シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 第2回のセミナー報告…

<<   作成日時 : 2009/07/21 14:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

19日の日曜日は、第2回のセミナーでした。

今回は、8名の参加をいただきました。
(糖尿病でない方が2名、前回参加者が4名、初めての参加が2名という構成でした)

午前中に体育指導委員の行事があり、慌しく会場に駆けつけました(笑)。

前回よりも広い部屋で、人数も少なかったので、ゆっったりと行うことができたと思います。

こちらで動画がご覧になれます。
http://www.youtube.com/watch?v=DeK51NQaxuU

今回の目玉は、加圧トレーニングの体験だったと思います。

1時間の予定が、1時間15分…、皆さん、熱心に受講していただきました。

全員に体験していただいたのですが、初めての体験の場合、片手または片足になります。

体験した皆様、ご感想はいかがでしたか?

加圧トレーニングは、ベルトを装着した状態でトレーニングを行います。

軽い運動でも、脳が強い運動を行ったと錯覚し、成長ホルモンを沢山分泌しますので、非常に効率的で効果的なトレーニングです。

今回のセミナーでも、筋トレと有酸素運動を組み合わせた「クロス・トレーニング」を提唱していますが、加圧トレーニングならば、女性や初心者でも安心して取り組めると思います。

多くの加圧ジム(スタジオ)が、マンツーマンでトレーナーがつくシステムですので、この点も安心ですね。

画像


セミナー終了後は、恒例の懇親会です。

加圧体験にご協力いただいた「健康プラザ・ラクーン」さんからも、4名の参加をいただきました。

糖尿と加圧の関係…、我々の取り組みは、「加圧学会」の研究発表に値するそうです。
協力は惜しまないつもりです。

また、ラクーンの柏店が日曜と月曜が定休日になっています。
そこで、この二日間、SCROの活動に場所を提供してくださるということです。

ありがたいことです。
これもまた、人と人との繋がりですね!

ところで、我々のような糖尿人が、お酒(と、いっても焼酎ですよ)を飲みながら歓談だなんて…、信じられない思いの方もいらっしゃると思います。

そのような方は、是非、次回セミナーに参加していただきたいと思います。

きっと、安心して飲めるようになると思います(笑)。

また、カロリー制限で頑張っているのに結果の出ない方。
運動のやり方が分からない方。
もっと、知識を深めたい方。

お勧めのセミナーです。

MAMORUさんが、セミナー参加をレポートしてくださいました。
http://aneofgg.blog20.fc2.com/blog-entry-68.html

naonaoさんも、セミナーの様子をアップしてくださいました。
http://ameblo.jp/naonao20/entry-10305948077.html
http://ameblo.jp/naonao20/entry-10305979590.html

ぴんくさんも、レポート書いてくださいました。
http://ameblo.jp/country-heart/entry-10307138605.html

参加していただいた皆さん、ありがとうございました!

次回をお楽しみに。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
ついに一宿一飯を提供してしまいましたね(爆)

次はだれになるでしょうか?
みうパパ
2009/07/21 15:05
みうパパさん、よろしければどうぞ(笑)!
sho
2009/07/21 15:48
またもや有意義なイベントになったようですね!
成功おめでとうございます☆

加圧体験もしたかったけど、
懇親会に参加できなかったのが
一番残念です(;´Д⊂
miwa
2009/07/21 16:17
非常に有意義なセミナー&懇親会でした。
一宿一飯・・・。
有難うございましたm(_ _"m)ペコリ
しかし懇親会、楽しかったです。

MAMORU
2009/07/21 16:30
先日は有意義な時間をありがとうございました。
早速、毎食後のウォーキング前に筋トレを取り入れています(^^)v

明日は銀座で検診を受けてきます。
その際にバドミントン後の高血糖について意見をいただこうかと思っています。
特に問題ないようであれば、週1回バドは続けていくつもりです。
しばらく血糖値測定をしてご報告させていただきますので、アドバイスいただけると幸いです。
かぁこ
2009/07/21 16:41
miwaさん、こんにちは。

飲酒派メンバーはぞくぞくと増えてますよ(笑)。

これからも、セミナーだけでなく、ワークショップやウォーキングの企画も実現させていきたいと思います。

宜しくお願いします!



sho
2009/07/21 16:53
MAMORUさん、こんにちは。

こちらこそありがとうございました。

本当に遠方から起こしいただいて、ありがたいと思っています。

うちでよければ、いつでもお泊りください(笑)。

MAMORUさんも、飲酒派メンバーとして認定します(爆)。
sho
2009/07/21 16:56
かぁこさん、こんにちは。

早速、筋トレを取り入れていただき、ありがとうございます。

本来、バトミントンで上がることはないと思うんですが…。

銀座でも聞いてみてください。

また、運動(バトミントン)前後の様子やデータをいただければ、私も考えてみます。

なにか、アドバイスができるかも知れません。

筋トレと、有酸素運動に、週1回バトミントンができれば完璧ですよね。

もしも宜しければ、ご遠慮なくDMください。

今後も、様々な企画を実施していきますので、宜しくお願い致します。
sho
2009/07/21 17:02
こんばんは、SHOさんセミナーの成功おめでとうございます。めしのです。ヨコスレ失礼します。かぁこさんバドミントンは、競技(勝ち負けのある)とし行っているものですか?。もしそうだとしたら、アドレナリンの影響かもしれませんよ。また、アドレナリン無しで勝ちにいける競技でもないと思っています。確認方法としては、基礎打ち終了時点で、血糖値を計られてみてはいかがでしょうか。ヨコスレ失礼しました。
めしの
2009/07/22 01:33
めしのです。先程のコメントの追加です。負けた時のストレスも大きいものがありますね。どちらにしろ、我々糖尿病者にとって競技スポーツは、不向きなのかも知れません。では、おやすみなさい。
めしの
2009/07/22 02:07
めしのさん、おはようございます。

競技スポーツでは、アドレナリン全開ですよね(笑)。
GLUT4よりも、アドレナリンによる肝のグリコーゲン放出が勝ってしまう方もいるようです。

この場合には、運動後のクールダウンに工夫が必要かも知れません。

1型、2型に関わらず、競技としてスポーツを行うことは可能です。

健康維持のための運動と競技スポーツは一線を画するものですが、私自身、どちらかというとアスリートに近い感覚を持っていますので、微妙に競技スポーツを応援したくなってしまいます(笑)。

このテーマ…、興味深いですね。
本文でも取り上げてみたいと思います。

sho
2009/07/22 10:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
第2回のセミナー報告… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる