シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 運動の禁忌

<<   作成日時 : 2009/06/04 13:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

今日、耳鼻科に行ってきました。

耳の詰まった感じもしませんし、ちゃんと聴こえているように思います。

そこで、再度、聴力検査をやってもらいました。

突発性難聴の治療の評価は、今のところ、この聴力検査しかありません。
つまり、聴力が戻っているかどうか…なのです。

結果は、8000Hz(kHz?)の超高音の音域以外は、正常値でした。
この8000というエリアは、日常の音域ではないので、問題はないそうです。

火曜日の検査時は、すべての音域が正常値を下回っていました。

医師からは、「良かったですねぇ。聴力戻ってますよ。このまま治らない方もいるんですよ。ステロイドも使わずに済んだし…」と。

当初、めまいや耳鳴りがなかった(音の反響はありましたが…)ことも幸いしました。

高圧酸素カプセルに関しては、「もう正常値に戻っているのですから、やる必要性はないでしょう」というのが医師の見解でした…。

しかし、まだ油断はできません。
1週間分のビタミンB16と、神経の薬を処方してもらいました。

もうしばらく、運動は禁忌です…。
絶対安静ではありませんが、おとなしくしています。

皆さん、ご心配をお掛けしましたが、一応、危機は脱した感じです。

帰りに、耳鼻科のすぐ近くの加圧スタジオ(北柏ラクーン)に寄ってきました。
私のパーソナルトレーナーは不在でしたが、今週は休むという伝言をお願いしたところ、別のトレーナーの方が、「突発性難聴…というお話し、3人目ですよ。今、増えているんですかね?40歳代の女性が多いと感じていました」と。

突発性難聴の発病率は、100万人に300人弱なんです。
それ程、珍しい病気なのですが…。

増えているのかも、知れませんね。

このブログを読んでいただいている方で、私と同じような症状があった場合は、何はさておいても、耳鼻科に駆けつけてください!

糖尿病は、突発性難聴のリスクファクターとなっています。

早期発見、早期治療が決定打です!

ところで、先日、MAMORUさんに、心疾患リスク自己評価法をお知らせすると約束しました。

下記となります。

(1)医師から心臓の状態について何らかの指摘を受けたことがありますか?

(2)医師から制限されている運動はありますか?

(3)運動時に、胸に痛みを感じますか?

(4)過去数ヶ月以内に、運動時以外に胸に痛みを感じたことはありますか?

(5)意識を失ったことはありますか。あるいは、めまいのためバランスを失ったことがありますか?

(6)身体活動の変化によって悪化するかもしれない関節や骨の障害がありますか?

(7)現在医師から血圧か心臓に関する薬を処方されていますか?

(8)妊娠していますか?

(9)インスリン依存性糖尿病にかかっていますか?

(10)69歳以上ですか?

(11)これ以外に、エクササイズを避けたい、身体活動を増やすべきでない理由がありますか?

上記の問題のいずれかが「はい」にあてはまる場合、エクササイズを始める前に医師と相談をしてください。

医師にエクササイズを行いたい旨を説明し、「はい」にあてはまる問題を告げてください。

すべての質問の答えが「いいえ」である場合(正直に答えていただくことが前提となります)、徐々にエクササイズのレベルを上げていくことができると考えて良いと判断されます。

上記の問題のいずれかの状態が「はい」にあてはまるような状態に変わった場合には、医師の指示を仰いでください。

以上が、主に心疾患に関するリスクヘッジですが、その他のも運動禁忌の条件があります。

糖尿病に関していえば、運動前の血糖値が【300】以上、尿中ケトンが陽性の場合は、【240】以上が運動禁忌となりますので、医師に相談する必要があります。

また、高血圧なども、場合によっては運動禁忌になりますので、医師に相談してください。

細かな運動の内容について知る医師も少ないと思いますが、運動禁忌の判断は医師にしかできません。

場合によっては、運動メニューを医師に見せた上で判断を仰ぐ…ということもあると思います。

運動の目的は健康です。

焦らず、慌てず、一歩づついきましょう!!











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
娘が耳の聞こえない状態が数年間あったので、あの頃の事を思うとどんなにか不安だったと思います。
幸い早くに改善されて本当に良かったですね^^
すぐに耳鼻科を受診されたのが良かったですね♪

チェックリストを見てドキッ!
5番と6番が該当します。
5番は迷走神経反射(VVR)のせいで貧血では無いです。6番はヘルニアですね。
5番は今でもたまにあるんですけど、予兆が分かるので無理をしなければ大丈夫です^^

何か色々ありますね・・
やっかいだなぁ・・
うぅ><
naonao
2009/06/04 15:42
naonaoさん、こんにちは。

お嬢さんも、さぞ不安だったと思います。

詰まった感じがするのは、聴こえてない(聴こえが悪い)時にそう感じるんだそうです。

あの耳の違和感は、ストレスになりますよ。

チェックリスト…YESがありましたか…。

できれば、具体的な運動メニューをお医者さんに示して、許可をいただいたほうがいいと思います。

残念ながら、運動について分かっていないドクターも多いのですが、今のところ、運動の許可は、ドクターしかできません。

私は、整形外科ならば、柏駅前に、レイソルのチームドクターをやっているクリニックがありますので、そこに行っています。

さすがに、運動には前向きで、私にはマッチしているようです。

良い医者情報も…共有しなければなりませんね…。
sho
2009/06/04 16:00
この場合の運動の許可は糖尿でかかってる内分泌科の先生がいいんでしょうか?整形外科?
整形外科は随分オサボリしちゃってますw
ちなみに私は県外なんですが、群馬の整形外科で広島カープのチームドクターをしている病院にかかってます。
(医療事故で新聞をにぎわした事もありますが。爆)

とりあえず絶対安静。
腹筋背筋は禁止。
後にウォーキングのみ許されてたという感じです。
またスポーツジムのインストラクターからは筋肉量が多すぎるから筋トレ禁止、有酸素運動のみにして下さいって言われましたw

腰の痛みから姿勢が悪くなり骨盤が歪み左右の足の長さが違ってしまったため左足首を痛め今整体で調整中です。
糖尿発覚前にある程度調整が済んでいてウォーキングだけは出来る状態にまでなっていたので幸いでした♪
糖尿発覚後、しばらく整体に行ってなかったんですが、今週から再開しました。
足首がまたずれはじめてたみたいです><
1年ほどびっこを引いてた事を思えば全然楽になってるんですけどね^^
やっかいな受講生ですみません><
無理せず着いていけたらいいなと思ってます^^
naonao
2009/06/04 17:31
naonaoさん、(5)の迷走神経系の問題は、神経調節性失神があるという事でしょうか?

これは、設備のある専門の病院で、2日入院して「ティルト試験」を受けなければ正確な診断はできません。
確定すると、薬が必要になります。
診断を受けたのであれば、その病院で、どの程度の運動が可能か、尋ねてみてください。

また、ヘルニア(腰)ですが、私は頚椎にヘルニアがあります。
とはいえ、今は自覚症状は全くありませんが、通院当時は、整形外科医の許可で、ある程度改善した後、運動を再開しました。

「痛くない範囲で…」ということでした。

また、体幹バランスがくるっている場合、それを整えるためのストレッチがありますので、整体と共に、こちらも有効だと思います。

ただし、腰への負担がゼロではありませんので、やはり、整形外科で確認を取る必要があると思います。

その際には、糖尿病管理の目的もあり、できるだけ運動を行いたいといえば、ドクターの理解も得やすいと思います。
sho
2009/06/04 18:06
追伸:≪またスポーツジムのインストラクターからは筋肉量が多すぎるから筋トレ禁止、有酸素運動のみにして下さい≫・・・これは、理解できません(笑)。
インストラクターは、何を言いたかったのでしょうか?
sho
2009/06/04 18:09
shoさん、詳しいですね^^
でも私その検査は受けてません。
小4の時に初めて皮膚科で失神して以来、採血、予防接種、献血、歯科や皮膚科の受診等で倒れ続け、ある日仕事帰りの電車のドアに寄りかかったまま失神してしまいドアが開いてホームに落ちて初めて脳外科を受診した次第です。車の免許を取っていいのか不安だったので。女性は出産を経験すると良くなりますよって言われたんですけど・・
去年息子の虫歯治療を見てたら失神しそうになりました。自分が痛くなくても見てるだけでもダメですねぇ・・
痛い事が苦手で痛い事をされるのが分かってる時に失神します。だからホントは血糖測定するのめっちゃ怖いです(爆)
でも倒れそうな時は予兆があるので何とか切り抜けられてます^^
必要を感じたらその検査をしてくれる病院を探してみますね^^

インストラクターが何を言いたかったかは分かりませんが・・ 筋肉量の分布?が分かる体重計に乗った所アスリート並みに筋肉がついているのでこれ以上筋肉はつけない方が良いと。
私自身ももうこれ以上筋肉要りません><
naonao
2009/06/04 20:46
naonaoさん、実は娘が神経調整性失神の疑いがあり、いろいろと調べたことがありました。

やはり、電車の中です。
その時は女房が一緒に乗っていたので、倒れる前に支え、事なきを得ました。

結局、その後、症状が出ないまま、確定診断には至りませんでした。

受診するなら、やはり、循環器の専門医が良さそうですね。

しかし、≪アスリート並みに筋肉がついているのでこれ以上筋肉はつけない方が良い≫は、やっぱり謎ですねぇ…(笑)。

筋は、使わなければどんどん落ちていきます。
これは、トレーナーなら誰でも知っている原理原則なんですけどね…。
sho
2009/06/05 05:08
ホームに落ちてしまっても自分は意識喪失中なので、気付いた時にはすごい人だかりで(汗)
どの位意識が無かったのか分からないんですけど、駅員さんが救急車を呼びに走っていく足が見えてました(爆)
必死で呼び止めてやめてもらったんですけどね^^;
お医者さんが言うには救急車を呼んで貰って発作時のデーターを残して欲しかったとの事でしたけど・・><
お嬢さん、心配ですね。発作はその時の一度だけですか?
出産時の母親の失神で赤ちゃんが亡くなる事故があるらしく、いずれ出産する時は産科医に症状を伝える様に言われそうしましたが・・
痛すぎて意識を失ってる暇もなく無事出産は終わりましたw

血糖値測定でもし失神する様な事があったら、しっかり検査して貰って何とか対処しようと思います!
色々ありがとうございます^^
naonao
2009/06/05 08:00
naonaoさん、本当に色々な病気がありますよね…。

幸い、娘はその後、同様の症状は出ませんでした。

その代わり、適応障害になり、混んだ電車に乗れず仕事の面も苦労しています。

最近は、随分、改善され、週に4日ほどですが、船橋にある保育園にパートとして勤めています。

全く、人の心と体は複雑です…。

sho
2009/06/05 08:24
コメントを読んでビックリしたんですが・・
実は私も地下鉄限定ですが、乗れなくなりました。電車で倒れたのは2度で、一度は歯科の帰りで地下鉄、一度は仕事帰り(ホームに落ちた時です)で地上を走る電車(言い方が変w)でした。
1駅ごとに降りて吐き気がおさまるのを待って電車に乗りまた乗れば吐き気に襲われるので通勤経路を遠回りでも地上を走る電車だけに変えて通勤しました。出産で退職するまでずっとでしたね。
失神する事と何か関係があるのかな?と思っちゃいました。
ホントにビックリしました@@
10年以上経ってから勇気を出して地下鉄に乗ってみましたが、その時は大丈夫でした^^
お嬢さん、まだお若いでしょうに、ご苦労されてるんですね・・
私も何とか治ったのでいつか治ると信じて頑張って欲しいです。
shoさんもお嬢さんの事心配ですね。
自分の事より子供の事の方が心配ですからね><

他の方がコメント出来なくなっちゃったかな^^;
これで終わりにしますね。
当日楽しみにしてますので、またその時にでも^^
naonao
2009/06/05 11:04
nanaoさん、こんばんは。

心と体は一体のものなんですよね…。

本当に、複雑系です。

しかし、基本はセルフ・コントロールだと思っています。

幸い、我が家では親子間のコミュニケーションが取れていますので、その意味では、私に不安はありません。

必ず、改善できると信じています。

二十歳の娘にとっては、人生これからですからね(笑)。
sho
2009/06/05 20:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
運動の禁忌 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる