シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 運動経験と血糖降下作用

<<   作成日時 : 2009/08/05 15:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今週は金曜日から法事で宮城県に出かけます。
そのため、加圧トレーニングもいつもの木曜日ではなく、昨日でした。
定期通院も、いつもの第一金曜日ではなく、明日、行ってきます。

加圧トレーニング…、いつもの曜日ではありませんので、見かけない方がトレーニングしていらっしゃいましたが、丁度、先日紹介して入会していただいた知人が、トレーニングを終え、有酸素運動を行っていました。

すれ違いでしたが、言葉を交わすことができました。

彼にとって、初めての加圧トレーニングはどうだったのでしょうか(笑)…。
わざわざ、北千住から通っていただいています。

トレーナーは、「体力のある方ですので、少し軽かったでしょうか?!」と、仰っていましたが…。

ところで、昨日は、2007年12月以来の加圧前後の血糖値データを、トレーナーに差し上げるために持参しました。

78回分のデータです。

これほど長期に渡った血糖データは、おそらくないと思います。

データはデータとして、そこから何を読み取るのかが重要です。

ぱっとデータを眺めただけでも、そこから気がつくことも沢山ありました。

そのいくつか、ご紹介します。

まず、トレーニング前よりもトレーニング後の方が、血糖値が上がってしまったケースが78回中7回ありました。

2008/7/10 【115】⇒【146】
2008/7/17 【123】⇒【142】
2008/7/24 【125】⇒【139】
2008/8/14 【138】⇒【157】
2008/8/21 【124】⇒【130】
2008/10/9 【150】⇒【153】
2008/11/6 【126】⇒【141】

2008年6月から、現在のラクーンに変えました。
変えた当初は、相当きつかった覚えがあります(笑)。

2008/10/9を除いて、運動前の血糖値が低めですね。
それ以外の日は、ほとんど【130】以上、【150】前後からトレーニングを開始しています。

【120】台以下で開始しても、運動後に下がったケースもあります。

2009/8/28 【120】⇒【115】
2009/2/12 【118】⇒【94】
2009/6/22 【113】⇒【105】

いずれも、今年に入ってからですが、ここに運動経験を重ねることによる、血糖降下作用の効率化を認めてもいいと思います。

最近は、意識的にトレーニング前の血糖値を【130】〜【150】を目途に調整していますが、トレーニング後は、二桁が当たり前になってきました。

よく下がるようになってきたと…感じます。

これには二つの理由が考えられます。

一つは、血糖取り込み貯蔵庫である筋量が増えたこと。
さらに、GLUT4も増え、活性化したことが挙げられます。

運動時には、交感神経系ホルモンのアドレナリンやグルカゴンの分泌が考えられますが、私の場合は、GLUT4の働きが優っているのでしょう。

筋トレは、血糖管理ともこのように直結していることが分かりますね。

中長期の目標ではありますが、決してあなどれないのです。

2007年のデータを見ると…、絶句してしまいました(笑)。

トレーニング前、【200】以上がざらたったんです!!

【300】!という日もありました…。

当時、昼食は軽く一杯のごはん(100g程度)を食べていたんです(汗)。

測定は3時過ぎですから、食後3時間くらいの値です。

当時も、トレーニング後は確実に下がっていますが、それでも【140】前後まで下げるので精一杯でした。

やはり、運動経験を積むことで、一層の血糖降下作用を得ることができるということが、よく分かります。

食後2時間の血糖管理を目的とした有酸素運動と、筋量の増加で貯蔵庫を大きくする中長期の目的の筋トレ。
この組み合わせを、クロストレーニングと呼んでいます。

皆さんも、是非、クロストレーニングをトライしてください!

お問い合わせも、お気軽にどうぞ!











血糖認識トレーニング
楽天ブックス
著者:ダニエル・J.コックス/谷口洋出版社:診断と治療社サイズ:単行本ページ数:206p発行年月:2

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
このデータってかなり貴重じゃないでしょうかね。「適切な運動」っていって、お茶を濁していますものね。

運動のタイミング・方法などが全く語られていないというのも問題ですよね。
みうパパ
2009/08/05 17:56
みうパパさん、おはようございます。

お医者さんで、そこまでのアドバイスをできる方はいないでしょうね。

また、ジムのトレーナーでも、そこまでの知識を持っていないことが多いと思います。

加圧のトレーナーさんには、このデータを生かして、正しい指導を確立していただきたいと思っています。

加圧トレーニングで血糖値が下がりますよ…ではなく、その目的が中長期的なものであることを、キチンとお客様に説明して欲しいんです。

運動のタイミングや方法…、これが一番の問題ですからね!
sho
2009/08/06 10:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
運動経験と血糖降下作用 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる