シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 食べるという事/農の側からA

<<   作成日時 : 2008/02/12 14:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて、前回に引き続きます。

農業のどこに、非効率があり、何が問題なのか…。

それは、【ストックとフロー】についての考え方にあります。

農業の世界では、【ストック】という考え方が主流です。

【ストック】は伝統的な考え方であり、【フロー】は現代的な考え方だと思います。

例えば、【ストック】的な考え方では、農地は資産。
農機具も所有になります。
「持っていること」が重要なのです。
「持っているもの」が大切なのです。

農地は、いつか誰かが買ってくれないだろうか…。
耕作するよりも、その方が大きなお金になることは確かです。
また、後継者は自らの子や孫でなければなりません。
何故なら、農地を資産と考えるからです。
また、農機具も、いつでも使いたい時に自由に使いたいという動機で、個人購入するのです。

このような状況の中では、なかなかコストダウンできません。
また、経営もますます悪化してしまいます。

一方、【フロー】的な考え方の元では、農地は耕作するところ。
作物を作ってナンボ。
休耕していては、何も生じません。
農機具だって、共同で購入し、効率を上げていけると考えます。

「持って」いなくても、「使う」事が大事なのです。
だから、借地でも何でも、広げていく事ができます。

法人化して、資本(農地や農機具)と経営(担い手)の役割を分担する事もできるのです。
自分が高齢化し、作業が辛くなった時には、資本家として、担い手である社員や社長に経営を任せれば良いのです。

それが他人であったとしても、問題ないと思います。

これが、なかなかできません。

農業の世界でも、「格差」が生じています。
そして、多くの農家が淘汰されようとしているのです。

このままでは、45%の自給率など、絵に描いた餅です。

皆さん、農地とは何だと思われますか?

ここに、本当は紹介したくない?!本があります。


常日頃、疑問に思っていたことや、薄々そうではないかと考えていた事が、まさしくその通りだと書かれており、それは、私の農業へのモチベーションを奪い取ってしまうほど、衝撃的でした。

現実を見たくない方は、読まないほうが良いと思います。

【食べるという事/農の側からB】に続く。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 この記事の続き、首を長くして待ってます。よろしくお願いします。
 それから、農業高校や専門学校での若い人の育成とかの政策はなされているのでしょうか。それも知りたいです。
まや
2008/03/17 07:17
まやさん、おはようございます。

≪待っていて≫いただけるとは…、ありがたい事です。
引き続き、「農側」から見た「食」事情、近々に書くつもりです。

「中国製農薬入り餃子」の一件以来、日本の農業に吹き付ける風が、明らかに変わってきたことを実感しています。

実は、農業高校や、大学の農学部の学生さんを対象にした公的な「セミナー&シンポジュウム」を企画しており、現在、茨城県商工労働部に働きかけているところです。
私個人と、農業支援の旗を立てている数名の「行政書士」さんと協同を組んでの企てです。

若者が農業に夢を持て、それが魅力ある産業でなければ、就農は期待できませんからね。

つくば大との連携も視野に入れ、ただ今「レジュメ」制作中です。
こちらも、良い報告ができるように頑張ります。
sho
2008/03/17 07:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
食べるという事/農の側からA シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる