シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 食べるという事/農の側から@

<<   作成日時 : 2008/02/05 15:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「毒入り餃子」事件は、原因の究明がいまだになされず、混迷中といったところですが、私の中でも、この「食」の問題が、どうしても気がかりでなりません。

私たちの「自己管理」にとっても、「食」は最重要課題です。

そこで、ここであらためて「食」を考えてみようと思います。

日本の自給率の問題。
食の安全。
国の食料戦略…と、気になることは沢山あるのですが、新聞各社でも、このことは論陣を張っていますので、とりあえずは、そちらに譲りたいと思います。

ここでは、あまり知られることのない、「農の側」からの景色について、お伝えします。
私の本職は農業関連ですので、これはインサイダー情報です?!

政府は、2015年に、自給率を45%まで上げるという目標を掲げています。

それが絵空事に思えてなりません。

何故ならば、今、離農する農家が後を絶たないからです。
後継者もいません。

耕作していない農地は、ものすごい勢いで拡大しています。

高齢化も無関係ではありませんが、そこには、もっと切実な問題があるのです。

そもそも、産業として、仕事として成り立たないのです。

農家への直接的所得保障を行おうという「政党」もありますが、それは単なる「時間稼ぎ」でしかありません。

産業や仕事として成り立たないものを、誰が引き継いでいくのでしょうか。

そこで、一体、農業でどれ位の所得が見込めるのか、シュミレーションしてみます。

お米を作る農家、野菜を作る農家、果実を作る農家、ハウス等の施設で作る農家と、それぞれ条件が違うのですが、分かりやすく、お米を作る農家で考えてみます。

日本のお米農家の平均的な耕作面積は、1町と少しなのですが、これも単純に1町歩とします。

1町歩…どれ位の広さだと思いますか?

1町歩=1ha(ヘクタール)

ピントきませんよね(笑)。

それは、3000坪!です。

すごく広いと思います。
仮に、そこにショッピングセンターを建設したならば、見事な大型店になります。

大店法については、詳しくありませんので、3000坪の店舗面積が「大型店」なのかどうか、これが間違っていれば、ご指摘いただきたいと思います。

さて、この1町歩の水田を耕作したとします。

ご承知のように、日本ではお米は、年に1作となります。
関東を例に取れば、5月の連休あたりに田植えをし、お盆前後に収穫します。

兼業農家は、5月のゴールデンウィークとお盆休みを、フルに活用するのです。
そのための休日なのかも知れませんね…。

この1町歩の水田から、どれ位の収穫があるのでしょうか…。

これも、平均的な数字ですが、1反歩あたり約10表となります。
1俵は約60kgです。
1町は1反の10倍ですから、100俵(600kg)となります。

スーパー等の小売店では、10kgあたり4,000円から5,000円くらいで売られていると思いますが、それには小売店の利益が含まれています。

さらに、卸売りや農協の手数料を差し引くと、農家の手取額は1俵で12,000〜13,000くらいとなります。
1kgあたり200円(10kgで2,000円)チョッとです。

つまり、1町歩の水田を、1年がかりで耕作し、収穫して、600kg/120万〜130万円という事です。

2町、3町やって、はじめて、いわゆる「年収300万円」です。

父ちゃん母ちゃんだけで、週休2〜3日で、これができるのなら、悪くないとも思うのですが、そうはいきません。

1町歩の水田を耕作するのには、どうしても機械が必要です。
とても、手植え、手刈でこの面積をこなす事はできません。

この機械が、安くないのです!
最低でもトラクターと田植え機、刈り取り機械であるコンバインが必要になります。

トラクターといっても、大型のものであれば、軽く1,000万円を超えるのです。
コンバインも同じです。
田植え機でも、国産小型車と同じ位の価格です。

数百万円の所得をうるために、数千万円の投資。
これほど、資本回転率の悪い産業もないでしょう…。

それをすべて借金で購入しているとすれば、減価償却のキャッシュフローさえ返済に回ってしまい、手元残らないどころか、マイナスになってしまいます。

また、昨今は燃料代の高騰等、生産経費は益々上がり、収益が圧迫されています。

経営として成り立たない農家が、あまりも多いのが現実なのです。

何故、そうも効率が悪いのか…。
何故、成り立たないのか…。

それは、「農の側」にも要因があります。

≪なお、デフォルメして書いていますので、正確でないところはご容赦下さい。≫

【食べるという事/農の側からAに続く】


















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
食べるという事/農の側から@ シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる