シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS パーソナル・フィットネス・トレーナーの資格取得!

<<   作成日時 : 2009/03/02 17:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 17

昨年夏から、ある思いをもって取り組んできたことがあります。

運動やトレーニングが好き。
実際に、バレーボールの指導や、体育指導委員としてニュースポーツなどの指導も行っていますが、私には、何の裏づけもありませんでした。

そこで、トレーナーの資格を取得しようと考えたのです。

たどり着いたのが、NESTAという団体が認定している、「パーソナル・フィットネス・トレーナー」(PFT)という資格です。

画像

http://nesta-gfj.com/

教材を取り寄せ、自学自習を始めたのが、昨年の8月です。

試験前には、事前講習を受け、合計24時間の講習も受けました。

そして、これまで、3回受験し、3度目の正直でついに合格しました!

試験は、アメリカの第三者機関により採点されます。

この認定資格は、アメリカにあるNESTA本部から発行されるもので、全世界共通なのだそうです。
アメリカでも、中国でも、日本でも…NESTA公認のPFTを名乗れます(笑)。

これが、やっと届いた認定書です…。

画像


私が、パーソナルトレーナーの資格を取ろうと思ったもう一つの動機が、やはり、糖尿病をはじめとした生活習慣病の運動と食事管理の必要性、重要性です。

医師であれ、栄養士であれ、個人にカスタマイズして指導ができるとは思いませんでした。
医師も、栄養士も、多くの場合、運動に対する知識が十分だとは思えません。

また、運動については詳しい、多くの若いトレーナーは、内科的疾病や、特に我々糖尿病患者の食事や栄養に関する知識に乏しく、自分自身の運動や食事の指導を任せられないと、私自身が感じていたのです。

また、フィットネス・トレーナーといえば若い方の職業のように、私にも思えるのですが、若い方では中高年の手本にはなりません。

まず、わが身をもって糖尿病を管理し、多くの中高年の方のお手本になろうと思います。
それは、私自身にとっても、プラスになります。

その上で、科学的知識に基づいて、「特別な集団」を中心に、運動と食事の指導を行っていこうと思います。
トレーナーの世界では、我々のように糖尿病や生活習慣病のクライアントを、「特別な集団」と呼んでいます。

私にとっては、決して特別な集団ではなく、これが日常的で当たり前の集団なのです。

ダイエットや体力強化を得意とするトレーナーは、数多く存在しますが、糖尿病の管理に特化したトレーナーは、そうはいないと思います。

糖尿病の管理=健康だと思います。

私は、その健康への架け橋になろうと思っています。

幸い、私は自営業者…いわゆるフリーランスの人間です。

現在の農業関連の仕事だけでなく、パーソナル・フィットネス・トレーナーも仕事の多角化の一環として取り入れていくつもりです。

55歳のスタートですが、あの伊能忠敬も、55歳から日本中を歩き、地図の作成を始めました。
ボストンコンサルティングの堀氏も、55歳から新たに会社を起こしています。

私自身、中高年のトレーナーだからこそ、できることがあるはずだと考えています。

これから、提供できるサービスにつて詳細を詰めていこうと思いますが、パーソナル・トレーニングだけでなく、数名単位での運動と食事の実践を勉強する「ワークショップ」、メールによる「評価」と、運動と食事の処方箋の作成、メールによる「チューターサポート」、講演などを考えています。

今後は、このブログも、私自身のトレーナーとしての成長(あるいは挫折)を綴っていくことになると思います。

このブログを読んでいただいている皆様には、どうか、ご指導ご鞭撻賜りますよう、お願い申し上げます。

今後とも、宜しくお願い致します。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
合格おめでとうございます。

1回目の試験の前日に一緒に飲んでいたので、私にとても気になっていました。

やっとSCROの始まりですね。
みうパパ
2009/03/02 17:48
みうパパさん、ありがとうございます!

三度目の正直でしたね。

合格率30%といわれていますので、確立どおりでした(笑)。

これから、ボチボチやっていきます。

宜しくお願いしますね!
sho
2009/03/02 18:58
トレーナー資格試験合格おめでとうございます。
55歳で合格は凄いです。人間その気になればやれる、という見本ですね。
KK
2009/03/02 19:46
KKさん、ありがとうございます。

遅きに失した感がないでもありませんが、パーソナルトレーナーという仕事は、日本においてはここ10年くらいのものです。

生涯現役で、どこまでやれるのか…自分自身への挑戦でもあります。

これからも、宜しくお願い致します!
sho
2009/03/02 20:23
合格おめでとうございます
ほんとうにshoさんには
頭がさがります。
私も自分が病気になったことで
イロイロと思うところがあります。
いずれ今までの経験を生かして
同じ病気の方のお手伝いが出来ればと
考えるようになりました。
shoさんのような事は出来ないと思いますが
いずれ何かするつもりでいます。
さゆり
2009/03/02 20:48
こんばんは!ブログ休止中のチョイマルです!

会社が忙しく、大袈裟に言うと新規事業のプロジェクトにかかりきりになってまして、不義理続きでスイマセンです。

それにしてもやりましたね!
これまでも大変説得力に富んだshoさんのお言葉が、更に説得力が増すこと間違いなし!ですね♪

おめでとうございます!
チョイマルオヤジ
2009/03/02 23:45
おめでとうございます。
そんな方に部分痩せをご指導頂けたとは・・・!
shoさんの目指すもの実現して下さい。陰ながら応援しています。
私は「患者の会」の類に所属するのを好みません。
病気を受け入れていないことと、性格の問題だと思っていますが
病気に関しては興味の赴くままに
少しずつですが勉強はしている「つもり」(苦笑)
どこにも属したくない性分でかつ
情報を仕入れる術のない層が
一番コントロール的には恵まれないのではないかしら?
そういう方のきっかけになる働きができたら
素晴らしいな〜と思います。
knacke
2009/03/03 08:19
合格おめでとうございます。
私も今の仕事は45歳から養成コースに通い始めて資格を取るのに3年程かかりました。
若い人には見えないものが見えるという利点があります。
55歳はまだ若いですよ!
更に前進なさる事を期待します。
ナターシャ
2009/03/03 08:21
さゆりさん、ありがとうございます。

やはり、社会に貢献したいという思いがありますよね。

自分が本当にやりたいと思うことに、全力投球していきたいと思います。

さゆりさんも、何かがきっと見えてくると思いますよ!

お互いに、頑張りましょう!
sho
2009/03/03 10:51
チャイマルオヤジさん、ありがとうございます。

お忙しそうですね…。
男は、まず仕事です!

資格は取りましたが、さらに勉強は続きます。
頑張りたいと思います。

ところで、今月の大阪出張、楽しみにしてますよ。
お忙しいと思いますが、是非、付き合ってくださいね!
sho
2009/03/03 10:54
knackeさん、ありがとうございます。

私自身、どのような方向に行くのか…分からない部分もあるのですが、まずは、素直に思いのまま動いてみようと追っています。

「患者の会」は、微妙ですが、「糖尿飲み仲間」という不思議な「会」は、楽しいですよ(笑)。

糖尿病のコントロールは、飽きずにやるしかありませんよね。

これからも、お互いに情報を交換しあって、頑張っていきましょう!
sho
2009/03/03 11:01
ナターシャさん、ありがとうございます。

>若い人には見えないものが見えるという利点>があります。

そうですね!
その通りです。

私も、まだまだ頑張ります。

ナターシャさんを見習って、研鑽を重ねていこうと思います。

これからも、宜しくお願いします!


sho
2009/03/03 11:05
おめでとうございます。すごい努力をなさったのですね。トレーナーさんには本当にお世話になってますし、尊敬してます。ましてやゆ〜ゆも年配の方のほうが安心です。これからも頑張って下さい。ゆ〜ゆも頑張ります。
ゆ〜ゆ
2009/03/03 11:58
ゆ〜ゆさん、ありがとうございます。

ゆ〜ゆさんも、ジムのトレーニング頑張ってくださいね。

パーソナル・トレーナーがついているので、モチベーションも維持できると思います。

私も、頑張ります。
sho
2009/03/03 13:52
パーソナル・フィットネス・トレーナー合格おめでとうございます。
中高年だからこそ、糖尿病のコントロールに実践で取り組んでいるからこそできるトレーニング。。。本当に素晴らしいです。
伊能忠敬のように全国制覇できるお仕事ですね。
私、生徒になりたいです。(^^♪
ひとまる
2009/03/03 23:09
ひとまるさん、ありがとうございます。

是非、第一号のクライアントになってください(笑)。

私は、糖尿病の管理という目線で、運動や食事を管理することが大切だと考えています。

このあたりは、やはり健常人とは違うんですよね。

その上で、目指すのは「健康」です。

全国制覇は、関連の商業出版を果たした時ですね。

夢を持って、頑張ります!
sho
2009/03/04 11:02
初めまして。
パーソナルトレーナーのことを色々と調べていましたところ、こちらへたどり着きました。

shoさんはNESTAに対して、“たどり着いた”と表現しておりますが、これは色々とお調べになった上で“NESTAがいい”と判断したということでしょうか。

もしよろしければ、他のパーソナルトレーニング団体との違いなど教えていただければと思います。

何卒、よろしくお願いいたします。
トレーナーを目指そうと考えています
2012/05/24 08:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
パーソナル・フィットネス・トレーナーの資格取得! シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる