シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりに、夕食後2時間【200】超…

<<   作成日時 : 2008/11/24 16:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

一昨日のことです。

久しぶりに、食後1時間半の値が【211】と大台を超えてしまいました…。

その日は、終日外出していたのですが、朝食はいつも通り、昼食は「すかいらーく」だったのですが、食前に測定してみたところ【102】と、順調でした。

「すかいらーく」では、ワカメのコンソメスープ、豆腐の和風サラダと、ビーフシチューハンバーグを食べました。

ファミレスは、本当に助かります。

しかし、メニューはカロリーだけでなく糖質量合わせて表示して欲しいですね。

その後、間食なしで8時過ぎに帰宅し、食前に計測したところ【118】と、これもまた低め安定で安心して夕食を食べたのです。

さつま揚げ、冷奴、クリームシチュー、カブと胡瓜の糠漬け、赤ワイン2杯、スタイルフリー350ml@です。
1時間半後が【211】!

さつま揚げ、クリームシチューのコーン、人参、少量のジャガイモ、赤ワインと、糖質は摂ったことは摂ったのですが…、+93も上がるか?!

勿論、その後運動する元気はなく…、ゆっくり風呂に浸かり、そうそうに寝ました。

翌日朝は、【152】と、やや高め。

今月は、このように【150】から【160】という値が、週に1回くらいあります。
だからといって、一昨日のように前日夜に【200】超はないのですが…。

仕方ないですね。

昨日も、終日外出。
昼食は「サイゼリア」で、ガーデンサラダ、一口ステーキ、コーヒーでした。

夕方、5:20に計測しましたが、【156】と、随時血糖としては高めでした。
もしかすると、昼食後は思いの他高かったまも知れません。

一口ステーキについてくるコーンや、ジャガイモも半分頂きました。
また、ネギの微塵切りがたっぷり乗せてありますので、これも糖質あり…です。

サラダのドレッシングは、イタリアンでしたので、それ程ではないかと思います。

やはり、糖質表示がメニューに欲しいですね。

昨日の夜は、ソフトバレーの後、皆で「大京」で軽く飲酒、食事だったのですが、大根サラダの青しそドレッシングが、思いっきり甘くて食べられませんでした。

皆が、寿司をつまんでいるのを横目で見ながら、私は、イカの一夜干しやアサリの酒蒸し。
グラスビール1杯と、焼酎の小ボトル1本と、いつものペースでした。

本日の朝、【133】。

今日も忙しく、血糖計測は、朝のこの1回だけです。

午前中は、町会のグラウンドゴルフ大会の取りまとめ、体育指導委員としての仕事(ボランティア)でした。
昼に行事を追え、町会会館で缶ビールを2本、おからコロッケを半分ほど食べ、自宅に戻ってから、タイカレー、冷奴、キャベツとブロッコリーのサラダを食べました。

丁度ドレッシングを切らしてしまい、オリーブオイルにバルサミコ酢を少々、塩胡椒で味を調えて使いました。
これ…なかなかいけます!

アベレージは、第1週【121】、第2週【137】、第3週【138】と、まあまあです…。

本月も、あと7日。

来月5日の定期通院を目標に、頑張ります!

もうすぐ師走。

早いですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
200越は何が原因だったのでしょうか?
クリームシチューですかね?
こんなに気を使ってるのに
200を見ると結構凹みますよね。
どんまい!
miwa
2008/11/24 22:16
miwaさん、おはようございます。

さつま揚げは、チョッと甘口で怪しかったですね…。

クリームシチューは、よく食べますが、いつもはそれ程上げ要因にはならないと思います。

糖質量にしたら、大した量じゃないと思うんですけどね。

まぁ、謎の高血糖ということで…。
sho
2008/11/25 09:58
食事の内容は洋食が主ですね。
先日のNHKの番組で肉食の歴史うんぬんというのがありましたね?
あれは私は一概に否定出来ないと思っています。
膵臓はインスリン意外の消化酵素も出しているからです。
お肉や動物性の脂肪(バターなど)は消化の為に消化液を沢山必要とするようです。
イコール膵臓に負担になると思うのです。
ダイレクトに血糖値に影響を与えるのは糖質と思いますが膵臓に負担を掛けないという意味で蛋白質や脂質の摂りかたにも工夫が必要かと思うのです。
どうでしょう?
内臓を疲れさせないという事は体全体に良い事ではと思うのです。
もちろんたまの外食はいいと思うのですが。
ナターシャ
2008/11/25 11:35
ナターシャさん、こんにちは。

外食の場合、どうしても洋食になってしまいますね(汗)。
中華や和食だと、食べるものがないんですよ。
ラーメンや牛丼は論外です…。
洋食が、血糖的には安全パイです。
でも、ファミレスも二日連続だと、飽きますね。
ラーメン食べた〜い(笑)。

≪すい臓はインスリン以外の消化酵素を出している≫
その通りですね。
逆に、インスリンは、すい臓のほんの一部であるランゲルハウス島という細胞から分泌されています。
インスリン分泌と、消化酵素の分泌は、別々の仕組です。

ナターシャさんのおっしゃるように、脂質やタンパク質の過剰摂取は、かえってすい臓を痛めるので、炭水化物を中心に(栄養比55〜60%)摂りなさいという指導法が、現在の糖尿病食事療法の主流(カロリー制限・脂質制限)です。
炭水化物は、二酸化炭素と水に分解されるクリーンなエネルギーなのだそうです。

≪続く≫







sho
2008/11/25 14:10
≪続き≫

しかし、脂質が体脂肪や内臓脂肪になるのではなく、余分な炭水化物が体脂肪や内臓脂肪に変換されます。

多くの患者が、このカロリーと脂質制限(結果的に高炭水化物)に視点を向けた指導に従い、病状を悪化させています。
私も、その一人でした。

やはり、糖尿病であると診断されれば、まずは炭水化物の制限やコントロールを優先せざるを得ないと思います。

「病気のコントロール」⇒「健康」という図でしょうか。

そこで私は、肉と魚は交互に。
植物性タンパク質もバランスよく摂る(豆腐が主食です)。

野菜を沢山。
野菜も主食です。

脂質は、トランス脂肪酸に気をつけ、オリーブ油、魚油など、良質のものを摂るように心がける。

腸内細菌叢(プロバイオテクス)を整えるため、発酵食品を一日一回以上摂る。

以上を心がけています。

この場合、内臓に関するケアといえば、腸内細菌叢がポイントでしょうか…。
sho
2008/11/25 14:11
こんにちは

私はカレーを食べると血糖値が上がります。
なのでシチューも似てるのかなと…。

あと、外食のカロリー表示って怪しくないでしょうか。
度々、謎の血糖値に悩まされてます。

私も昨日ラーメン食べて血糖値あげてますがね。。。

はに子
2008/11/25 15:42
はに子さん、こんにちは。

確かにそうですね。
カレーの場合よりは、量が少ないので、その分いくらかマシかなと…。

外食の場合、特に、安いハンバーグはつなぎが多く、糖質も相当量あるようです。
これには、何回もやられました(笑)。

やっぱり、糖質表示して欲しいですよね。

ラーメン…ですか…。

間違いなく上がります。

でも、町のラーメン屋さんではなく、カップ麺の方が糖質量が明記してありますので、管理しやすいですよね。

カップ麺は、健康上あまり感心しませんが、ごくたまに…なら良いでしょう(笑)。

sho
2008/11/25 16:40
こんばんは^^
僕も外食などで困るのは糖質量がないことですね;
ドレッシングはかなり怖い食べ物になりましたよ。。。
たかし
2008/11/25 22:52
たかしさん、おはようございます。

そうそう…ドレッシングが問題です。

いっそのこと、マイ・ドレッシング持ちこんだ方がいいかな?!
sho
2008/11/26 10:13
一時期流行ったマヨラーみたく
マヨネーズとかいいかもすね^^
たかし
2008/11/26 23:15
たかしさん、おはようございます。

そうそう、マヨネーズの方か携帯しやすいですよね!
sho
2008/11/27 10:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりに、夕食後2時間【200】超… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる