シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS カラダの仕掛けたトラップ

<<   作成日時 : 2008/04/16 15:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

一昨日の、終日の高血糖はなんだったのでしょうか?
カラダの仕掛けたトラップだったのかも知れません。

危なく、そのトラップにはまるところでした。

昨日の朝、薬を飲もうかどうしようか、正直、迷いました。

しかし、10年掛けてここまできたのだから、焦る事はないと思いとどまりました。

さらに、皆さんに励まされ、百万の援軍を得たような気持ちです。
本当に、ありがとうございます。

昨日の朝、162。
朝食後2時間、30分ウォーキングして181。

しかし、一昨日と違い、昼食前には132までおちていました。
これは、薬を飲んでいる時と変わらない値です。

少なくとも、この1週間は、昼食も主食を抜いて糖質制限を強めるつもりでしたので、昨日の昼食時には、主食を摂りませんでした。

その後、30分ジョキングして136。
順調です。

夕食前で146。
30分ウォーキングの後、入浴、夕食後2時間で152となっています。

昨日は、200を越えることはなかったようです。

今日の朝は、132。
ウォーキング30分、朝食後2時間が167。

昼食前132。
30分ジョキング、昼食後2時間で143と、信じられないくらい順調です。

当分、糖質制限を強め、しっかり運動すれば、薬無しでもコントロールできそうな感じです。

運動も、最近は少なくなっていました。
多い時には、週に40qも歩いていたのに、この所、せいぜい10qでした…。

カラダは、様々なトラップを仕掛けてきます。

「慣れ」「依存」「一時的症状」…。

それは、身体的な反応の場合もあるし、精神的、感情的反応の場合もあります。

例えば、最も分り易いのは、「たばこ」ではないでしょうか…。

「たばこ」を止めようと思えば、カラダとココロの仕掛ける様々なトラップを潜り抜けなければなりません。

25年前に、私も、「たばこ」のトラップを、潜り抜けてきました。

SU剤というのも、長く服用すれば、二次無効だけでなく、すい臓の依存性といとうトラップに絡めとられるのかも知れません。

薬からの離脱は、自らのカラダとココロとの闘いのようにも思います。

冷静に対糖尿病戦略を見直せば、「やるべき事」は、薬があろうが無かろうが、変わらないのです。

もう一度、基本に立ち返って、「食事と運動」を徹底し、「セルフコントロール」を掌中に取り戻そうと思います。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
のほほぉ〜と行きましょう!
あまり深刻に考えすぎるとストレスが血糖値を不安定にします。
大丈夫です。適当にやっても血糖値は下がります。(ブロクを続けるかぎり)
200mg/dLを越えてもそんなに心配はいらないと思いますよ。
お互い糖尿病を楽しむ生活をしましょうね。
モンチ
2008/04/16 18:35
膵臓が有休取ってたんでしょうかね?
何にしても、1日で平常に復帰して良かったですね。
sakeoni1616
2008/04/16 23:14
モンチさん、おはようございます。

≪ブログを続ける限り大丈夫≫ですか…。
きっと、そうですね。
ありがとうございます。

≪糖尿病を楽しむ生活≫…。
それは、気付きの毎日ですね。

お互いに、のほほ〜んと、頑張りましょう!
sho
2008/04/17 07:50
sakeoniさん、おはようございます。

≪有休≫…だったようです。

今日も、いつも通りでいけそうです。

でも、いたるところにトラップはありそうですよ。

嵌らないよう、気をつけましょう…。
sho
2008/04/17 07:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
カラダの仕掛けたトラップ シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる