シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 暑さに慣れる…

<<   作成日時 : 2008/09/03 15:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日も、厳しい残暑です。
しかし、私がジョキングするのは、暑いさかりの午後12時30分から1時の間…。

昼食後の血糖管理が第一義の目的ですから、この時間帯になる事は、仕方がありません。

この夏を乗り切れるだろうか…と、当初心配しましたが、30度そこそこの気温であれば、問題ありません。
これくらいの気温であれば、木陰は涼しくさえ感じますし、風は心地よく感じます。

正確には、問題ないように…なった!のだと思います。
そのことは、後程。

そこで、暑さが運動に与える影響を、研究してみました。

まず、体感的なことです。

気温が高い時は、走っていて、確かに、きびしいです…。
また、湿度の高い時、風のない時も、タイムは遅くなります。

私が行っているジョキングは、≪根性で頑張る≫ジョキングではなく、≪心拍を管理≫するジョキングですので、条件の悪さは、モロにタイムに出ます。

ある意味、分り易いのです。

気温が高い時、何が違うかといいえば、やはり、発汗と体温だと思います。
計ったことはありませんが、きっと、体温も上昇していると思います。

発汗と高体温は、下記の四つの変化をもたらします。

1.筋代謝の変化
2.血中カテコールアミン濃度の変化
3.循環血液量の減少
4.中枢疲労

【文献】


その結果、運動のパフォーマンスが低下するのです。

詳しい内容については、私もまだまだ勉強不足です。

さて、それでは、パフォーマンスを落とさないためにはどうしたらいいのでしょうか?

以下の七つです。

1.順化
2.水分補給
3.体冷却
4.運動時間帯
5.服装
6.ウォーミングアップ
7.食事

1.順化…これです!これ!
このテーマは、本来、残暑のころではなく、猛暑のころに書くべきだったのですが、今、やっと「順化」できたように思います。
だから、このテーマ、今なのです。
今日のタイム、29分22秒。
昨日は28分43秒。
この暑さでも、30分を切っています。

つまり、暑い時間帯のジョキングが、それ程問題でなくなったのは、この≪順化≫が大きかったのだと思います。
人間、なんでも慣れるのです…。

だから、継続はチカラなのです。

2.水分補給には、sho'sスペシャルドリンクで対応しました。
http://rise-up.at.webry.info/200807/article_11.html

3.体冷却は、特に対策なし。

4.運動時間帯…これは…縛りです。

5.服装
断然、≪白≫です!
乾きの早い、化学線維である事はもちろんですが、黒っぽいものはNGです。

6.ウォーミングアップ
あまり、やり過ぎないことです。
私の場合は、200mほどのウォーキングです。

7.食事
栄養バランスと、ビタミン、ミネラルをしっかり摂ることが必要ですよね。

さて、とりあえず、暑さには慣れました…。

しかし、日本には四季があります…。

今から、寒さを心配しても…仕方ありませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!shoさん。

服装、僕も驚きました。
テニスの時、最近よくある吸汗速乾素材とか記載されてる化学繊維のウェアを購入して驚きました!
まさかウェアでこれほど快適にプレーできるようになるとは!って。以来、テニス用にコットンのものは着なくなりました。

僕も自分なりの順化を探求したいと思います。
チョイマルオヤジ
2008/09/03 16:10
チョイマルオヤジさん、こんにちは。

最近、普段着にも綿Tシャツを着なくなってしまいました…。

スピード社の水着のみならず、スポーツウェアの進歩は、目覚しいものがありますよね。

アシックスのインナーも、お薦めですよ。
肩甲骨を広げて、肩の可動範囲を拡大すると言う、うたい文句です。

私は、五十肩になって以来、愛用しています。

sho
2008/09/03 17:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
暑さに慣れる… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる