シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 音楽と血糖値

<<   作成日時 : 2008/10/08 16:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

このところ、立て続けに音楽番組を見ました。

いずれも、70年代〜80年代のフォーク&ポップス、歌謡曲などを中心にしたものです。

音楽は、いつでも「あの頃の自分」に、引き戻してくれますね。

皆さんの、「青春の一曲」は何ですか?

先週の日曜日には、「カラダの気持ち」という健康番組で、音楽の効用を取り上げていましたが、とても興味深い番組でした。

通常、運動すると、脳の「運動野」というところが活性化します。
ところが、好きな音楽を聴きながら運動すると、その「運動野」が沈静化したままだというのです。

つまり、運動している事を意識せずに運動できる可能性があります。

よく、音楽を聴きながらウォーキングやジョキングをしている人がいますが、音楽に集中しているうちに、いつの間にか歩ききったり走りきったりしてしまうんでしょうね。

私は、ジョキングの時は、音楽は聴かずに運動に集中する事にしていますが、運動があまり好きでない方は、好きな音楽を聴きながら運動すれば、運動しているという意識無しで運動ができると思います。

私は、クルマの運転をしながら、よく音楽を聴きますが、その際の心拍数が思いの他、低い事があります。

運転に集中できているし、音楽にも感性が響いているような感じで、あっという間に目的地についてしまう感覚です。

これは、副交感神経が活発化しているのだと思うのですが、一つ疑問が湧きます。

クルマの運転は、レーサーでもない限り、リラックスして集中する必要がありますので、「沈静化」方向の副交感神経経路で構わないと思うのですが、「活性化」の必要がある運動の場合、どうなっているのでしょう?

戦闘系の交感神経と、沈静系の副交感神経が拮抗しているのでしょうか?

「運動野」が沈静化したままという状態は、きっと、軽めの有酸素運動の場合なのだということは、想像がつきます。
もっとハードな運動では、事前に聴くことはあっても、音楽を聴きながらウェイトトレーニングなどは、とてもできません。

番組では、音楽の種類によって、「運動野」の活性がどうなるかについては触れられていませんでした。

例えば、もう少しハードで、自分を鼓舞しなければならないような、例えばランニング等の運動は、「ロッキーのテーマ」のような鼓舞系の音楽を聴きながら行った場合、「運動野」はどうなるのか、興味深いところです。

あらためて、人は感情的な側面が強いのだなと、思いました。

副交感神経の働きは、血圧や心拍を下げるのですが、血糖値はどうなのでしょう…?

関係ない…とも言い切れない気もしますが…残念ながら、血糖値を下げる働きがあるのは、インスリンだけです。

ストレスがかかれば、交感神経系が活発化し、血圧や心拍も上がります。
その結果、アドレナリン等の抗インスリンホルモンが働き、血糖値も上がります。

血糖値を上げるホルモンは、沢山あるんですよね。

よく、強度の高い運動は「糖尿病を悪化させる」と表現されることがありますが、それはどうなのでしょうか。
抗インスリンホルモンが、血糖値を上げている時間は限られています。

私の場合には、通常のレジスタンストレーニングよりも、多くの成長ホルモンが出るといわれる「加圧トレーニング」でも、血糖値は下がります。

ホルモンの働きは、本当に奥が深いですね。

さて、音楽の話でした…。

音楽が直接的に血糖値を下げることはないにしても、感情の動物である人間にとって、今も昔も、必須のものであることに変わりはありませんね。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!

運動嫌いの私ですが
音楽は大好きです♪
好きな曲を聴きながらなら
どこまでも歩ける気がしますよ。

でも心拍数が上がらないって事は
運動効果も薄れてしまうってことですか?
miwa
2008/10/13 20:46
miwaさん、こんばんは。

大丈夫ですよ!心拍数は運動に応じて、しっかり上昇します。

脳の運動野が沈静化し、運動している事を忘れてしまう…ということのようです。

大好きな音楽を、上手く活用できれば良いですね!
sho
2008/10/13 22:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
音楽と血糖値 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる