シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 血糖、ほとんど変化なし…

<<   作成日時 : 2009/02/27 14:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は、加圧トレーニングでした。

先日も記事にしましたが、加圧トレーニングのようなレジスタンス・トレーニングで、血糖値が上がるのか下がるのか…。
また、トレーニング後に行っている有酸素運動によって下がっているのか…、検証してみようと、少し詳細に血糖測定してみました。

私の仮説では、運動ストレスによるアドレナリンが関係しているのではないかと考えています。

運動生理学的には、筋グリコーゲンはエネルギー源として分解され、一方、血中グルコースは、GULT4とインスリンの働きによって筋に取り込まれる好循環となりますので、血糖値は下がるはずです。

運動前の血糖値が低過ぎる場合は、低血糖を警戒した肝臓からの糖放出があり、逆に上がってしまうことがあるかも知れません。

実感としては、レジスタンストレーニングよりも、有酸素運動の方が血糖値が下がると思いますが、これは、運動継続の時間に関係すると思います。

筋トレは、せいぜい頑張って30分くらいしかできません。
勿論、インタバルを沢山取れば、延々とできるでしょうが…適正なインタバルでは、私の場合、その程度です。

昨日、トレーニングに行く前【129】。
これは、昼食後2.5時間になります。

アミノ酸を摂り、加圧スタジオで再度計測、【120】でした。
このままトレーニングを開始すると、逆に上がってしまう可能性があると考え、一口チョコ2個を摂りました。
糖質量は、10g未満だと思います。

【150】ほどまで血糖値を上げるファクターです。

その後、約30分間の加圧トレーニング。

やはり、「きつい」と感じますので、運動ストレスはない事はないなと思います。

トレーニング終了後、【116】。
下がってます。

その後、アミノ酸を追加摂取して、エアロバイク17分。
運動終了後、【121】。
少し上がっていますが、測定誤差を考えると微妙な数値です。

帰宅後測定、【122】。
これは、エアロバイク終了後の測定から、約25分後です。

ほとんど、変わっていません。

結局、何のことは無く、運動前後、ほとんど変化はありませんでした…。

「きつい」とは思いますが、トレーニングそのものは毎週行っているものであり、ことさら非日常的なできごとではありません。

私の仮説からすれば、アドレナリンはそれ程分泌されていないということでしょう…。

夕食は、かつおたたき、茄子とピーマンの炒め物、キムチ、チーズ、赤ワインA、焼酎ロックA。

食後2時間が、【119】と、ほとんど上がっていません。

それはそうですよね…。

糖質を、ほとんど摂っていませんから…。

入浴後、りんごを1/4。
これも、楽しみの一つです。

本日の早朝、【115】。

8日連続で、【120未満】です。

この調子です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もう少しで努力が報われる時代がきます^^
僕もその期待で 毎日飲みまくってますが・・・
先生曰く肝臓丈夫だからもっと飲みなよとのことなのでw
たかし
2009/02/28 02:19
たかしさん、おはようございます。

>努力が報われる時代…

そうですね。
きっと、そうです。

私も、肝臓は丈夫なようですから、結構飲んでます(笑)。

楽しいと思える自己管理を目指して、お互い、地道にやっていきましょう。
sho
2009/02/28 10:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
血糖、ほとんど変化なし… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる