シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 改善の図式は階段状

<<   作成日時 : 2008/10/18 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

変化というものは、往々にして、或る日突然訪れます。

このところの早朝空腹時血糖が、常時低めにでているのです。
これは、勿論、計測以来、初めてのこと。

10月の第1週の平均値は【141】と、いつも通りの数値。
ところが、第2週の平均値は、【129】と、初めて130を切りました。

10/15〜10/18まで、【126】【118】【122】【114】と、極めて順調です。

また、昨日は、夕方ジョキングしたのですが、運動前【143】で、運動後には【88】となり、これも、最低記録です。

私の場合は、100を切ると手の振るえ等、低血糖の症状がでますが、さすがに【88】では、測る前から100以下であることが分かるほどでした…。

そこから、更に下がるとは思えませんでしたが、「オールレーズン」を1枚(糖質5.7g)食べました。

何かが、変わり始めたのでしょうか…。

画像


これは、バレーボールの進歩の様子を図にしたものなのですが、「練習」を「努力」と置き換えれば、改善の図式も、このように階段状になるのではないかと思います。

エクササイズやトレーニング、スポーツも、これと同じです。

「努力」の期間は踊り場ですので、ここで諦めてしまえば、次なる改善に進むことができません。
それどころか、下降線は直線状になります。

このことも、エクササイズやトレーニング、スポーツ全般にいえることです。

「糖質制限」を始めると、直ちに効果の出る方もいますが、私の場合は、まずは夕食時に主食を抜き、次に夕食と朝食、そして3食主食抜きと、段階的に行ってきました。

現在では、糖質は意図的に摂るようにしています。
まだ、常時主食が摂れるところまではいたっていませんが、糖質制限というよりも、むしろ糖質管理という感覚です。

朝、早朝作業に行く前には、200mlの豆乳と、バナナを半分食べていきます。
糖質量は、12〜15gほどです。
また、作業中には、少量のビスケットを食べることもあります。

帰宅後(9:00〜9:30)の血糖値は、【120】前後と安定していて、問題はありません。

その後の定番朝食後も、3時間後値【130】〜【140】と、これもまた安定しています。
インスリンの出や、効きがよくなっているようにも感じます…。
やはり、食前が低いと、安心ですね。

昼食は、主食以外の糖質をある程度許容していますので、ジョキングなしの場合、上がることがありますが、その後は徐々に落ち、夕食前には140前後になることが多いのです。

夕食後は、概ね、160以上になることはなく、通常は130〜140台です。

午後からは、順調にインスリンも分泌されるようです(…といっても、私なりにですが)。

一つの踊り場を脱し、改善の成果を得ることは、やはり嬉しいですね。
素直に喜びたいと思います。

そしてまた、次のステージに上がるべく、日々改善を重ねていきたいと思います。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
改善の図式は階段状 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる