

通常、腰や膝に痛みや障害がある場合、整形外科や接骨院で診てもらうことになると思います。

低周波や温熱をあてたり、痛み止めやビタミンの処方があるかも知れません。

そして、そのリハビリには運動が効果的だと教えられるでしょう。

問題は、そのリハビリです。

医療機関で指導されるリハビリの内容が問題なのではありません。

リハビリとはいうものの、実は、これはトレーニングなのです。

つまり、適切な運動メニューの設定と、リハビリ(トレーニング)の進展に合わせて、メニューの更新が必要なのです。

この二つの条件を満たし、かつ、プロセスを満足させることは医療機関では難しいでしょう…。

初期には、リコンディショニング、即ち、ストレッチや軽度の運動で本来の状態に調整することが中心となります。

そして、その効果を見極めながら、メニューを漸進させ、筋強化を図っていくことになります。
この段階になると、通常、医療機関は卒業です。

医療機関は卒業しても、この状態ではいつ再発するかも知れず、不十分な状態だといえます。
さらに、QOLの維持を図ろうとする場合、このリハビリの過程で、パーソナル・トレーナーを活用することが有効だと思います。

パーソナルトレーナーは、各々の状態にマッチした運動指導を行います。
また、運動は、常に漸進していきます。

結果を正しく評価し、メニューを更新していくのも、パーソナルトレーナーの役割です。

私は、糖尿病やメタボ等、内科的疾患改善のための運動指導を得意としていますので、この分野については、ご要望があれば、良いトレーナーを紹介します。

ある意味、運動に支障が出るロコモティブシンドロームは、患者に自覚的症状がありますので、取り組みやすいといえるかも知れません。

その点、自覚的症状の少ないメタボリックシンドロームに対しては、積極的になれない方も多いようです。

しかし、命に係わるのはメタボリックシンドロームなのですから、こちらにも、是非、前向きに取り組んでいただきたいと思います。

特に、糖尿病の場合、例え自覚的症状が無くても、その合併症は命に係わります。

運動と食事によるセルフ・コントロールに、今すぐ取り組むことをお勧めします。
糖尿病には、運動と食事の管理が極めて有効です。

糖尿病管理のための運動も、各々にマッチした運動メニューの設定と、運動結果の評価、メニューの更新が必要です。

一日一万歩、歩きましょう…という、どなたにでも差し障りのない一般的なメニューを繰り返すだけでは十分とはいえません。

ここでも、パーソナルトレーナーの活用を検討して見てください。

私の場合、カウンセリングとサポート、運動メニューの作成、運動効果の評価と更新をメールでも行っています。
これなら、全国OKです(笑)。

運動メニューは、添付ファイル写真付で送付します。
詳しく解説していますので、どなたでも自宅やその周辺で行うことができます。

また、相談や報告はいつでも受け付けています。

お問い合わせや、価格については、下記までお気軽にご連絡ください。

NESTA PFT 宮本正一
sho@e-gfn.com

一人ではできないことも、パーソナルトレーナーという存在を活用すれば、きっと、やり遂げることができると思います。

下記は、お知らせです。

第3回 『血糖値を下げ、コントロールを良好にするための、運動&食事セミナー』
*****一病息災を目指して!*****
http://rise-up.at.webry.info/200908/article_10.html

まだ空席があります。
ご夫婦、ご家族、友人同士でいかがですか…。

ヨガ無料体験セミナー
http://rise-up.at.webry.info/200908/article_17.html

こちらも、空席があります。
女性だけでなく、男性にもヨガは有効ですよ!

奮って、ご参加ください。

皆さんの参加を、お待ちしています!









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
介護予防:ロコモに注目
ロコモ(ロコモティブシンドローム)を予防することは介護予防につながる。原因と点検ポイント、予防トレーニングを紹介する。 ...続きを見る
ぱふぅ家のホームページ
2009/11/11 17:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロコモティブシンドローム シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる