シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 本来の機能を取り戻すために…

<<   作成日時 : 2009/05/12 15:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

糖尿病管理のために運動する意味…それは、人が本来持っている機能を取り戻すためです。

現代社会は、人からさまざまな機能発揮の機会を奪ってきました。
即ち、文明の発達だったのですが、人の進化は文明の発達のスピードについていけなかったようです。

本体、人は、動かなければ生きていけなかったのです。

運動=スポーツではありません。

運動とは、生きていくための人本来の機能なのです。

腕の筋肉は何かを持ち上げあるいは投げる、足の筋肉は走ったり歩いたりするためにあります。

より重いものを持ち上げるのではなく、ご自身の体格や年齢に見合ったものを持ち上げることができるか…。
ご自身の年齢に見合った速度で走り、見合った距離を歩きとおすことができるのか…。

スポーツが苦手だから、運度が嫌いだという方も多いと思いますが、その意味では、スポーツが苦手であるとか、得意であるとかは関係ありません。

たとえスポーツが苦手であっても、人としての機能は、皆、同じです。

糖尿病管理の為の運動は、誰かと競い合うものではありません。
勝ち負けがあるわけでもありません。

また、辛い練習に耐える必要もないのです。

人として、本来持ってる機能を呼び覚まし、そして、少なくてもそれが必要な場合には、文明の利器に頼らず、一顧の人として自分自身で行動することができる「人」でありたいと思います。

ある意味、「生き方」なのかも知れませんね…。

例えば、地震等の災害に遭い、30数qを歩いて帰宅しなければならなくなったら…。

現代社会であっても、体を使い、生き抜かなければならない状況もあり得るでしょう。

糖尿病と診断された今も、体を使って生き抜かなければならない状況なのだとは考えられないでしょうか…。

機能を呼び覚ませば、間違いなく糖尿病は改善されます。
人の機能を退化させてはいけません。

そして、それこそが、一病息災という事なのだと思います。

できることから始める…そうありたいと思います。

体は正直です。

動かせば動かしたなりに、応えてくれます。

*******************************
本来の機能を取り戻すためには…こちら
*******************************












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本来の機能を取り戻すために… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる