シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS サンシャイン&レインシャワー

<<   作成日時 : 2009/07/27 08:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

今朝は、久しぶりに朝ジョグしてきました。
朝日をシャワーのように浴びて、気持ちよく走ってきました。

本日、早朝作業はお休みです。

朝食はいつも通りのものです。

早朝空腹時血糖は、【123】と、まあまあです。

レタス・キャベツ・トマト・胡瓜のサラダを、シーザーサラダドレッシングで。
豆腐となめこのみそ汁。
牛肉とチンゲン菜炒め(小皿)。
プレーンヨーグルト&ブルーべリー10粒ほど。
シナモン入りコーヒー。
スイカ一口。

朝は、この朝食でも食後血糖は上がってしまいます。
主因は、ヨーグルトとブルーべリーでしょう…。

1時間後【199】!

ここからインスリンが遅れて出始め、2時間後は【150】〜【160】、3時間後で【150】〜【130】というパターンになります。

今日は、食後1時間から、ジョキングしてきました。

約26分ジョキングし、シャワーを浴びて測定。
食後1時間50分【112】と、下がっています。

先週の金曜日には、昼食後にジョキングを行ったのですが、雨に降られてしまいました。

ポツポツときたのですが、ザーっと降る予感がしましたので、いつものコースをショートカット。
その途端、ザーっと…。

なぜか頭に浮かんできたメロディーは、ナベサダのカリフォルニアシャワー…。
それこそ、天然レインシャワーを浴びながら、約20分のジョキングでした。

びしょ濡れになりました…(笑)。

いつもより少ない時間でしたが、血糖値を下げる効果は十分でした。

食前【165】、ジョキング後【96】です。

今日の朝は【112】までしか下がりませんでしたが、やはり、午後の方がジョキング効果も大きくでます。

ところで、先日から追いかけている肘内側の汗疹の状態ですが、下記のようにほぼ完治しました。

画像


先週水曜日から、皮膚科で処方していただいた薬も日に1〜2回塗ってはいますが、実感としては、急激によくなったのは木曜日の加圧トレーニング後です。

患部がうっ血したような状態になり、かゆみが止まってしまいました。

その後、うっ血が取れると同時に、患部がきれいになくなってしまった(治った)のです。

まだ一部に発疹が残っているように見えますが、これは、昨日あたりからかゆみを感じるようになった、加圧後の新しい患部です。

少し掻いてしまったために、発疹として残ってしまいました。

この程度であれば、薬が十分に効くと思います。

今週も、また、元気に過ごしたと思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
今日の朝食メニューと食後の1時間199を見て、Shoさんの現状が分かりました。かなり血糖コントロールが難しいですね。

だからこそ前から思ってたんですが、運動前にあえて血糖あげる理由が分かりません。
糖尿おじさん
2009/07/27 14:42
糖尿おじさんさん、こんにちは。

朝は、特にインスリンの出が遅いようです。

私が運動前に糖質を摂るのは、競技スポーツであったり、トレーニングであったりと、運動パフォーマンスを上げたい時のみです。

私にとっての運動は、血糖値の管理だけでなく、筋量アップやスポーツ技術習得、試合の内容等、別の目的もあります。

このような運動の場合、食後3〜5時間で運動を開始するケースがありますので、100〜120未満と、比較的低いことが多いのです。

このレベルから、相当レベルの運動を行うと、パフォーマンスの低下と、逆に血糖値が上がってしまう(一時的なので、心配はいらないのですが…)ことが考えられます。

アメリカ糖尿病学会のガイドラインにも、任意の運動前に血糖値が低い場合は、事前に糖質を摂るように記載されています。

その上で、2型は勿論のこと、1型の方であっても競技を含む運動が可能だとしています。

≪続く≫

sho
2009/07/27 15:30
≪続き≫

私の随時血糖は、100を下回ることが一時的にはあっても、通常は120前後です。

そこで、あるレベルまで血糖値を上げる目的で、少量の糖質を摂取することがあります。

運動開始前の目標血糖値は、150前後です。

運動後は全く問題のないレベルまで落とすことを見据えて、アジャストしています。

運動の目的が血糖値を下げることであれば、事前摂取は、勿論、行っていません。

また、血糖値が高くない場合(約140以下)は、無理して運動は行いません。

全体としては、糖質量で食後2時間の血糖値をコントロールしていますが、運動によって下げる必要があるの場合が、週に何回かはありますよね(汗)。

また、トレッキングのようにハードな運動の場合は、飲料も15g/Lの糖質を含むものを摂っています。

釜池氏のように、糖質摂取ゼロでトライアスロンを完走してしまう方もいらっしゃいますが、私は、運動生理学の基本に則って行っています(笑)。

いずれにしても、運動後には正常な血糖値に落としこむことが目標です。

私自身は、決して自分のコントロールを難しいと思っていませんよ(笑)。
sho
2009/07/27 15:32
運動云々よりも、糖尿病にとって血糖を上げない事が一番と考えてる私にとって・・いかなる理由でもあえて血糖値を上げるのは?です。

そのことはどうお考えでしょうか?前から質問したかったです。

ヘモグロビンA1cとは、「平均血糖値」です。あえて上げては意味ありません。ヘモグロビンはどうでもいい?なら別問題ですが・・

今日、私酔ってますので・・あえておもいきって質問しました(笑)

糖尿おじさん
2009/07/27 21:45
糖尿おじさんさん、こんばんは。

私も酔ってますから、フィティフィティで…(笑)。

私にとっての運動は、血糖値がすべてではないのです。

糖尿になる前から、運動してきました。

スポーツは生きがいでもあります。

決して、血糖管理のためだけにスポーツを行っているのではないのです。

スポーツと、血糖管理の為のエクササイズは別物です。

血糖管理の為の運動(エクササイズ)において、私は糖質の事前摂取を推奨していませんよ。

A1cに関して、例えば、私のA1cは6%台ですが、薬もインスリンも使っていません。

私のコントロールレベルについては、主治医からこのままでいいと承認を受けています。

一方、5%台であっても、インスリンが必要な方がいらっしゃいます。

A1cに関わらず、合併症に苦しんでいる方もいらっしゃいます。

A1cは、絶対値ではないという事でしょうね。

私は、この10数年間、A1c的には比較的劣等生でしたが、合併症は免れています。

たとえ糖尿病であっても、スポーツが好きな方。
アスリートの方がどうすればいいのか…。

このことを解明するのも、私の役割の一つだと考えています。

極論ですが、あえて血糖値を上げないだけでいいとするならば…運動は必要ありません。

糖質を摂らなければ、血糖値は上がらないですよね。

いずれにせよ、これは有意義な議論だと思います。

異論・反論…期待します。
sho
2009/07/27 22:17
> 決して、血糖管理のためだけにスポーツを行っているのではないのです。


なるほどですね。すべてが分りました。
糖尿おじさん
2009/07/27 22:32
血糖値の管理を中心にした生活も大切でしょうけれどやっぱり生きがいとなるものがあればそれも捨てがたいですよね。
運動はきっと血管を強く柔軟に保つ効果がありそうですよね。
血液が正常であれば言うこと無いですが。
運動がもたらしてくれる恩恵はいろいろありそうです。
楽しいという経験はストレスも無くしてくれますし。
ケースバイケースという柔軟な発想がないとつまらないかなとも思います。
もちろん自分の感覚だけの無謀な行動はいけないでしょうけれど。
基本的な知識があってのことですよね。
ナターシャ
2009/07/28 09:00
糖尿おじさんさん、おはようございます。

糖尿おじさんさんの、疑問もよく分かりますよ…。

主体的に糖質を摂るケースについて、本文でまとめてみます。

きっと、私自身の考えを整理するきっかけになるでしょう…。
sho
2009/07/28 10:19
ナターシャさん、おはようございます。

糖尿病管理の目的は、一病息災で健康的に人生を楽しむことです(笑)。

ヘモグロビンA1cという数値は、そのための目標なんですよね。

スポーツは、結果的に血糖値を下げるのですが、それ以前の問題としてパフォーマンスを重視したいんです。

筋トレのウェイトにしても、糖摂取やアミノ酸摂取で微妙に違うんですよね。

このあたりのこだわりが、スポーツとエクササイズの違いですかね(笑)。

最近は、血糖値を下げるだけでなく、コントロールするという意識でやってます。

勿論、落としどころは心得ています。

今回の議論では、私も得るところが沢山ありました。

後程、本文にしたいと思います。
sho
2009/07/28 10:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンシャイン&レインシャワー シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる