シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 突発性難聴!!

<<   作成日時 : 2009/06/03 13:43   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

昨日、このブログを書きながら、突然、ある異常を感じました。

耳が詰まる感じ…です。

気圧が変わったときのような…、耳に水が入ってしまったときのような…。
自分の声が、何故か、響きます。

また、耳に入ってくる音が、反響してうなりを上げるようです。

一瞬、幻聴か?と思いました。

高圧酸素カプセルに入ったときにも、耳が詰まる、同じような感覚があるますが、この場合は、耳抜きをすれば治ります。

しかし、昨日は、何をやっても治りません。

夕方6時の時点で、まだ開いている耳鼻科がありましたので、行って来ました。
症状を自覚してから、3時間ほど経っています。

耳鼻科では、まず、聴力の検査をしました。

問題のある右耳から…。

看護士さんが、「何か聞こえたら、ボタンを押してください」…。

しかし、検査が始まっても、何も聞こえません!
検査の終わりごろに、いくつか聞く事ができました。

換わって左耳です。

最初から、色々な音が耳に飛び込んできます!

やっぱり、右耳は、あまり聞こえてないようです。

検査表を見ながら医師は、「左耳は正常ですが、右耳は、正常値を下回っていますね。突発性難聴でしょう」…!!

医学書を見せながら、突発性難聴を説明してくれました。

まさしく、その通りの症状と発病の状況です。

sho 「それで、どうしたらいいんですか?」

医師 「本当は、2週間入院ですが、可能ですか?」

sho 「不可能です!」

突発性難聴は、早期に治療を開始すること、2週間は安静にすることが治るかどうかのKEYになっているようです。
安静といっても、寝たきりの絶対安静ではないのですが、不要に運動などしないでくれ…といわれました。

ステロイドを使うようですが、私の場合は、ステロイドは血糖値を上げてしまいますので使えません。

当面、ビタミンB16剤と、神経系を活性化する薬を処方してもらいました。

通常、突発性難聴は、完治する確立1/3、現状維持1/3、聴こえなくなる1/3…のようです。

ただし、発病から48時間以内に治療を開始した場合は、完治の確立が40%まで上がるようです…。
私は、発症から3時間ですから(笑)。

初めて知ったのですが、糖尿病は、突発性難聴のリスクファクターになっています!

落とし穴でしたね…。

突発性難聴は、原因がよく分かっていない難病です。

その治療法も、試行錯誤のようです。

当面、厄介な問題を抱えてしまいました。

とりあえず、この2週間は運動禁忌(これがツライ…トホホ)。

早朝の作業も、今日はいきましたが、メンバーの協力をいただき、1週間〜10日は休むという同意も得ました。

治療法の中に、高圧酸素療法というのがあります。

幸い、加圧トレーニングジムに、高圧酸素カプセルがありますので、医師に相談の上、これもやろうと思います。

金曜日は、定期通院ですの、主治医に相談して、再度、耳鼻科を紹介していただき、再検査も考えています。

昨日は、右耳だけでは、テレビの音もほとんど聴き取れなかったのですが、今日は、聴こえます。
また、詰まった感じも軽減されてきました。

今のところ、めまいや耳鳴りはありません。

油断はできませんが…。

どうやら、糖尿病+突発性難聴になってしまったようです…。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
早期に治療が受けられてよかったですね。
常に体調管理を怠らないshoさんだからこそ、安易に様子を見るのではなく、早期発見早期治療になったのだと思います。どうぞ、無理をなさらず身体を休めて下さい。
何年か前、突然原因不明の顔面神経麻痺になり、まぶたの開閉ができない、涙が全く出ない、飲み物や食べ物が口の端からこぼれる、舌の麻痺もあったので食べ物がうまく飲み込めずむせる、発音がうまくできない等、顔の左半分が動かなくなってしまった経験があります。治療に処方されたのはステロイド注射と、人口涙液、寝るときに角膜を守る抗生物質の軟膏と閉じないまぶたを塞ぐためのサージカルテープ、それから完全休養でした。B12も摂っていたと思います。これでも女なので、麻痺が残るのを心配していましたが、早期に治療ができたおかげで3ヵ月後には回復し、後遺症はほとんどでませんでした。「一病息災」を実践していると、ちょっとした体調の変化にも敏感なので、とことん悪くなるってことがないのですよね。
今はがんばらずとにかく休んで下さい、お大事に!
fum
2009/06/03 16:50
fumさん、コメントありがとうございます。

fumさんも、色々とご苦労なさったんですね…。

それに比べると、今の私の状態など、どうってことはありません(笑)。

お陰さまで、今日は、聴こえます!

また、詰まり感もほとんど気にならなくなりました。

薬が効いたのかも知れませんが、やはり、養生を「意識」することが大切なんでしょうね。

病は「気」から…と、いいます。

まだ、どうなるか分かりませんので、しばらくはおとなしくしています(笑)。

今週末のセミナーは、バッチリ頑張りますよ(笑)。

現在、12名の参加をいただいております。
sho
2009/06/03 17:49
shoさん
この度はなんといったらよいのか。
しかし初期で気づくことができたのが
幸いでしたね。
運動禁忌はつらいでしょうが
暫くは我慢の子でいてください。



MAMORU
2009/06/03 19:13
MAMORUさん、コメントありがとうございます。

同じ病の方のブログを読むと、一旦よくなったかに見えて、数日後に劇症化する方もいます。

油断はできませんが、正直、今は、全く何でもありません。

普通の状態です。
本当に突発性難聴だったの?思えるくらいです。

やはり、再度、主治医から紹介を受け、セカンドオピニオンを求めた方が良いかも知れませんね。

とりあえず、しばらくはおとなしくして様子見です。
sho
2009/06/03 19:26
そろそろ仕事が落ち着いてきたKKです。
糖尿病はいろいろな種類の病気を引き起こすって言いますけど、突発性難聴を引き起こすというのは初めて聞きました。
shoさんにとって運動が禁忌ってのは辛いですね。早く病状が落ち着いて、運動が再開できると良いですね。
KK
2009/06/03 21:11
なんて事でしょう・・
糖尿って本当にやっかいですね><
少し聞こえる様になってきたとの事ですが、早期発見で即病院に行かれた事が良かったんでしょうね。
糖尿病のせいで難聴にまでなるとは・・
次回から行かれる耳鼻科の先生が良い先生だといいのですが・・(かなり医者不信なので^^;)
ゆっくり休んで下さいね。
日曜日も無理はなさらないで下さい。
naonao
2009/06/03 23:04
偶然ですね。
家の旦那さんも同じ病気で今入院しています。
高圧酸素に入って点滴もしています。
家は症状が出てから耳鼻科に行っていたのですが診断が遅れて1ヶ月以上してからの入院だったので治る確率は低いかもしれません。
やはり3分の1の確立とは言われました。
それでも良くなる可能性があるかと入院しました。
今日で1週間ですがあまり変わりないようです。
最初の耳鼻科の先生の診断がもっと早かったらまた違っていたのかもしれません。
shoさんは対応早かったようでその点は良かったですね。
一度良くなっても症状がまた出ることもあるようです。
家の旦那がそうでした。
前にもなったことがあってそのときは薬の服用だけでよくなったのです。
耳は命に関わらないけれどあなどれないですよね。
お大事にしてください。

ナターシャ
2009/06/03 23:09
症状も軽くなったようでよかったですね!

自分の体、把握してるからこその早期発見です!
でも難聴なんて守備範囲外です。
低血糖で耳の閉塞感を感じる事があったのですが、そんなことじゃないですよね〜

私も例の症状で今日、病院に行って薬を出してもらいました。まだ飲んでないのですが、なんだか安心して症状も軽くなってるような感じで、薬も飲まずお祝いって事で一杯やってます(笑)
miwa
2009/06/03 23:25
症状、軽くなってよかったですね〜!

とはいえ、僕もなのですが、やはり自営業で孤軍奮闘の場合、入院が廃業につながる場合もありますから、オチオチ入院してられないところが恐ろしいところですよね・・・。

早く、「じゃオレ入院するから、留守の間、よろしく頼むで!」って入院して、ゆっくりカラダのメンテナンスできるような立場になりたい!です(笑)
チョイマルオヤジ
2009/06/04 01:46
モウん、おはようございます。

この時代に、お仕事が忙しいのは結構なことです(笑)。

まさしく、運動禁忌が堪えますね。。。

再開後のトレーニングも、キツイだろうなぁ(汗)。

今は、糖質制限を強めて、血糖値の安定を図っています。

それでも、通常より少し高めですよ。
sho
2009/06/04 07:42
naonaoさん、おはようございます。

突発性難聴の原因は、よく分かっていないのですが、ウイルス説と毛細血管の詰まりなどが考えられています。

糖尿と免疫、血流は関連性が深いことから、突発性難聴のリスクファクターになっているようです。

いずれも、血糖コントロールによって、回避は可能な要素です。

しかし、本当の原因は分かっていないということなんですね。

7日のセミナーは、大丈夫です!!

柏でお待ちしています!
sho 
2009/06/04 07:49
ナターシャさん、おはようございます。

…そうだったんですか…。

突発性難聴は、兎に角、早めの対処と当初の安静が決めてのようです。

点滴もやっていらっしゃるということは、めまいや耳鳴りもあるのかも知れません。

ステロイドは服用しているのですか?
これも、副作用が気になります。

闘病、きついこともあると思いますが、頑張って…とお伝えください。

私は、今、何でもありません…。

詰まり感は、翌日の午前中までで、ほとんど解消しています。

今日、再度、病院にいってきます。
sho
2009/06/04 07:55
miwaさん、おはようございます。

まさに、青天の霹靂でした(苦笑)。

でも、このブログを読んでいただいている方は、少しでも方耳の詰まり感や耳鳴りなどがあった場合、仕事サボってでも、一刻も早く耳鼻科に行っていただきたいと思います。

miwaさんの場合は、黒糖焼酎がお薬ですからねぇ?!(笑)

どんな病も、やはり、「気」から…ですよ!

「気」というのは、単にポジティブな気持ちとか、自己管理という事だけでなく、もっと、腹の底から出てくるような…なんといいますか…エネルギーのようなものだと思います。

7日に、柏でお待ちしていますよ!

sho
2009/06/04 08:06
チョイマルオヤジさん、おはようございます。

全く、自営業は、フリーランスといえばカッコいいけど、因果な商売です(笑)。

入院といえば心配なことは…入院食!!

2週間も入院して、いわゆる病院の糖尿食を食べたら…コントロールが台無しですよね。

うかつに入院もできません。

現在の糖尿病治療の方針、これを改めていただくことが先決ですよね!

sho
2009/06/04 08:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
突発性難聴!! シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる