シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 自覚すること…

<<   作成日時 : 2009/01/14 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

例えば、どこかが痛い場合、どこがどのように痛いのか…それを自覚する必要があります。

自覚ができないと、病院で医者に説明できません(笑)。

私の女房などは、「腰が痛い」といいながら、どの辺がどのように痛いのか…「よく分からない…」と、いいます。

腰椎からくる腰痛なのか、腰の筋肉痛やコリなのか、神経系の痛みなのか、そのどちらでもない痛みなのか…。
自覚は、問題点の早期発見と解決を手助けしてくれると思います。

そのようにはっきりとした症状でなくても、なんとなく調子がよくないとか、だるいとか、自覚することも大切だと思います。

逆説的ですが、自分の身体の自覚症状に、「私情や感情を挟まない」ということが大事ではないでしょうか。
「多分、大丈夫だろう」という楽観、過剰な心配は、かえって悪い結果を招きかねません。

自覚とは、「感じるチカラ」だと思います。

私の場合は、現在、左肩と右の僧房筋に痛みがあります。
左肩は、五十肩に近いもの。
右は、筋肉痛ではなく、若干、筋組織を痛めていると自覚しています。
先週の、バレーの練習の時に痛めてしまったようです。

今のところ、医者にはかかる予定はありませんが、もしも整形外科に行けば、ちゃんと説明できます…(笑)。

勿論、自分の感覚だけに頼っていると、時として判断を間違えることがあります。

やはり、数値やデータの裏づけも必要ですね。
また、診断は医者がくだすものです(その診断に、異議が全くないとはいいきれませんが…)。

運動に際しても、運動の強度を自覚する必要があります。

きついのか、楽なのか、根性論は別として、正しく自覚する必要があります。

きっとこれは、常に意識を持つことで、正しく判断できるようになると思います。

その際に、便利な尺度があります。

【ボルグスケール/6〜20】です。
画像


13番の、「ややきつい」レベルの運動が、最適な有酸素運動になります。

ところで、このスケールが、何故6から始まり、20なのか…?
これには、理由があります。

例えば、13番の「ややきつい」ですが、13×10=130となります。
この130が、おおよその心拍数を表しているのです!

9番の「かなり楽」では、心拍数を90と仮定していますので、かなり楽です…。

15番では、150となりますので、きついはずです。

しかし、これはかなり大まかな設定です。

実際に、ご自分の有酸素運動時の最適心拍数を決めるのであれば、キチンと計算して導き出す必要があります。

以前にも紹介しましたが、以下が「カルボーネン法」という設定方法です。

(220-年齢)-安静時心拍数×運動強度+安静時心拍数=目標心拍数

私の場合にあてはめてみます。

220-54歳=166
166-70(安静時心拍)=96
96×0.7(運動強度)=67
67+70=138(目標心拍)

この場合の、70%の運動強度は、エアロビックトレーニングの上級者向けの下限(上限85%)になります。
自覚的強度(ボルグスケール)でいえば、「ややきつい」(13番)にあたりますので、目標心拍の計算値と、ある程度、整合性がありますね。

運動強度は、中程度であれば50%〜70%未満。
軽い運動では、40〜49%を目安に計算してみてください。

お互いに、大いに自覚しながら、体調の管理を図りましょう。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自覚すること… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる