シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移

<<   作成日時 : 2009/06/06 07:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

昨日は、定期通院でした。

A1cは【6.4%】と、前月と同点でした。

また、中性脂肪【118】、LDL【120】と、主治医からは「100点ですね」…。

いつも、主治医から、「これ以上A1cを下げようとする必要はありませんよ」といわれます。

「人と競い合ったりするものではまりません。今、十分にコントロールできていますから、生活の質を落とすことがないようにしてください」と、いわれます。

私も、同じ考えです。

ところで、突発性難聴の件、報告しました。

「ステロイドは使わずに、ビタミンと神経の薬だけ飲みました」と報告したところ、「ステロイド…服用して構いませんよ!」と、意外な答えをいただきました。

「でも、ステロイドは、血糖値を上げませんか?」と尋ねると…皆さん、ここからが主治医の真骨頂です。

「確かに上がりますが、血糖値は2週間や1ヶ月、200でも300でも構わないんですよ。それは、何とかなります。しかし、突発性難聴では、ステロイドしか効果はありません。耳が聴こえなくなってしまったら、大変でしょう!まず、これを治さないと!」

まさしく、リスク管理の本質を、あらためて教えていただきました。

つまり、こういうことです…。

今、そこにある危機に、まず対処する!…ということです。

確かに、私も、考えました。

例えば、安静…。

仕事が忙しい…、休めない…、いろいろな思いがあります。
しかし、突発性難聴では、最初の2週間が治療の勝負なんですよね。

今後、一生のことが2週間にかかっているとなれば、おのずと答えは出ます。

さらに主治医は、「shoさんが治ったのは、自己治癒力でしょう…。ビタミンには、そんな効果はありませんよ(笑)」と。

早期発見・早期治療とともに、日ごろから自己免疫を高める意識を持つことが大切ですね。

これは、新しいインフルエンザの対策にもいえることです。

主治医の感想としても、この、突発性難聴は増えているという事です。
事実、クリニックに通う方で、この病気になった人が出始めているようです。

もはや、100万人に270人ではないようですね。

ある方は、即、入院してステロイド治療を受け、完治したそうです。
入院中は、インスリンを使っていたようです。

また、ある方は、治療開始が遅れ、いまだに障害があるということです。

皆さん、くれぐれも、方耳の詰まり感、耳鳴り、めまいなのどの症状がある場合は、一刻も早く耳鼻科を受診してください。

また、ステロイド治療も、聴力を取り戻すために必要であれば、躊躇することはないと、糖尿病専門医が太鼓判を押しています。

主治医は、「分からない時は、遠慮せずに電話ください」といってくれました。
主治医との連携は必要ですよね。

一つだけ…「腎臓に悪影響のある薬は…ちょっと問題がありますが…」ということです。

最後に、胃カメラと大腸カメラの癌・ポリープの検査を勧められました…。

全身麻酔で眠っている間に、胃と腸の検査を行い、さらに、ポリープがあれば、それも取ってしまうそうです。

主治医も、最近、ここで検査を受けてきたようで、「すごくいいドクターですよ」と、太鼓判でした。

料金を尋ねると…「保健が利きます」と…、「状況にもよりますが、3〜4万くらいですかね」・・・・・。

「それは、自己負担分が…ですよね」
「そうです」・・・・・。

3〜4万で、早期発見・早期治療ができれば、安いものなのですが・・・・・。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
運動面からもそれなりの糖質を摂取しつつ現状維持というのは、自分にあった糖質摂取量が読めてる、ということですよね!ブラボー!ですね、shoさん♪

専門外のことでもそうやって専門外でなくなってしまうM先生は本当に「主治医」ですね・・・羨ましいです。
チョイマルオヤジ
2009/06/06 14:23
臨機応変に優先順位を見極めるって事ですね♪
素晴らしい先生ですね。
そういう風に仰って頂けたら安心してステロイドも使えましたね^^
でも、自己治癒力で治せるのなら、薬は使わないに越した事は無いですね^^

いよいよ明日です。(ドキドキ)
今日は眠れるといいんですけど、緊張すると余計眠れません(爆)
miwaさんへのコメント読んでドキドキしちゃいましたw
安全ピンでも持ってくかな・・(ぇw
なるほど!
2009/06/06 14:33
↑またやっちゃいましたー@@
私ですw
naonao
2009/06/06 15:11
チョイマルオヤジさん、こんにちは。

運動を控えている今は、強めに糖質制限しています(笑)。

なんといっても、我々は糖尿であるということがスタートですから、主治医のように戦略がブレないのはありがたいですね。

優先順位がはっきりしてますから、分り易いです。

糖尿病の主治医というよりも、健康管理全般の主治医ですね。

どこかの国の総理のように、「私は最初からそんなことは言っていない」…なんていわないでしょう(笑)。
sho
2009/06/06 17:11
naonaoさん、大丈夫です。
分かりましたよ(笑)。

ステロイドの対する考え方は、頭の片隅に入れておいてくださいね。

勿論、役立つ時などこない方がいいのですが…。

今日は、一杯飲んで早く寝てください(笑)。

セミナー中、皆さんが居眠りしないよう…頑張ります(爆)?!
sho
2009/06/06 17:17
次回下腹部スキャンや胃カメラについて聞いてみようと思います。もちろんM先生で

胃や大腸の検査はした方がいいでしょうね。後でガンになったらすごい費用がかかりますから、これもリスクヘッジなのでしょうね。
みうパパ
2009/06/06 20:26
みうパパさん、こんばんは。

立派なパンフレット、くれますよ(笑)。

癌も、早期発見・早期治療ですからね。

安くないけど、価値はあると思います。

それにしても、健康にはコストがかかりますね。

当然の事ですが…。
sho
2009/06/06 21:01
改めて思いますけど
すごい主治医ですよね!
糖尿病もさておき内科医としても
絶対的な信用を置けますね。

イケメン先生が加わって
土日の診察ができてくれれば
もっと通いやすくなるんですけど。
切に願うばかりです。。。

明日は楽しみにしてます♪
おやすみなさい。。。
miwa
2009/06/06 23:25
miwaさん、おはようございます。

主治医は、間違いなく勉強してますね!

その上で、専門外については適切な紹介をしてくれます。

これも、並みの医者には出来ない事です。

糖尿病のコントロールを取り戻すきっかけをつくってくれた恩人であるとともに、まさに、「私のパーソナル・ドクター」だと感じています。

あとは、M医師のマインドとスキルを、後進に伝え、広めていただきたいと思います。

後程…お待ちしています。
sho
2009/06/07 06:49
おはようございます♪
今日は宜しくお願いしますね^^
M先生のお話も伺えたらな〜って思ってます。
では、後ほど^^
naonao
2009/06/07 07:54
naonaoさん、お気をつけてお出でください!

お待ちしています。
sho
2009/06/07 08:57
本日は(もう昨日になっちゃいましたが)ありがとうございました。
とても勉強になり、そしていろんな方のお話も聞けて、セミナーに参加して良かったなって思っています。
早速チューブを買いに行って、これからは筋トレ+ウォーキングで頑張りたいと思っています。
あ、事後報告になって申し訳ないですが、私のブログでshoさんのブログの紹介させて頂きました。
また機会があったら、セミナーに参加させて頂きますね!
せっちゃん
2009/06/08 00:23
おはようございます。
昨日のセミナーの状況はまだUpされていませんけど、成功だったようでなによりです。

じつは私も大腸内視鏡検査を受けた方が良いかもしれない、と考えています。
膵臓に良性の腫瘍をかかえていて、半年毎の検査で経過観察を行っています。ですから大腸もちょっと不安があります。
胃は昨年、胃カメラでチェックしていますんで、問題は無いです。
KK
2009/06/08 07:47
せちゃんさん、おはようございます。

昨日は、お疲れさまでした。

4時間弱のセミナーでしたが、あっという間だったという気がしています。

ブログリンクありがとうございます。

私もリンクさせていただきますね。
(naonaoさんのブログから、たどっていけますよね?!)

クロストレーニング!頑張って下さいね!

また何か分からないことがあれば、ご遠慮なく連絡をください。
sho
2009/06/08 08:17
モウん、おはようございます。

セミナーの様子は、後程、ブログにアップさせて頂きます。

大腸の検査については、主治医に紹介していたいた病院を、後程、メールします。

結構予約が混んでいるそうです。

それだけ、評判がいいという事なんでしょうね。

不安があるのであれば、なお更早めに実行したほうがいいと思います。
sho
2009/06/08 08:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる