シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS ああキビシイ…ランニング

<<   作成日時 : 2008/10/27 09:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日は、「手賀沼マラソン」のボランティアスタッフを行ってきました。
全国から、8,000人近いランナーが集う、大イベントです。
コースは陸連公認で、ハーフマラソンとしては、全国でも有数の大会なのです。

画像


私の役割は、スタッフの弁当配り。
用意されたレンタカーを使い、コース上の拠点ごとにお茶と弁当を配達します。

配達は3コース。
私は、中間地点を中心に、スタート地点から、最も離れたところを担当しました。

写真は、私が待機していた場所から撮影したものですが、拡大すると中間地点の「関門」の時計が確認できます。
ここで11時30分を過ぎるとコースが閉鎖され、間に合わなかった選手は、ゼッケンを返却し、回収車両の貸切バスでスタート地点に戻ることになります。

今回の大会から、「関門」が2ヶ所に増えました。

私とコンビを組んだ方は、スキーのインストラクターの方で、3年前にもコンビを組んだ方でした。

彼は、一昨年と昨年、この大会にランナーとして参加し、1時間30分台で完走を果たしています。
1時間30分台の記録といえば、素晴らしい記録です。

その彼から、いろいろと、ランニングに関して大変興味深いお話を聞く事ができました。

それだけの記録をだすだけあり、かなりのトレーニングを積んでいました。

その彼の話から、レースを目標にしたランニングには、様々な問題がるということが分かったのです。

予想した通り、「除脈」がある…ということです。
健康診断では、この「除脈」が問題となり、健康状態はいつでも「B」だと仰っていました。

「除脈」は、「頻脈」の逆で、安静時心拍数が低い場合のことです。

50以下だということです。

ちなみに、頻脈ぎみの私は、68〜72ぐらいです。

彼の場合の「除脈」は、マラソン等の長距離の選手に多いいわゆる「スポーツ心臓」ではないかと思います。
おそらく、病的な問題はないのだろうと思いますが、健康診断では、異常値になってしまうのでしょう。

ジョキングと競技ランニングは、全く別物です。

ランニングの問題点は、他にもあります。

赤血球の低下。

ランニングの衝撃で、赤血球が壊れてしまうのだそうです!
そのため、貧血ぎみになってしまう。
そこで、日ごろから鉄分などと摂取を心がけているということでした。

また、レースの後は、内臓にダメージがあり、食べ物を受け付けなかったり、下痢をしたりするそうです。

「レースの後でビールで乾杯している人がいますが、私は考えられませんね(笑)」と仰っていました。

やはり、それはレースに何を求めるかで違ってくるのでしょうね…。
勿論、楽しんで走っている方も、大勢います。

彼によると、上位グループの選手は、月に300q〜500q走り込んでいるそうです!!

ところで、昼食のお弁当、完食しました。

朝の6時半から動いていましたので、「腹減ったぁ〜」。

食事から4時間半の測定、【203】!!
さすがです!!

夜は、ソフトバレーの練習がありましたので、高血糖はとりあえずそのまま放置。

練習を終え、「大京」で仲間と一杯やって帰宅後、【155】。
まあまあですかね。

今朝は【125】と、低めでした。

いよいよ、29日の大潮に向けて、下がり始めたかぁ?!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほどぉ〜・・・

ランニングは一石二鳥?みたいな思いがあり、「マラソン」にも手を出そうかと、シューズや距離を積算できるグッズなど気になりちらちらと調べたりしてしまってますが、レース目的だとちょっとハードル高そうですね・・・。

かといって「やるからには競技志向派で」な僕としては禁断の果実として手を出さないほうが良いかも・・・です。
チョイマルオヤジ
2008/10/28 00:10
小学校のマラソン大会。。。
ビリが確実で仮病して休みました。
苦い思い出です。。。
miwa
2008/10/28 00:47
チョイマルオヤジさん、おはようございます。

競技指向になれば、それは健康維持とは全く別物になりますよね…。

上手く折り合いをつけることは可能だと思いますが、お互い、やり始めると入ってしまうタイプ…。

私も、マラソンは禁断の果実と考えていますよ(笑)。
sho
2008/10/28 09:57
miwaさん、おはようございます。

それは、トラウマになってますか…。

競争することも必要だと思いますが、運動の楽しさをいかに伝え、教育するか…。
難しいことですね。

i-podを聞きながら颯爽と走る女性…、カッコイイと思いますよ!

手賀マラにも、沢山の女性ランナーが、それこそカッコよく、走っていました。




sho
2008/10/28 10:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
ああキビシイ…ランニング シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる