シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 食後2時間の血糖推移/夕食8〜10月

<<   作成日時 : 2008/11/20 16:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

夕食後2時間の血糖推移をまとめてみました。

昨年の今頃は、夕食後にウォーキングしていたのですが、現在では夕食後の運動は行っていません。

夕食時には、若干の飲酒があります。
また、主食は摂りません。

以前も飲酒はあったのですが、正直、飲酒を伴った夕食後、しかも、寒い時期のウォーキングは、決して楽ではありませんでした。

まずは、まとめです。

【8月】
画像


【9月】
画像


【10月】
画像


私の食後数値の目標は、2時間後【180未満】。
できれば、【140】以下となっています。

【180】超えの日はセルを赤に、【140】未満の日はセルをグリーンにしました。

これでいくと、【8月】と【9月】には、3回ずつ【180】超えがありました。

【180】超えの原因は、やはり糖質です。
通常、夕食時には糖質摂取に気を配っているのですが下記のように思い当たる節があります。

8/10・・・不明
8/16・・・春巻き2本、山芋千切り
8/17・・・おでんの練り物

9/9・・・ケンタッキーチキン@、コールスロー
9/22・・・おでんの練り物
9/30・・・てんぷらの衣

とりわけ、おでんには弱いです…。
大好物なので、ある程度目をつぶっています…。

また、2時間後平均値は、【8月】⇒【160】、【9月】⇒【150】、【10月】⇒【144】と、徐々に改善されています。

【10月】は、未計測の時を除き、1回も【180】超えはありませんでした。

さらに、【140未満】を達成した回数は、【8月】⇒2回、【9月】⇒7回、【10月】⇒7回と、コツを掴んできたようです…。

最近の飲酒量は、赤ワイン2〜3杯、焼酎ロック2〜3杯です。

多いですか?
それとも少ないですか(笑)?

休肝日は、月に一度あるかないか…です。

夕食は、楽しみです。

飲みながら、ゆっくり1時間。
家族と話しをしながらの食事には、幸せを感じます。

夕食後のウォーキングからも開放されました。

以前、かきこむ様に食べていた頃は、時間にしてたった10分。
楽しみも何もなく、ひたすらお腹が一杯になっただけでした。

この調子で、続けていこうと思います。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日と今日は、私も「おでん」でした。練り物を食べなかったので、昨夜は最大でも+27mg/dLで済みましたが、練り物は結構糖質ありますよね。

これからの時期は「おでん」最高ですけど、注意したいですね。
糖尿おじさん
2008/11/20 21:14
糖尿おじさんさん、おはようございます。

「おでん」…、この時期の定番中の定番ですよね!

昼間は、思い切って何でも食べて、食後に運動することにしていますが、夜に食べる場合は、大根や昆布、玉子やコンニャクなど、糖質に気を配っているつもりなのですが…。

ちくわぶやジャガイモも食べたい〜と…ついつい食べてしまいます(笑)。

要注意です…。
sho
2008/11/21 10:10
セルフコントロール順調ですね。

楽しい食事が血糖値管理には一番いいですね。

お酒、結構多いですね。
人のことは言えませんが。(笑)
休肝日、必要なんでしょうか。




2型カーボカウント
2008/11/22 05:56
2型カーボカウントさん、おはようございます。

最近は、チョッとしゃべり過ぎて墓穴を掘っているかも知れません(笑)。

酒量…多いですか…。

2型カーボカウントさんには、とても敵わないと思ってますよ(笑)!?

休肝日は必要なんでしょうけど…。
それよりも、「飲めない・飲んではいけない」状況(クルマの運転等)で、ルールを守れるかどうか…だと考えています。

あとは、γ-GTPと相談ですね。

sho
2008/11/22 06:27
ワインの糖分ってどうなんでしょう?
焼酎は血糖値上げないという認識ですが。
ボージョレヌーボーが発売されたりワイン飲みたくなる季節ですよね。
道産のワインも美味しいですよ
私は鶴沼ワインが好きなんですよね。
害にならない程度にお酒を飲んでリラックスするのはいいかと思います。
肝臓が元気ならですよね?
内臓はお互いに影響を受け何処かに負担が来ると他がカバーしなきゃいけなくなるようです。

ナターシャ
2008/11/22 20:34
ナターシャさん、こんばんは。

勿論、ワインには糖質があるのですが、赤ワインに関しては、ポリフェノールの影響で、思いの他血糖値が上がらないようです。

白はあぶないかも知れません。

今、私が飲んでいる赤ワインも2種類あって、甘口のものはやはり糖質が多く、血糖管理的には要注意ですので、糖質の少ない方を選んでいます。

赤ワインは、ブランド差がありますね。

赤ワインでは時たま失敗し、翌日に高血糖をたたき出すこともあります。

道産のワイン…美味しいでしょうね!
北海道は美味しい食べ物が一杯ですから、なお更ですね!

飲み過ぎないように…これも「セルフ・コントロール・ラリー」の一環だと心得て(たまに失敗します…)、これからも飲酒ライフを楽しみたいと思います。



sho
2008/11/22 21:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
食後2時間の血糖推移/夕食8〜10月 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる