シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬ごもり準備か?体脂肪増加!

<<   作成日時 : 2008/11/05 16:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

このところ、体脂肪が増えてしまいました。

いつもの定点計測で、13〜14%台なのです。
約2%程度、高めです。

体重は変わりませんし、運動量が減っているわけでもありません。

おそらく、体内の水分濃度が季節の移ろいとともに変わったことが大きいと思います。

つまり、冬ごもりの準備です?!

市販されている体組成計は、体脂肪を「生体インピーダンス法」という方法で計測しています。

この方法は、短時間で簡単に計測できるのがメリットなのですが、体内の水分に大いに影響されるという短所があります。

また、筋量の多い人は高めに、脂肪量の多い人は低めに出る傾向があります。

血糖値の簡易測定器と同じように、誤差があるんですね。
あくまでも目安ということでしょうか。

冬ごもりといえば、私は、寒くなると身体の動きが悪くなってしまいます。

関節の可動範囲が狭くなったり、腰が痛くなったり…。

今も、左肩に少し痛みがあります。
伸ばすときには、注意が必要で、バレーボールの時には、特に入念に肩のアップをしています。

5年ほど前、右肩を痛め、リハビリに1年半を要しました。

この時は、中学の女子バレー部(娘も所属していました)の外部コーチをやっており、アップ無しでいきなりアタックを打ったことが原因でした。

しばらくは、痛みを我慢しながら続けていたのですが、やがて五十肩を併発し、寝返りもうてないほどの痛みになってしまいました。

今回の左肩、そうならないように注意が必要です。
寒さは、いろいろな不都合をもたらしますよね。

私は、やっぱり熱い(暑い)夏が好きですね!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いきなりアタックですか?
そういうの危険ですね。
関節回すだけでも違うようです。
私が教わった順番はまず足首を立って回します。
膝、股関節、腰にも動きが伝わるように回します。
次は首、肩回し、胴体の捻り(手をつけて)、腰のターン、膝回しというようにやります。
ヨガはランニングはしないのでスクワット、四股立ちをする中で体を暖めていきます。
先日記事にした四股で上体を回転する物は脇が柔軟になります。
私は以前肩が痛かった時これをやって痛みが解消しました。
脇と肩関連あるようですよ。

寒くなってくるとチョコや穀類(かぼちゃとか栗)
が食べたくなるんですがやっぱり冬の準備、体がしようとしてるんですね。



ナターシャ
2008/11/05 21:09
ナターシャさん、おはようございます。

そうなんです…。
遅れて練習に行き、いきなりアタック!
しかも、寒い時期…。
うかつでした。

今は、上半身⇒腰⇒下半身とアップしています。

その後に、腕立てを30回くらいやると、身体が温まります。

昨日は、「スロトレ」風に、ゆっくりと10回、腕立て(膝はついていません)やりましたが、これは効きますね。

そちらと比べれば柏は温いのですから、文句はいってられません。

寒さに負けずに、頑張ります!
sho
2008/11/06 09:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬ごもり準備か?体脂肪増加! シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる