シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 体脂肪を考える

<<   作成日時 : 2008/09/17 13:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

正しいダイエットの目標は、体脂肪を減らすことです。
ダイエットは、我々にとって、血糖値を安定させる一つの手段でもあります。

私も、体重よりも体脂肪を減らすという目標を持っています。

体脂肪とは別に、内臓脂肪というものがあります。

一見、痩せて見えるのに、測ってみると思いの他、内蔵脂肪が多い方をかくれ肥満と呼んでいます。

体脂肪の計測方法は、いろいろとあるのですが、最近は手軽な計測機器(体組成計)が出回り、便利になりましたね。

これは、生体インピーダンス法といい、電気抵抗を用いた測定法です。

長所は、なんといっても手軽に測れることですが、測定値の変動が大きく、筋量の多い人は高めに、脂肪量の多い人は低めに出るという短所があります。

血糖自己測定器と同じで、あくまでも目安という事でしょうか。

ちなみに、私は15日の測定で、内臓脂肪率「5」を記録しました。
しかし、残念ながら、これも一日天下に終わりました。

現在は「6」です。

5月に一度、「5」を記録していますが、それも一日天下。

その当時の体脂肪率が、13〜14%台。
現在の体脂肪、ほぼ12%台で定着(たまに11%台を計測)していますので、私にとっては、体脂肪は順調に落としてきましたが、内臓脂肪はなかなか減らすことができないようです。

内臓脂肪とインスリン抵抗性は、関係がありそうなのですが、この辺りは、よく分かっていないようです。

インスリン抵抗性に関しては、体重よりも運動の大小に依存するという研究もあります。
運動量が豊富であれば、抵抗性が改善され、結果的に体重が減るとうい順序のようです。

一般的には、内臓脂肪はエネルギーに変わりやすいのです。
つまり、減らしやすいということになります。

内臓周辺は、血液の流れや新陳代謝も盛んですので、摂取カロリーが適正で、効果的な運動を行えば、内臓脂肪は「遊離脂肪酸」となって、血中に流れ出し、やがて燃えてしまうといわれています。

体脂肪の1%よりも、私にとっては、内臓脂肪の1%に重みがあります…。
「7」から「6」へは、順調に落ちたのですが…。
あらゆる数値というものは、ある一定以下になると、そこから先の改善が大変ですね。

勿論、体脂肪であれ内臓脂肪であれ、ゼロになることが最良というわけではありません。
内臓脂肪は臓器を固定する役割を担っていますし、体脂肪率も3%くらいが下限のようです。

年々、寒さに弱くなってくると感じていますが、年齢だけでなく、体脂肪率との関係があるのかも知れませんね。

さて、それでは、内臓脂肪を効果的に燃焼させるにはどうしたらいいのでしょうか。

ズバリ!適正心拍を維持した、有酸素運動です。

適正心拍…というところがミソなのです。

適正心拍まで、心拍が上がらなければ、効果が半減しますし、上がりすぎても、効果が半減します。

私は、歩数計よりも、心拍計をお薦めしています。
ご近所のスポーツショップで、1万円程度で購入する事ができます。



歩数計は、日常生活でどの位歩いているのかを記録する目的であれば有効なのですが、脂肪燃焼を目的とした有酸素運動では、歩数という数値を管理するよりも、心拍数と、その運動の時間を管理した方が有効だと考えています。

1万歩歩く事よりも、適正心拍を維持して30分以上歩くことが、脂肪燃焼にとって有効なのです。

勿論、両方計測できれば、それに越したことはありませんが。

適正心拍には、各自違いがあります。

当ブログでも、心拍について、度々触れていますが、次回には、適正心拍について、まとめてみたいと思います。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
体脂肪率計をうまく使いこなしましょう。
家電量販店や健康器具のお店などに行きますと、体脂肪率計が販売されていますが、この体脂肪率計はどのような測定方法で計測されているかご存知でしょうか?現在の家庭で使える体脂肪率計は、生体インピーダンス法と言う測定方法で測定されているのです。 ...続きを見る
健康維持することは、自分を知ることから
2008/10/19 10:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
訂正です。

本文中≪さて、それでは、内臓脂肪を効果的に燃焼させるにはどうしたらいいのでしょうか≫とありますが、≪内臓脂肪を含む、体脂肪を燃焼…≫と訂正いたします。
sho
2008/09/17 23:00
チョイマル卒業してチョイワルになるためには、やはり目標8%台、有酸素運動なくして達成はありえません。テニスだけでは最近、体脂肪率が上昇傾向ですので、やはり走るしかないかなぁって思ってます♪
チョイマルオヤジ
2008/09/19 01:18
チョイマルオヤジさん、おはようございます。

有酸素運動の継続と、基礎代謝の向上。
これが、ゴールデン・スタンダードでしょうね。

私も、このところ1週間、ジョキングをやっていませんでしたが、体脂肪率は13%台前半を計測する事があります。

努力を怠れば、即、結果に表れてしまいますね。

体脂肪一桁はきびしい道ですが、お互い頑張りましょう!
sho
2008/09/19 10:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
体脂肪を考える シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる