シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移

<<   作成日時 : 2009/02/09 08:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

先週金曜日は、2月の定期通院でした。

このところ、早朝空腹時血糖のアベレージは、確実に10ポイント下がり【120】台。
それだけ、インスリンの基礎分泌が改善されたということになります。

期待を持って臨んだ検査結果でしたが、残念ながら【6.8%】と、0.3ポイント上がってしまいました。

主治医からは、2時間後は問題なくても、1時間後に200を超えている可能性を指摘されましたが、それはないと思います。

私のインスリンは、たった1時間で40も50も血糖値を下げるパワーはありません。

ただし、食後ジョキングするつもりで、自分の許容範囲を超える糖質を摂ることはありますが、その場合も血糖アベレージへの影響は微小だと考えています。

ジョキング後は、血糖値はほとんど正常化し、その後も大幅にリバウンドして高血糖になることはありません。

全く、A1cも、一筋縄でいきませんね(笑)。

1月の尿検査の結果も受け取りましたが、こちらは全く問題なしでした。

尿アルブミンが【5.0】
尿蛋白【−】
尿糖【−】←これは意味なし!ですね。

γ-GTPは【37】
中性脂肪【77】
LDLコレステロールは【146】とやや高めでした。

我々は、A1cの0.1%にこだわりますが、実はこの数値にも誤差があります。

昨年の6月6日の検査時が【6.7%】。
その4日後、聖路加で別件検査があり、そのときの数値が【6.9%】。
たった4日で、0.2%もアベレージがあがることもないでしょう…。

主治医からは、「A1cは、ある意味、あまり気にしなくて良い。合併症を抑えることが糖尿病管理の目的なのだから、今のところ全く問題はありません」と言われました。

この定期通院の前に、歌舞伎座裏の眼科(主治医の紹介です)で、2年ぶりの眼底検査を受けれきましたが、これも全く問題はありませんでした。

眼科医からは、「6%台であれば、心配はいりませんが、念のために、1年に一回くらいは検査を受けてください」と言われました。

私もそのつもりで、自分の誕生日に合わせて、毎年、眼底検査をやろうと思います。

実は、その検査の前日に、また一つ、歳を重ねてしまいました。

これからは、加齢とも戦わなければなりません(笑)。

目的と目標。

これを、はっきりと見据えなければならないと思います。

私の、「セルフ・コントロール・ラリー」の目的は、【健康】です。

そのための【目標】が、A1cという数値であり、その他の検査結果なのだと考えています。

目的を達成するための目標を立て、その目標を達成するための具体的方法を考え、そして、目標が達成できるまで実行を中止しない。

このプロセスこそ、セルフ・コントロールの本質です。

また、気持も新たに、取り組んでいきたいと思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
月に1回のA1cよりも、日々の血糖コントロールが自己管理型治療法の基本ということですね。

とはいっても自分の数値に気にならない人はいませんけどね。
みうパパ
2009/02/09 08:45
みうパパさん、おはようございます。

その通りですね。

数値に振り回されることなく、自分の方向性を見据えていきたいと思います。

しかし、A1cの改善の目標は目標ですから、達成に向けて、また頑張っていきます。

お互いに、頑張りましょう!
sho
2009/02/09 09:05
私見ですが。
shoさんの場合、仕事の関係で朝食時間が一定でないですよね。
私の場合2時間食事がずれるだけでも3〜4日血糖値が不安定になります。(一食飛ばすと7〜10日)
血液検査の日も朝食は摂ります。(主治医も同意見)
この当たりにヘモグロビンA1cが下がらない原因があるように思えますが。(検証してみて下さい)
規則正しい食事時間や睡眠時間も大切です。
頑張っておられるのにね。
(ヘモグロビンA1c6.8% = 149.46mg/dL)
早くヘモグロビンA1c5.8%以下になることを祈ります。
モンチ
2009/02/09 10:27
モンチさん、おはようございます。

確かに、朝食は1時間くらいの範囲でずれてしまいます。

私は、インスリンが遅れて出るようですので、その朝食後から、昼食前までの血糖値が160〜150前後。
昼食後から夕方までが、140〜120前後だと思います。

夕方から夜間(寝ている間も)は、130〜110と、ここが一番低い時間帯です。

このように、日中、特に午前中の血糖値の影響があるのかも知れませんね。

改善の方法を考えてみます。
sho
2009/02/09 10:48
20年前までは空腹時血糖値至上主義、今はヘモグロビンA1c至上主義ですが、いずれ血糖値の継続モニタリングが一般的になってくると、別の指標が登場するんじゃないかと思っています。

A1cも7%以上は網膜症、腎症の予防が中心になってきますが、6%台以下は脳梗塞や心筋梗塞の予防に重点が置かれるべきです。となると、注意すべきはA1cではなく、食後高血糖なんですけどね。
カステーラ
2009/02/09 17:34
カステーラさん、こんばんは。

血糖値の継続モニタリング…欲しいですね…。

6%台では、大血管障害ですか…。

リスクを減らすためにも、高血圧やコレステロール、中性脂肪への注意が必要ですね。

動脈硬化のリスクを減らさなければなりません。

脳ドックや血管評価の検査もありますが、正直、どこまでやればいいのか…迷いがあります。

しかし、おっしゃる通り、食後2時間の管理が、当面の最優先課題ですよね。



sho
2009/02/09 19:35
HAPPY BIRTHDAY ☆
水臭いじゃないですかぁ〜♪
誕生日は年イチの特別なイベントです。
祝いましょ☆

人間ドックも時には必要ですかね
「安心」も必要ですからね。

shoさんは運動も楽しくできているし
食事も安心して奥様に任せているし、
苦も無くこなしていると思いますが♪
うらやましいですよ。
miwa
2009/02/09 22:18
miwaさん、おはようございます。

その日の夜に、「あっ、そういえばお父さん誕生日だったね…」と、娘から誕生カードを貰いました…。
唯一のお祝いでした…。

誕生日も55回目になると、逆にカウントダウンのような気がしてしまいます(笑)。

「健康」という目的に向かって、年齢に負けずに頑張ります!
sho
2009/02/10 10:32
> 6.7%、その4日後、6.9%。たった4日で、0.2%もアベレージがあがることもないでしょう…。

たった4日で0.2%は、確かにおかしいですね。糖尿病にとって一番重要なA1cの計測がこれでは、大変困りますよね。

私も1ヶ月で0.5%も上昇してしまい、少し悩みましたが、そんなにビビらないことにします。
糖尿おじさん
2009/02/12 15:16
糖尿おじさんさん、こんばんは。

A1c、結構、誤差があるみたいですよ。

また、アベレージと割り切ってしまえるほど、単純ではないようです。

我々は、0.1%に一喜一憂しているというのに…。

特に、下げる0.1%に比べて、上げる0.1なんて、あっという間ですからね。

糖尿おじさんは、5%台。

大丈夫ですよ。

全く健常人です。

私も、頑張らなくっちゃ。
sho
2009/02/12 20:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる