シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS ごはんもケーキも、皆、同じ…

<<   作成日時 : 2009/05/20 11:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

甘いものとごはん…、これって、基本的には同じだという事…忘れないようにしましょう。

特に、カロリー制限を行っている方は、甘いものにたいいしては、かなりナーバスになっていながら、同じ糖質であるごはんに寛容な傾向があります。

血糖値を上げるという点においては、甘いものもごはんも変わりはありません。

カロリー制限こそ糖尿病管理の決め手と信じて、ジリジリと病状を悪化させている方は、後を絶ちません。

例えば、1日のカロリー制限が1,800kcalとして、その60%を糖質で摂るよう指示された場合、糖質のカロリーの割合は1,080kcalとなります。

糖質1gは4kcalですから、1,080kcalの糖質は270g!
一日3食として、一食あたり90gの糖質摂取となります。

それでは、この一食あたりの糖質を、ケーキと、それこそ「交換」したらどうなるのでしょう…。

ケーキバイキングの食べ放題状態ですよね…。

いちごのショートケーキ、チョコレートケーキ、モンブラン、これで推定89.6gです!

毎食、ケーキを3個食べ続けて(1日9個!)、どうやって血糖値をコントロールしろというのでしょうか…。

かりに、カロリー制限を指導する医師や栄養士に、ケーキや大福を食べていいか?と尋ねれば、「コントロールが良好であれば、たまにはいいでしょう…」と言うと思います。

しかし、彼らは、毎食3個のケーキを食べなさいと指導しているのに等しいのです。

ごはんには、タンパク質も含まれていますが、今、ここで問題になっているのは糖質です。
タンパク質も豊富だからごはんは構わないというのは、本末転倒です。

甘いものは、私も嫌いではありません。
甘いものを食べながら、焼酎を飲めますよ(笑)。

運動が前提ですが、私もたまには甘いものを楽しんでいます。
早朝作業では、4時から7時までの間に、50g〜60gの糖質を摂っています。

この糖質のほとんどが、甘いものです。

今日は、チョコチップメロンパン(糖質66.5g)!
勿論、一気には食べませんよ。
少しづつです(笑)。

1/3残しましたので、45g位の糖質です。
出かける前のバナナと合わせて、65g程度でしょうか。

それでも、帰宅後血糖は【112】と問題なしです。

女性は甘いものを我慢するのが難しいのかも知れませんが、これは、セロトニンの分泌が、男性に比べて少ないからだといわれています。

甘いものは、脳内ホルモンのセロトニンの分泌を促し、落ち着きを与えてくれます。

血糖値を管理したいのであれば、方法は三つしかありません。

そもそも血糖値を上げないように糖質を制限する。
運動量に見合った糖質の摂取にとどめる(糖質摂取量に見合った運動を行う)。
耐糖能に見合った糖質の摂取にとどめる。

この三つの組み合わせが、「自己管理型療法」の要です。

この三つの法則を駆使すれば、甘いものを食べられないわけではないのです。

それは、糖質が血糖値を上げるという事実を直視するからこそ、可能なことなのだと思います。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
運動を前提とすれば、食事の幅は格段に広がります。
詳しくは、こちら。

セミナーには、現在のところ8名の参加を頂いています。
お申し込み頂きました皆さん、ありがとうございます。

全力投球しますので、お楽しみに!

21日・22日には、地域新聞にチラシが入ります。

お申し込みは、お早めにお願い致します。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
制限、運動、耐糖能
私の場合、プラスして
摂取量(カーボ量)に併せてインスリンを投与する
とういう方法があります。
がしかし、必要最低限(遅効性炭水化物)以外を
無理に摂取しようとうは考えないですけど。
でもごくたまに、どうしようもなく
甘味が欲しくなったときの最終手段ということで。
MAMORU
2009/05/20 12:38
高校生の生物の授業などでは

■血糖量が下がってきた場合
アドレナリンやグルカゴン、糖質コルチコイドなどのホルモンが分泌されるということだったり、
■血糖量が上がった場合
ホルモンはインスリンが働き、血糖量が下がりますとか教わるようですが、

■いつ血糖値があがるのか
<血糖値が上がるのは食事をとった時など>
という簡単にしか言わないようですね・・
ケーキも白米も糖質、糖質を摂取すると血糖値が上がると教科書に明記さる日は来るでしょうか?(笑)
チョイマルオヤジ
2009/05/20 15:54
MAMORUさん、こんにちは。

そうですね…インスリンという手段もありますよね。

MAMORUさんは、インスリン投与量をできるだけ減らす努力をなさっています。

感心致します!

インスリンは、副作用はありませんが、長期的には、できるだけ少量でコントロールした方が良いですからね。

糖質の栄養素としての働きや血糖値が上がる仕組、また、下げる方法などを知ることで、血糖管理にも磨きがかかると思います。

お互いに頑張りましょう!

sho
2009/05/20 16:22
チャイマルオヤジさん、こんにちは。

医師でさえ、「血糖値を上げるのは炭水化物です」と言っておきながら、「糖尿病をコントロールするには、摂取カロリーを制限する必要があります」…などと、ピントのはずれたコメントをする時代です。

高校生のころから、きちんとした教育を望みたいのは山々ですが…、現実はきびしいでしょうね。

先日のテレビ報道によると、高校生の3人だか4人に一人が、生活習慣病の疑いがあるそうですよ…。

糖尿病は、ますます蔓延していきそうです…(涙)。
sho
2009/05/20 16:30
shoさん、こんにちは(^^)/
6月7日の当日、家は遠いので、柏駅の近くでランチしようと考えています。
糖尿人によさそうなところがありますでしょうか。集まったら、すぐ運動しますか。もしすぐ運動するようでしたら、ランチにはスパゲティーとか、普段あまり普通に食べないものを食べたいなと思っています><;;
hui
2009/05/21 15:12
huiさん、こんにちは。

セミナー参加、ありがとうございます。

現在、9名の参加をいただいています。
圧倒的に女性が多いです(笑)。

当日は、合間合間に気分転換を兼ねて、運動の方法やフォームなどのレクチャーを予定しています。

食後血糖を下げるほどの運動量にはならないと思います(笑)。

柏駅周辺は、それこそ何でもありますが、糖質制限ということでは、特にお勧めの店はありません。

私は、そごうの8階(9階だったかな?)のファミレスを利用したりしています。

つくばエクスプレスの「柏の葉キャンパス駅」の「ららぽーと」内には、お勧めの店がありますよ。

バイキング形式の店で、ランチは1,600円くらいです。

後程、DMにて情報お知らせしますね。
sho
2009/05/21 15:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
ごはんもケーキも、皆、同じ… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる